JV戦 vs関西学院大学


2018年6月23日(土)に行われた関西学院大学JVとの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q
金沢大学のkickにより試合開始。タッチバックとなり関西学院大学G前75yd地点より1st down。DB#18 加賀爪のナイスタックルがありましたが関学オフェンスに成す術なくTD、PATも成功し金沢0-関学7。関学のkickにより試合再開、金沢G前77ydから攻撃開始するもあっけなく3&out。P#37 相崎のパントがブロックされ、関学G前24ydから1st down。いきなりTDパスを決められ金沢0-関学14。その後R#11 古野がまさかのファンブル。またもや関学のオフェンス、1プレーでTD。金沢0-関学21。金沢G前72yd地点から攻撃開始するもまたもや3&out。フレッシュマンP#1 中山のパントにより攻守交代。関学にフレッシュを1度更新されるも金沢意地のディフェンスにより関学にこの試合始めてパントを蹴らせます。金沢の攻撃、1度フレッシュ更新するもQB #6 金和のオプションミスによりボールを奪われそのままTD。金沢0-関学28。

2Q

金沢のオフェンスにより試合再開、関学ディフェンスに阻まれパント。関学G前50yd地点からの攻撃、勢いとまらずTD。金沢0-関学35。金沢G前88yd地点から攻撃開始。QB #6 金和からTE#99橘へのパスやRB#2 堀のランでフレッシュ更新。しかし後が続かずパント。P#1中山のナイスパント、#18 加賀爪 #11古野のナイスタックルにより関学G前78yd地点より攻撃開始。金沢ディフェンスの集まりがよく関学パントを選択、金沢G前75yd地点から攻撃開始するもプレーを出す事が出来ずにパント。関学G前75yd地点から攻撃開始、次々とパスを決められTD。金沢0-関学42。ここで前半終了。

3Q

関学のkickにより試合再開、金沢G前78yd地点から攻撃開始するも3&out。関学G前32yd地点からの攻撃。絶好のインターセプトのチャンスボールをLB#51 井川がナイスカット。そのままジリジリ攻め込まれTD。金沢0-関学49。金沢G前82ydからの攻撃。QB#8 渡邉からWR#11 古野へのパスが成功し大幅ゲイン。4年生ホットラインのナイスプレーに金沢サイドライン湧きます。あの手この手を尽くしますが関学Dを攻略できずパント、関学G前60yd地点からの攻撃。金沢のナイスパスラッシュによりQBにパスを投げさせません。関学反則もあり攻めあぐねてパントを選択、金沢G前73ydからの攻撃。QB#8 渡邉からWR#21 松本へのパスがヒットするも3&outでパント、関学G前50ydからの攻撃。LB#77鈴木のナイスタックルによりベンチが湧きますが直後にパスを決められTD、金沢0-関学56。

4Q

金沢G前75yd地点から攻撃開始、RB#45 高橋、#RB24 河野のランによりフレッシュ更新。その後もQB#8 渡邉のランやTE#99 橘へのパスが決まり、またもフレッシュ更新。しかし関学の堅守に阻まれ攻守交代。関学G前48yd地点から攻撃開始。あっという間にTDされ、金沢0-関学63。金沢G前80ydから攻撃開始するもスナップの連携がうまくいかずターンオーバー。その後パスを決められTD、金沢0-関学70。金沢G前75yd地点から攻撃開始するも再三の3&outでパントを選択。関学G前50yd付近から攻撃開始、パスを次々ヒットさせTD。金沢0-関学77。金沢オフェンス特に見せ場なく攻守交代。関学の攻撃、ここでDB#37 相崎がインターセプト!ベンチが湧きます。しかしその後が続かず試合終了。

金沢0-関学77でした。

大敗はしたものの関西学院大学という強豪チームと試合をした事により、得たものは多くありました。この敗戦を活かして打倒九州に向けて日々精進していきます。今後とも応援よろしくお願い致します。

QB#6 金和