春季オープン戦 vs名城大学


2018年 4/28(土)に行われた春季オープン戦金沢大学vs名城大学の試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q
名城大学のkickで試合開始。金沢大学G前約20ydより1st down。初っぱなにWR#18加賀爪にショートパスを決めるもその後の攻撃が芳しくなくパントを選択。相手のリターナーの頭上を越えたビッグパント!!…に見えましたが、その後リターナーにボールを確保されそのままタッチダウン。TFPも成功し金沢0-名城7。名城のkickで試合再開。金沢フレッシュできずにパント。名城G前20ydより1st down。DL#99橘やDB#18加賀爪のナイスタックル、ディフェンス陣の早い集まりでショートゲインに留めるも、フレッシュを獲得され続け第1Q終了。

2Q
第1Qでの名城の勢いを止めることができず、金沢第2Q開始直後タッチダウンされてしまいます。TFPも成功し金沢0-名城14。再び名城のkickで試合再開。QB#8渡邊が大きくゲインしフレッシュを獲得するも、名城の固いディフェンスに阻まれパントを選択。続く名城の攻撃。ロングパスでタッチダウンを狙うもDB#21松本のナイスカバーによりそれを阻止。流れを掴んだか金沢、このシリーズをFGの3点で押さえ金沢0-名城17。再三名城のkickで試合再開。特筆すべきこともなく金沢オフェンス終了。続く名城の攻撃。60ydのタッチダウンパスが決まりTFPも成功、金沢0-名城24。その後一進一退の攻防が続き第2Q終了。

3Q
金沢のkickで第3Qが開始するも名城のkickoffリターンタッチダウン。TFPも成功し金沢0-名城31。名城のkickで再開。3 and outで名城に攻撃が移る。フレッシュを獲得されるも、#57森田のQBサックが光る。しかしペースは依然名城のまま。その勢いを止めることはできずそのままタッチダウン。TFPも成功、金沢0-名城38。その後間もなく名城が再びタッチダウン。金沢0-名城45。ここで第3Q終了。

4Q
第4Q開始直後、WR#21松本へのパス成功。その後QB#8渡邊のランでフレッシュを獲得。流れに乗りTE#99橘がナイスキャッチで再びフレッシュ。QB#8渡邊がランでロングゲインしゴールに迫る。しかしあと一歩タッチダウンには届かず名城の攻撃。フレッシュを再三獲得されロングパスが通りタッチダウン。TFP成功で金沢0-名城52。名城kickで試合再開。金沢粘りのオフェンスで確実に敵陣へ迫るも、ここで試合終了。

今回の試合では力の差が浮き彫りとなりました。冬の間でフィジカルの強化や各々のポジションのファンダメンタルを向上させてきたつもりでしたが、まだまだ足りないということが判明しました。今回の試合で見つかった課題を一つ一つ解決し、今後のvs神戸、大阪府立、関西学院に活かしていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

OL/DL#64 船山