カテゴリー: お知らせ

2022年 金沢大学vs名城大学

2022年6月19日(日)に行われた名城大学ゴールデンライオンズとの試合結果です。

 

今回の試合は1Q=12分で行われました。

 

第1Q

 

名城大学のキックで試合開始。名城大学が自陣43ヤード地点より攻撃開始。最初のランでフレッシュ更新されるもLB#56岡村のナイスタックルとパス失敗により4th ダウン12で名城大学がパントを選択。金沢大学が自陣10ヤード地点より攻撃開始。RB#42赤塚のランで20ヤード、QB#8江畑のランで50ヤード、RB#42赤塚のランで20ヤードと3プレー続いて大幅なゲインをするも残り10ヤードを4回の攻撃で攻めきれず攻守交代。名城大学が自陣5ヤード地点より攻撃開始。フレッシュを更新できずパントを選択。金沢大学が自陣49ヤード地点より攻撃開始。TE#80秋田のキャッチでフレッシュ更新するもその後ファンブルボールを取られ攻守交代。名城大学が自陣38ヤード地点より攻撃開始。フレッシュを更新されるがTE#80秋田のインターセプトにより攻守交代。金沢大学が敵陣45ヤード地点より攻撃開始。3rdダウン6で第1Q終了。

 

金沢0−0 名城

 

第2Q

金沢大学が敵陣41ヤード地点より攻撃再開。ランやパスでフレッシュを更新していき、QB#8江畑のランでタッチダウン。金沢大学のキックにより試合再開。名城大学が大幅にリターンし敵陣29ヤード地点より攻撃開始。ゴールラインまで残り4ヤードの地点まで攻められるもDB#19本田やLB#80秋田、LB#42赤塚のナイスタックルによってこれを守りきり攻守交代。金沢大学が自陣11ヤード地点より攻撃開始。QB#8江畑とRB#24佐藤のランでフレッシュを更新し、自陣33ヤード地点からのパスでWR#14菅原がタッチダウン。金沢大学のキックにより試合再開。名城大学が自陣39ヤード地点より攻撃開始。DL#52今のナイスタックルによりフレッシュを更新させず名城大学がパントを選択し攻守交代。金沢大学が自陣9ヤード地点より攻撃開始。敵陣39ヤードまで攻め込むもここで第2Q終了。

 

金沢13−0 名城

 

第3Q

名城大学のキックにより試合再開。金沢大学が自陣33ヤード地点より攻撃開始。ランによるフレッシュ更新を繰り返し敵陣29ヤード地点まで攻め込むもイリーガルフォーメーションによる5ヤード罰退などもあり攻めきれず攻守交代。名城大学が自陣43ヤード地点より攻撃開始。DL#57伊藤のロスタックルによりフレッシュを更新できずパントを選択して攻守交代。金沢大学が自陣33ヤード地点より攻撃開始。WR#16大舘のキャッチでフレッシュを更新するもその後4thダウン2でパントを選択。キッカー#16大舘のナイスパントにより陣地を大きく回復し攻守交代。名城大学が自陣16ヤード地点より攻撃開始。ランとパスによる3回のフレッシュ更新と金沢大学のパーソナルファウルによって大きく攻め込まれそのままタッチダウン。名城大学のキックにより試合再開。金沢大学が自陣25ヤード地点より攻撃開始。ここで第3Q終了。

 

金沢13−7名城

 

第4Q

金沢大学が自陣24ヤード地点より攻撃再開。WR#16大舘のキャッチでフレッシュを更新するも次のパスプレーでインターセプトされ攻守交代。名城大学が自陣43ヤード地点より攻撃開始。ランによってフレッシュ更新されるもLB#80秋田がファンブルリカバーし攻守交代。金沢大学が敵陣48ヤード地点より攻撃開始。フレッシュ更新できずパントを選択し攻守交代。名城大学が自陣30ヤード地点より攻撃開始。3rdダウン7でWR#14菅原がインターセプトし攻守交代。金沢大学が自陣47ヤード地点より攻撃開始。フレッシュを更新できず4thダウン5でパントを選択するも名城大学がこれをリターンタッチダウン。ここで負傷者による人数不足のため金沢大学が棄権し、試合終了。

 

金沢13−13 名城  (金沢大学棄権)

 

今回の試合を通して自分たちのやってきたことは間違いではなかったと感じました。しかし棄権という不甲斐ない結果になってしまったのは、選手の人数と体力が原因だと思うので、これからの夏でどれだけ体力をつけてどれだけ1年生の育成をできるかがとても重要だなと感じました。私はもう3年生なので、ラインズの4年生が怪我などで途中で抜けてもその穴を埋めることができるようなOL/DLになれるようにこれからも練習に励みます。

今後ともEVERGEENをよろしくお願い致します。

3年 OL/DL 佐藤龍駆

【試合結果】名城大学戦

6/19(日) 名城大学第一グラウンドにて行われた名城大学戦は、
 
1Q 0-0
2Q 13-0
3Q 0-7
4Q 0-6
計  13-13
 
4Q途中、金沢大学の棄権により試合が終了しました。
応援してくださった皆様、また、会場にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
 

【試合告知】名城大学戦のご案内

6月19日(日)に名城大学第一グラウンドにて、名城大学さんと試合を行います。
新体制がスタートして初めての対外試合となります。
応援の程、よろしくお願い申し上げます。
会場には観客席もあるそうなので、お近くにお越しの際はぜひ観戦にいらしてください!
 

熱中症対策講座の実施

【熱中症対策アドバイザーの認定を頂きました!】
 
先日、大塚製薬の方にお越し頂き熱中症対策講座を開いて頂きました。
これからの暑くなる季節に向けて、とてもためになるお話をして頂きました。
講座の最後には熱中症対策アドバイザー認定のためのテストを受け、無事受講者全員が熱中症アドバイザーの認定を頂きました。
今後の暑さ対策に活かすことはもちろん、小学生に向けたフラッグ指導の際にも熱中症について発信していきます。
 

合同練習の実施

先日、関西大学さんと合同練習会をさせて頂きました。
新型コロナウイルスの影響で他大学との交流がなかなかできていない中、このような機会を頂きとても良い刺激となりました。
今回学んだことを最大限生かすことができるよう、これからの練習に取り組んで参ります!

【決意表明】TRリーダー 松本育己

2022年度のEVERGREENのTRリーダーを務める松本育己です。

私は今年2つの事を成し遂げたいと思っています。

1つ目は、TRユニットを強くして、チームを勝たせる事です。
私達は3年間福井県立大学に負け続けてきましたが、どの敗因もフィジカルによる所が大きかったです。
3年間の反省を活かし、目標に対する現状のチームのレベルを常に意識した行動をして、勝つフィジカルを作り上げます!

2つ目は、「いいチーム」を作ることです。
私は、「いいチーム」とは、部員一人一人が主体性を持っているチームだと思います。
人数の少ないこのチームが勝つためには、チームに従って機械的に動く部員が1人いてもダメだと思います。
チームの様々な事に干渉して、全員が主体的に動けるようなチームを作ります!

自分の掲げる目標を成し遂げ、「打倒福県」を達成します!
今後とも応援の程、宜しくお願い致します。

TRリーダー TR#32 松本育己

【決意表明】SPリーダー 犬塚耕將

2022年度EVERGREENのスペシャルリーダーを務める犬塚耕將です。

私は、去年FGリーダーをやっていて思い残したことがあります。それは、FGのスペシャルプレーを用意できなかったことです。目指す場所がどこにあるにしろ自分たちはチャレンジャーであり、すべてを出し切って勝ちを取りに行く必要があったと思います。しかし、接戦に勝利をもたらすためのあと一歩として必要となってくるであろうスペシャルプレーを用意することができませんでした。動き出しが遅く、準備不足になってしまったわけです。

今年は、スペシャルにおいてオフェンス・ディフェンスにも劣らない勝つための準備を行います。そして、こいつらのおかげで勝てたと言われるようなスペシャルチームを作っていきます。

日頃よりチームを応援してくださる皆様、2022年度EVERGREENも引き続きよろしくお願いいたします。

SPリーダー OL/DL#71 犬塚耕將

【決意表明】Dリーダー 岡村南

2022年度ディフェンスリーダーを務めます、OL/LBの岡村南です。
私がディフェンスリーダーになったのはディフェンスが好きというシンプルな理由からでした。だからこそ、その好きなディフェンスで負けたくないという気持ちは誰よりも強いです。私が入学した2019年以降、福井県立大学戦での失点は年々増え続けています。2022年度はディフェンススローガン「Crush」を掲げ1年間取り組み、北陸リーグを制覇し必ず全国に出場します。

3年間北陸リーグで勝てていない金沢大学は何かを変えなければいけません。2022年度スローガン「Be Crazy」にも私たち最上級生の思いが込められています。上から言われてやらされるフットボールではなく、自分自身が上手くなるために考え、行動し、フットボールに夢中になる。そういったチームを作っていく必要があると考えました。

2022年は自分にとって大学アメフト最後の年になります。「打倒福県」を成し遂げるため、目標に夢中になって取り組んでいきます。

今後とも応援の程、よろしくお願い致します。

Dリーダー OL/LB#56 岡村南

【決意表明】Oリーダー 江畑龍太郎

2022年度、オフェンスリーダーを務めます、QB#8の江畑龍太郎です。

今年のチームの目標は北陸王者となり、全国トーナメントで戦うことです。
先日東海代表の試合を間近で見て、フィジカル面やオフェンス、ディフェンス面でとてもレベルが高いと感じました。その東海のチームや九州のチームなどと互角に戦うために、今、EVERGREENに必要なのは間違いなくオフェンス力だと考えています。2021シーズンは福井県立大学を相手にわずか11点しか取ることができず、悔しい思いをしました。

2022シーズンは相手にやられた分をやり返して勝つのみ。
オフェンススローガン「WILL」に込めた思いのように、オフェンスリーダー、ポジションリーダーが主役となり、自らの意志で自分たちが起点となって動き、勝ちたいと思います。

Oリーダー QB#8 江畑龍太郎

【決意表明】主務/MGRリーダー 夏目実桜

2022EVERGREENで主務、MGRリーダーを務める夏目実桜です。

私たちは3年連続福井県立大学に負けており、ついに福井県立大学に勝ったことのない部員だけになってしまいました。

だからこそ、私たちはEVERGREENを変えられると思っています。絶対に勝ちたい、その気持ちは選手、スタッフに関係なく持っています。マネージャーだからできること、マネージャーにしかできないことはたくさんあります。マネージャーが必ずチームを勝たせます。

そして、私は、EVERGREENを「たくさんの方に応援され、好きになってもらえるチーム」にしたいと思っています。部員や、4月に入ってきてくれる新入生、さらに現在、そしてこれからチームに関わってくださる皆様にもEVERGREENを好きになっていただきたいと思っています。

皆さまに応援していただけるよう、より魅力的なチームにします!

2022EVERGREENの応援もよろしくお願いいたします。

主務/MGRリーダー MGR#090 夏目実桜