ポジション紹介

OL(Offensive Line)
オフェンスライン

スクリメージ・ライン上にセットする選手のうち、中央の5人を指し、 C(センター)、G(ガード)、T(タックル)の各ポジションからなる。 Cのスナップ(QBにボールを渡すこと)時と特別な場合を除くと、ボールに触れることが反則となる。

ランプレイ時は、RBの走路を切り開くためブロック
パスプレイ時は、パスを投じるまでQBを保護(プロテクション)
を行う。

他ポジションに比べ目立つ場面は少ないが、OLの働きがオフェンス成否の鍵となるため、 OLで勝負の半分が決まると言われる。 

 

QB(Quarter BACK)
クォーターバック

Cからスナップを受け、攻撃の基点となるポジション。
 
ランプレー時にRBにボールを渡す。または、自分でボールを持って走る。
パスプレー時にWR等にパスを投げる。

オフェンスの数多くの戦術を理解し、他10人のプレーヤーに指示する明晰な頭脳とリーダーシップ、ディフェンスの動きを読む冷静さと判断力、パス能力、走力など多くの能力が求められるオフェンスの顔と言えるポジション。

 

RB(RUNNING back)
ランニングバック

地上戦における主役。
QBからハンドオフ(ボールを渡されること)されたボールを持って、敵陣に向かって走るのが主な役割。 パスプレイにおいてはパスターゲットとなったり、OLとともにQBをプロテクションすることがある。 

足の速さが重視されるが、ディフェンスとの1vs1に負けないタフネスも求められる。 
パワーを活かして突進するタイプ、小回りの利く俊敏性を活かして相手のタックルを巧みにかいくぐるタイプなど、選手毎の個性が光るポジションである。 

ランプレーにおけるRBの脅威が、オフェンス戦略・戦術の全てに影響する。

 

Wr(wide reciever)
ワイドレシーバー

QBとともにパスプレイの主役となるポジションであり、最も観客を魅了するポジションである。
足の速さと俊敏性、キャッチ能力が求められる。 

パスプレーはロングゲイン(長い距離を前進すること)ができる可能性が高いため、勝負所の一発逆転狙いの時などに、多くの注目を集める。そのため、プレッシャーを跳ね除ける度胸と、高い身体能力を兼ね備えた、スター性の高いポジションといえる。

 

TE(TIGHT END)
タイトエンド

パスを捕球しタッチダウンを狙うことに加え、OLとともに相手ディフェンスをブロックしランプレーの走路を作る。
WRとOLの両方の役割を求められ、DL、LBに押し勝つパワーと、DBを振り切るスピード、クイックネス等、オールマイティな能力を要求される。

多彩なオフェンス戦術を展開する現代フットボールにおいて、最重要ポジションと言っても過言ではない。

 

DL(DEfensive Line)
ディフェンスライン

ディフェンスの最前線で、OLのブロックを阻止し、QB、RBに襲いかかる。
また、パスプレー時にQBにプレッシャーを与え、タックルすることは、”QBサック”と呼ばれ、
最もゲームが盛り上がるディフェンスのビッグプレーの一つとなる。
 
パワー、瞬発力、オフェンスの動きに反応する反射神経が必要とされ、冷静さを備えた獰猛なプレーが要求される。
強力 なDLの存在は、オフェンスにとって最も脅威と言える。

 

LB(Linebacker)
ラインバッカー

ディフェンスフォーメーションの中央に位置し、ランプレーではRBに強烈なタックルを浴びせ、パスプレーではTE、WRのパスキャッチを阻止するなど、全プレーにおいて大きな責任を持つ。
そのため、ディフェンスで最も冷静な判断力とタフネスを要求される。 

“オフェンスが観客を呼び、ディフェンスが勝負を決める”と言われるフットボールにおいて、重要かつ困難だが、最も喝采を浴びるポジションと言える。

 

DB(DEfensive BACK)
ディフェンスバック

パスプレーの阻止に重大な責任を持ち、TE,WRを素早い動きで追従、パスキャッチを阻止する。 
ディフェンスの最後尾、外に位置し、ランプレー、パスプレー問わず、DBが抜かれると被タッチダウンに繋がるため、
まさに”最後の砦”と言われるポジションである。

ディフェンスのビックプレー、インターセプト(QBの投げたパスを奪取し攻守交代すること)
を最も狙えるポジションであり、鋭い読みと高い身体能力によりゲームの流れを引っくり返す。

 

K(Kicker)
キッカー

キッキングゲームにおけるスぺシャリスト。FG(フィールドゴール)、K.O(キックオフ)を担う。

キッキングゲームは、オフェンスゲームとディフェンスゲームの中継となるため戦略上重要な場面となる。
FGにおいては、自チームの得点
K.Oにおいては、敵オフェンスの制圧

ワンポイントで登場し常に成功を求められるポジションのため、受けるプレッシャーは尋常ではない。そのため、職人的な正確性と、強いハートが要求される。

 

P(PUNTER)
パンター

パントとは、オフェンスの一部として4回目の攻撃の際に陣地を回復するためにボールを蹴ることを指す。

遠くにボールを蹴り込むキック力と、狙った位置に蹴り込む正確性がともに要求される。
強力なパンターを擁することにより、フィールドポジションを常に敵陣にキープできることは、オフェンス、ディフェンスチームにとっての大きなアドバンテージとなる。

その主役であるパンターは、遠くに蹴り込むキック力、狙ったポイントに蹴り込む制球力、プレッシャーを跳ね除ける度胸を兼ね備えた孤高のスペシャリストである。