秋季リーグ 第3節VS富山大学


 

2019年9月28日(土)に行われた秋季リーグ戦VS富山大学FIREBULLSとの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q
富山大学のキックで試合開始。金沢大学、自陣37ydより攻撃開始。#22前田のランを試みるも、#14菅原、#99橘へのパスが立て続けに失敗し、金沢がパントを選択。#37相崎のナイスパントにより、富山自陣10ydより攻撃開始。テンポの良いパスで2度フレッシュを更新されるも後が続かず、パントを選択。攻守交代し、金沢自陣35ydより攻撃開始。ここで#99橘への75ydパスが決まりそのままTD。PATも決まり、金沢7-0富山。金沢のキックで試合再開。富山自陣30ydより攻撃開始。攻撃が続かずパントを選択し攻守交代。金沢自陣40ydより攻撃開始。#44市田、#22前田のランでフレッシュを更新するも攻撃が続かずパントを選択。攻守交代し富山自陣10ydより攻撃開始。自陣20yd地点までボールを進めた所で1Q終了。

2Q
富山の攻撃が続かずパントを選択。ここで#19本田が50yd地点より35ydリターン。金沢が敵陣15ydより攻撃開始。敵陣3ydまで攻め込むもここでボールをファンブルし攻守交代。富山自陣3ydより攻撃開始。富山の攻撃を3本で止め、パントを選択。金沢敵陣43ydより攻撃開始。しかし続く攻撃をインターセプトされ攻守交代。富山自陣47ydより攻撃開始。3本のパスを決められそのまま富山に傾いた流れを止められずTD。PATは失敗し金沢7-6富山。富山のキックで試合再開。金沢自陣30ydより攻撃開始。#11岡部へのパスが決まりフレッシュ更新するも後が続かずパントを選択し攻守交代。富山自陣20ydより攻撃開始。ここで2Q終了。

3Q
金沢のキックにより試合開始。富山自陣27yd地点より攻撃開始。#20細江がインターセプトし攻守交代。続く金沢の攻撃、#22前田のランを試みるもさほどゲイン出来ずパントを選択、攻守交代。富山自陣22ydより攻撃開始。パスで攻め込むも攻撃が続かずパントを選択し、攻守交代。金沢自陣40ydより攻撃開始。ここで#89高瀬への43ydパスが決まりそのままTD。PATも決まり、金沢14-6富山。金沢のキックより試合再開。富山自陣30ydより攻撃開始。金沢が自陣37yd地点まで攻め込まれるもパントを蹴らせここで3Q終了。

4Q
金沢自陣21ydより攻撃開始。しかし再びインターセプトされ攻守交代。自陣20ydまで攻め込まれるも#13東がインターセプトし攻守交代。続く金沢の攻撃は後が続かずパントを選択し攻守交代。富山敵陣41ydより攻撃開始。自陣15ydまで攻め込まれるも金沢のディフェンスが粘りを見せる。FGも失敗し、攻守交代。金沢自陣20ydより攻撃開始。しかし攻撃が続かずパントを選択。富山自陣38ydより攻撃開始。金沢のディフェンスがよく富山にゲインを許さず、ギャンブルでのスペシャルプレーも失敗し攻守交代。金沢ランで時間を使い切り、4Q終了。

第3戦も勝利を収めることができましたが、自分たちの取り組みの甘さを痛感する内容となってしまいました。プレーのこと、プレー外のこと、詰めるところをとことん詰め、福井県立大学戦まで取り組んでいきます。約1ヶ月後、打倒九州に向け絶対に負けられない試合に、ひと回りもふた回りも成長したevergreenとなって挑みます。これからも応援よろしくお願い致します。

また、金沢大学チアリーダー部GREEN APPLESの皆様、OB・OG・関係者の皆様、そして保護者の皆様、熱いご声援ありがとうございました。

WR/DB #13 東