秋季リーグ戦 VS富山大学

2018年9月16日(日)秋季北陸リーグvs富山大学FIREBULLSの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q

金沢大学のKICKOFFで試合開始。富山自陣25yd地点からの攻撃。DL・LBユニットが奮闘し、富山のスナップミスも見逃さずロスタックルを連発。富山4thdownでパントを選択し、続いて金沢敵陣45yd地点からの攻撃。RB#45高橋のラン、QB#8渡邊→WR#11古野のパスキャッチとそのアフターランにより大幅にゲインし、フレッシュを更新。敵陣28yd地点からQB#8渡邊→TE#99橘のロングパスが決まり、金沢最初のTD。PATも決まり、金沢7-0富山。金沢のKICKにより富山自陣12yd地点からの攻撃。DB#10日比野のタックルやDL#52松井の力強いパスラッシュもあり、富山の攻撃を進めさせません。富山4thdownでパントを選択し、続いて金沢敵陣32yd地点からの攻撃。しかしここで金沢の反則。罰退が響き、上手くオフェンスを組み立てられずに3&OUT。金沢パントを選択し、富山自陣18yd地点からの攻撃。LB#56黒川・LB#99橘のロスタックルもあり、富山にフレッシュを更新させません。富山4thdownでパントを選択し、続いて金沢敵陣38yd地点からの攻撃。富山ディフェンスが激しく、あまりゲインを獲得できません。金沢4thdownでパントを選択し、続いて富山自陣20yd地点からの攻撃。ここで金沢、反則を重ねてしまい、不用意に自陣42ydまで攻め込まれます。ここで1Q終了。

2Q

敵陣42yd地点から富山の攻撃再開。DL#55吉岡のタックルにより3rddownを防ぎ切ります。富山4thdownギャンブルにでますが、金沢ディフェンスの集まりが良くシャットアウト。ターンオーバーし、金沢自陣43yd地点からの攻撃。RB#45高橋の鋭いランによって大きくゲインしフレッシュを更新。一進一退の攻防が続きますが、富山の反則によってレッドゾーンにまで迫ります。QB#8渡邊→WR#37相崎のナイスキャッチによってG前3ydまで攻め込み、最後はRB#2堀のランで堅実にTD。PATも決まり、金沢14-0富山。金沢のKICKにより富山自陣36yd地点からの攻撃。DL#55吉岡のQBサックやDL・LBのパスラッシュが激しく、富山3&OUT。パントを選択し、金沢自陣34yd地点からの攻撃。QB#6金和→TE#88芳賀へのパスが決まり、ロングゲイン。フレッシュ更新。RB#31大本の力強いランやWR#21松本のナイスキャッチなどによりG前1ydまで攻め込みます。最後はQB#6金和自身がエンドゾーンに押し込みTD。PATも成功し、金沢21-0富山。金沢のKICKにより富山自陣33yd地点からの攻撃。DB・LB陣のパスカバー、DLのパスラッシュが機能して富山の4thdownギャンブルまで完璧にシャットアウト。ここで前半終了。金沢21-0富山。

3Q

富山のKICKにより試合再開。金沢自陣43yd地点からの攻撃。QB#6金和→TE#99橘のロングパスが決まりTD。PATも決まり、金沢28-0富山。金沢のKICKカバーでDB#14寺田の鋭いタックルによりファンブルフォースし、それをLB#56黒川がファンブルリカバー。敵陣43yd地点から再び金沢の攻撃。しかし富山ディフェンス陣の集まりやラッシュが激しく金沢3&OUT。パントを選択し、富山自陣5yd地点からの攻撃。ランを主体にじりじりと攻め込まれますが、20ydほどのドライブに抑え、富山はパントを選択。金沢敵陣42yd地点からの攻撃。RB#45高橋のロングランによりフレッシュ更新。富山ディフェンスの反則によりレッドゾーンに攻め込みます。QB#6金和のランでG前2ydまで攻め込むと、最後はRB#31大本のランによりTD。PATは失敗し、金沢34-0富山。金沢のKICKにより富山自陣5yd地点からの攻撃。DB#2堀・LB#50熊谷・LB#77鈴木がそれぞれのdownで鋭いタックルをし、富山オフェンスを進めさせません。3rd down終了と同時に3Q終了。

4Q

富山のパントから試合再開。金沢敵陣38yd地点からの攻撃。QB#8渡邊のランで大きくゲインし、レッドゾーンまで攻め込みますが、その後富山ディフェンスに阻まれエンドゾーンまでボールを運べません。金沢FGを選択し、これを成功。金沢37-0富山。金沢のKICKにより富山自陣18yd地点からの攻撃。ここから残り時間、富山の怒涛のオフェンスに金沢ディフェンスは苦しめられます。金沢自陣35yd地点まで攻め込まれますが、最後で意地を見せ、富山の最後のオフェンスを防ぎ切ります。ここで試合終了。

金沢37-0富山。

OB・OG・関係者の方々、熱いご声援ありがとうございました。第2戦も勝利を収めることができました。しかし、今回の試合は不用意な反則が多く、中には大きな反則もありました。今回の反省を活かし、チームとしてより一層高みを目指していきます。
次節は9月29日(土)14:20〜金沢市営球技場にて福井県立大学WILDERSとの試合です。”打倒九州”を果たす上で、絶対に負けられない一戦です。更に成長したEVERGREENを見せられるよう、日々努力していきます。お時間がごさいましたら、会場に足を運んでいただけるととても励みになります。これからもぜひ応援よろしくお願いいたします。

TE#99 橘

宣誓

残り1回の練習で富山大学戦、残り8回の練習で、福井県立大学戦、残り22回の練習で福井大学戦となりました。昨シーズンは北陸リーグを制覇し、全国トーナメントに出場さることができました。その時の、島根大学戦と西南大学戦の2試合は、自分のアメフトをしている中で最も楽しい時間と感じました。

その時をもう一度味わうために、そして、北陸の王者はやはり”EVERGREEN”である、と証明するためにも、北陸リーグ一戦必勝。今シーズンも全国トーナメントに駒を進めたいと思います。

LB#44 鈴木

輝き

こんにちは。MGR3年の佐藤です。

今週末は平日の練習がまともに出来なかったこともあり、気合いを入れて臨んだ練習となりました。これからはずっと雨予報で、試合も天気は悪くなりそうな予報です。コンディションがどんなものだったとしても、そこで力を発揮した人、または運であってもそれを手にした人が勝利を掴めることには変わりありません。

本番が雨なら、同じ状況でその準備が出来ている私たちは幸運です。あとは力を身につけるだけだと思います。

やはり試合で見られる選手の姿にはいつもと違う雰囲気があり、すごく惹きつけられます。私はこの夏インターンに参加していて、1ヶ月部活から離れていたので、合宿やみんなが秋リーグ開幕に向けて走ってきた姿を見れていません。でも、リーグ戦はとても楽しみにしていました。目標である九州にまでずっと、みんながフィールド上でキラキラしている姿を側で見続けられること、楽しみにしています。

MGR#082 佐藤

アメフトに捧げる秋

火曜日は台風の影響で練習ができず、水曜日が初戦を終えて初の練習となりました。秋シーズンが開幕し、今まで以上に一回一回の練習を大切にしていかなければいけません。

私は研究室の合宿があり、約2週間部活をお休みしていました。研究室の合宿中も気づいたら、部活のことや部員のみんなのことを考えていました。初戦も参加することができなかったので、その日は、誰も怪我していないかな、試合は順調かな、みんなの活躍が見たいな、と試合のことで頭がいっぱいでした。その時改めて、自分の中で部活の存在が大きくなっており、部活が大好きなんだということを実感しました。

ここからは自分の全てをアメフトに捧げ、選手とともに戦っていきたいです。チーム一丸となって、秋シーズンを全力で走り抜けていきましょう。

TR#24 河嵜

秋季リーグ戦 VS金沢工業大学

2018年9月2日(日)秋季北陸リーグvs金沢工業大学EAGLESの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q

金沢工業大学のKickOffで試合開始、これをDB#21松本が約80ydのビックリターンを見せ、G前15yd地点から金沢大学の攻撃。RB#2堀の軽やかなランによりTD。PATも決まり金沢7-金工0。金沢のKickにより金工G前70yd地点からの攻撃。DB#11古野、DL#55吉岡のロスタックルにより、金工3&out。続く金沢G前49yd地点からの攻撃。QB#6金和からTE#88芳賀へのロングパスも決まり、レッドゾーンに持ち込むと、RB#45高橋のランによりTD。PATも決まり金沢14-金工0。金沢のKickにより金工G前71yd地点からの攻撃。金沢のDL、LBの激しいタックルにより金工3&out。続く金沢、G前68yd地点からの攻撃。RB#2堀のロングゲインや、QB#1河野からWR#37相崎へのパスも決まりG前20yd地点まで攻め込む。ここで第1クオーター終了。

2Q

G前20yd地点から金沢の攻撃再開。QB#1河野のランでG前1ydまで攻めるとRB#2堀のランでTD。PATも決まり金沢21-金工0。金沢のKickにより金工G前82yd地点からの攻撃。DB#37相崎のインターセプトにより攻守交代。金沢G前39yd地点からの攻撃。QB#8渡邊からWR#11古野への約40ydロングパスが決まりTD。PATも決まり金沢28-金工0。金沢のKickにより金工G前74yd地点からの攻撃。金工のラン、パス共に止め3&out。金沢G前58yd地点からの攻撃。QB#6金和のナイスランにより、2度フレッシュを獲得するもTDまでつながらず、金沢パントを選択し陣地を回復。金工G前94yd地点からの攻撃。DL、LBの活躍により金工3&out。相手のパントカバーをLB#51井川がファンブルフォースし、LB#99橘がこれをファンブルリカバーしTD。金沢34-金工0。金沢のKickにより金工G前80yd地点から攻撃。金工、パスを決めるもゲインが少なく3&out。ここで前半終了。金沢34-金工0。

3Q

金沢のKickにより試合再開。金工G前65yd地点からの攻撃。相手のパスプレーに対してLB#42金井のインターセプトチャンスがあるも、アメフト7年目にして未だアメフトボールに慣れずインターセプト失敗。しかし、このシリーズも難なく相手の攻撃を3&out。金沢G前62yd地点からの攻撃。QB#1河野のランによりフレッシュを獲得するもTDまで繋がらず、パントを選択。金工G前75yd地点からの攻撃。相手のパスに対し、DL#60宮木のチャージが強くQB自らニーダウン。金工3&out。金沢G前45yd地点からの攻撃。パスを試みるも相手のインターフェアがあり、G前30yd地点からの攻撃。RB#45高橋の30ydランにより一発TD。2ポイント・コンバージョンを決め金沢42-金工0。金沢のKickを金工が約80ydのリターンタッチダウン。これにより金沢42-金工6。金工のKickにより金沢G前50yd地点からの攻撃。RB#2堀の50ydのランにより一発TD。PATも決まり金沢49-金工6。金沢のKickにより金工G前72yd地点からの攻撃。金工のパスが決まらず3&out。金沢G前65yd地点からの攻撃。次はRB#45高橋の65ydのランによる一発TD。PATも決まり金沢56-金工6。ここで金工の、試合に出場できる人数が規定を切ったため試合終了。

金沢56-金工6。

本日はたくさんのご声援ありがとうございました。ミスも多く完璧な試合とは言えませんでしたが、秋の初戦を無事勝利で飾れました。九州戦まであと4試合あります。1プレー1プレーを大事にし、チーム一丸となって北陸・中四国を圧倒できるように頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いします。

QB#1河野

女神が微笑むために

昨日は秋季リーグ開幕前最後の練習でした。一昨日、昨日と天候には恵まれなかったものの、初戦に向けて緊張感を持った内容の濃い練習ができました。夏も終わりも迎え、雨での練習が増えていくと思いますが、ゴムボールでの練習をラッキーだと考え、打倒九州まで走り抜けたいと思います。

さて、今週日曜に北陸秋季リーグ開幕となるわけですが、自分も早いもので三度目のリーグ戦となりました。学年があがるにつれて、ミスは許されなくなり、”責任”というものが伴います。しかしそんな中でも、思い切りの良さと初心を忘れず、チームを必ず勝利に導きます。

9月2日(日)金沢市営球技場にて、金沢工業大学戦 15:10 kickoffです!
是非、会場に足を運んでみてください。

LB#51 井川

秋シーズン開幕を前にして

いよいよ秋シーズンが開幕します。ここからのシーズンは恐らくあっという間だと思いますが、春、夏にやってきたことがそのまま結果に現れるのではないかと思っています。

夏の合同練習や合宿を通して改めて気づいたことがあります。それは、僕達EVERGREENは本当にたくさんの方々に支えられ、注目され、期待されているということです。その期待は絶対に裏切りたくありません。できる限りの準備をして、1戦ずつしっかりと勝利を重ね、「打倒九州」を果たします。

個人的な事ですが、これまでのDB/Pに加えシーズン3年目にしてWRを始めました。自分自身でゲインする喜びを知って、わくわくしながらプレーしています。秋初戦は金沢工業大学。リスペクトを忘れず、必ず勝ちます。

DB#37 相崎

秋シーズン開幕まであと4回

水曜日は合宿明け初の練習でした。合同練習、そして合宿と続き、疲れも見られる頃だと思いますが、夏休みに入ってアメフトに割く時間が多くなりチーム全員がとても濃い時間を過ごしています。1つ1つのプレーを合わせながら調整している姿を見て、試合が近いんだということを改めて実感しました。

早いことで4年目の秋を間近に控え、最近ではこれまでのことを振り返ることが多くなってきました。何も知らなかった入部当時と今では試合を迎える心意気もとても違うものになったなと実感しています。

他のどの部活やサークルに所属している人たちよりも多くの時間をみんなはアメフトに時間を割いてきました。せっかくやるならその時間の取り組みを自分たちのものにして欲しいと思います。残された時間はとても短いです。シーズン開幕までの残りの練習、悔いのないように全員で作り上げて行きましょう。

真剣に、楽しく、自分たちらしく全員がフィールドに立てるように、私もみんなと一緒に戦っていきます!

TR#23 岡本

夏合宿終了!

昨日で3泊4日の夏合宿が終わりました。3日間の合同練習を経てすぐに迎える合宿で、タイトなスケジュールでしたが、全員で乗り切ることができました。合宿中には翌日は仕事があるにも関わらず、練習に参加してくださるOBさんや、度々練習に顔を出して差し入れしてくださるOB・OGさんもおられ、改めてエバーグリーンは多くの方々の想いを背負って戦っているのだと感じました。合宿を終えた選手・スタッフの顔は晴れ晴れとしていて、各自秋シーズンに向けて詰めるところを詰めれた濃い4日間を過ごせたのではないかと思います。

私にとっては最後の合宿でしたが、今回の合宿は本当に恵まれた環境の中で出来たと思います。特に、この合宿を通して、スタッフの後輩たちの成長を感じました。運営側に携わってくれた3年生スタッフは、宿泊所とのやり取りや庶務などしっかり務めてくれた上に、ハプニングにも迅速に対応できる判断力を持っていると感じましたし、SNS担当の子は毎日欠かさずOB・OGさんの情報をアップし、その内容と質にもこだわっていて、仕事に対するひたむきさを感じました。1年生は、入部したときとは見違えるほどに成長して、もう一人前レベルに仕事をこなし、本当に頼もしくなったなと感心しています。

私はスタッフリーダーを務めていますが、抜けている所も多々あるので、同期含め、後輩スタッフにはいつも助けられています (笑)
合宿でより一層頼もしくなった後輩たちの姿を見て嬉しくなったと共に、今後もっとスタッフの仕事の質を上げれるように頑張っていこうと気が引き締まりました。打倒九州に向けて、スタッフも一丸となって全力を尽くしたいと思います!

4日間本当にお疲れ様でした!2週間後にはもう秋リーグ突入です。あとは突き進むのみ!一戦一戦が勝負です。身体を休めて、また水曜日から元気に練習がんばりましょう!

 

MGR#081 四日

夏合宿3日目

夏合宿3日目が終わりました!

今回の夏合宿は屋内グラウンドでの活動ですが、今日の午前だけは外で行いました。屋内に慣れたせいか、1日目、2日目より、疲れが見えたように感じます。暑さに負けない体力作りが大事ですね(^O^)

また、今回の夏合宿では、多くのOB・OGさんにお越しいただき、本当に嬉しく思っております。私たちの目標でもある「応援されるチーム」になれるよう、OB・OGさんが積み重ねて来たEVERGREENというチームに誇りを持って活動して行きたいと思います。

合宿も残すところあと1日です!この3日間できたこと、できなかったことをもう一度頭の中で整理し、良い締めくくりで終われるように、悔いのない夏合宿にしましょう!

ご飯もたくさん食べて頑張っています!

MGR#086 豊福