秋季リーグ戦 VS金沢工業大学


2018年9月2日(日)秋季北陸リーグvs金沢工業大学EAGLESの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q

金沢工業大学のKickOffで試合開始、これをDB#21松本が約80ydのビックリターンを見せ、G前15yd地点から金沢大学の攻撃。RB#2堀の軽やかなランによりTD。PATも決まり金沢7-金工0。金沢のKickにより金工G前70yd地点からの攻撃。DB#11古野、DL#55吉岡のロスタックルにより、金工3&out。続く金沢G前49yd地点からの攻撃。QB#6金和からTE#88芳賀へのロングパスも決まり、レッドゾーンに持ち込むと、RB#45高橋のランによりTD。PATも決まり金沢14-金工0。金沢のKickにより金工G前71yd地点からの攻撃。金沢のDL、LBの激しいタックルにより金工3&out。続く金沢、G前68yd地点からの攻撃。RB#2堀のロングゲインや、QB#1河野からWR#37相崎へのパスも決まりG前20yd地点まで攻め込む。ここで第1クオーター終了。

2Q

G前20yd地点から金沢の攻撃再開。QB#1河野のランでG前1ydまで攻めるとRB#2堀のランでTD。PATも決まり金沢21-金工0。金沢のKickにより金工G前82yd地点からの攻撃。DB#37相崎のインターセプトにより攻守交代。金沢G前39yd地点からの攻撃。QB#8渡邊からWR#11古野への約40ydロングパスが決まりTD。PATも決まり金沢28-金工0。金沢のKickにより金工G前74yd地点からの攻撃。金工のラン、パス共に止め3&out。金沢G前58yd地点からの攻撃。QB#6金和のナイスランにより、2度フレッシュを獲得するもTDまでつながらず、金沢パントを選択し陣地を回復。金工G前94yd地点からの攻撃。DL、LBの活躍により金工3&out。相手のパントカバーをLB#51井川がファンブルフォースし、LB#99橘がこれをファンブルリカバーしTD。金沢34-金工0。金沢のKickにより金工G前80yd地点から攻撃。金工、パスを決めるもゲインが少なく3&out。ここで前半終了。金沢34-金工0。

3Q

金沢のKickにより試合再開。金工G前65yd地点からの攻撃。相手のパスプレーに対してLB#42金井のインターセプトチャンスがあるも、アメフト7年目にして未だアメフトボールに慣れずインターセプト失敗。しかし、このシリーズも難なく相手の攻撃を3&out。金沢G前62yd地点からの攻撃。QB#1河野のランによりフレッシュを獲得するもTDまで繋がらず、パントを選択。金工G前75yd地点からの攻撃。相手のパスに対し、DL#60宮木のチャージが強くQB自らニーダウン。金工3&out。金沢G前45yd地点からの攻撃。パスを試みるも相手のインターフェアがあり、G前30yd地点からの攻撃。RB#45高橋の30ydランにより一発TD。2ポイント・コンバージョンを決め金沢42-金工0。金沢のKickを金工が約80ydのリターンタッチダウン。これにより金沢42-金工6。金工のKickにより金沢G前50yd地点からの攻撃。RB#2堀の50ydのランにより一発TD。PATも決まり金沢49-金工6。金沢のKickにより金工G前72yd地点からの攻撃。金工のパスが決まらず3&out。金沢G前65yd地点からの攻撃。次はRB#45高橋の65ydのランによる一発TD。PATも決まり金沢56-金工6。ここで金工の、試合に出場できる人数が規定を切ったため試合終了。

金沢56-金工6。

本日はたくさんのご声援ありがとうございました。ミスも多く完璧な試合とは言えませんでしたが、秋の初戦を無事勝利で飾れました。九州戦まであと4試合あります。1プレー1プレーを大事にし、チーム一丸となって北陸・中四国を圧倒できるように頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いします。

QB#1河野