北陸ボウル vs大阪府立大学


2018年6/3(日)に行われた北陸ボウル、金沢大学vs大阪府立大学の試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

第1Q
相手の鋭いキックカバーによって自陣からの攻撃となりますが、直後のオフェンスでQB#8渡邉の80ydに及ぶナイスランにより、一気に敵陣まで持ち込みました。そのままフレッシュを更新し、QB#8渡邉からWR#11古野へのパスが通り、今シーズン初となる得点を勝ち取りました。PATも成功し金沢大学7-大府0。その後、大府のオフェンスにより押し込まれていましたが、2nd downインチでDL#88芳賀のナイスタックルにより4ydのロス、その後のディフェンスも止まり、金沢の攻撃となりました。オフェンスはドライブがよく敵陣まで持っていきましたが、大府のQBサックでファンブルし、攻守交代。

第2Q
大府の猛攻により金沢はランを止めることができず自陣まで押し込まれました。しかし、ここでLB#59中川とLB#56黒川のナイスタックルによりプレーが止まり、大府はフィールドゴールを選択。ここはしっかりと決められ金沢7-大府3。その後、金沢のオフェンスとなりましたがあまりゲインがなくパントを選択。しかし大府のファンブルをDB#11古野がカバーし、再度、金沢のオフェンスとなります。

第3Q
金沢のキックにより試合再開でしたが、大府の1プレー目にファンブルしたボールをLB#56黒川がカバーし、金沢のオフェンスとなります。ここからは金沢が勢いをつけ、TE#99橘のナイスキャッチなどにより次々とフレッシュを更新し、RB#2堀へのパスが通りタッチダウン!と思いきや、金沢大の反則により罰退、タッチダウンとなりませんでした。

第4Q
金沢は第3Qに続き、グイグイと敵陣まで押し込み、タッチダウンを決めました。しかし、その後のPATを外し金沢13-大府3。ディフェンスでは、LB#31金井のナイスタックルにより敵のゲインを許しません。DL#99橘やDL#63手塚などのロスタックルもあり、持ちこたえたままここで試合終了。

13-3で金沢が勝利を収めました。

僕はこの春からOLを始めて、初めての得点でとても嬉しかったのが印象的でした!これからも国立大戦や、関学戦を控えているので、春に色々経験を積み基礎をしっかり固めて秋に生かしていけたらいいなと思いました!

次戦は6/10日(日)vs福井大学@文京キャンパスグラウンド14:00Kick offです!お近くにお住まいの方は是非ご観戦ください!これからも応援よろしくお願いします。 

LB#59 中川