WRの魅力

2年WR/DBの菅原匠です。

先輩に勧誘され、「楽しそう」という軽い気持ちでアメフト部に入部してから、あっという間に1年が経ちました。1年を振り返ると、練習、トレーニング、授業と、することが多く、かなり大変でした。それでもアメフトを頑張れたのは、WR(ワイドレシーバー)というポジションに、やりがいがあったからです。

最初、ポジションを決める時にWRを選んだのは、強く当たりたくないとか、太りたくないとか、そんなマイナスな理由でした。それでもボールをキャッチすることが好きだったため、楽しく練習をしていました。WR に対して考え方が大きく変わったのは、実践的な練習で初めてボールをキャッチした時です。敵であるDB(ディフェンスバック)との駆け引きで、スピードで相手を引き剥がした時の快感と、ボールをキャッチしたことで周りが、わっと盛り上がる感じが、たまりませんでした。WRというポジションの魅力は、ディフェンスとの駆け引きと派手なパスで目立てることだと感じ、徐々にWRにハマっていきました。練習でも負けたくない、絶対にパスを決めたいというプライドを持って練習をする様になりました。

そして迎えた秋シーズン、パスを数回キャッチして最高の気分だったものの、やはり金沢大学はランチームであるため、ランと比べると圧倒的に試投回数が少なく、それは重要な試合になればなるほど顕著でした。オフェンスの戦術であることは分かっていましたが、これはパスユニットがコーチから信用されてないということでもあります。「福井県立大学に負けた悔しさ」と「WRとしての悔しさ」の両方を抱えたまま秋シーズンが終わりました。これまでの人生で一番悔しかった経験でした。

今年は二度とそんな悔しさを味わいたくないので、重要な試合でパスを投げさせてもらえるよう、練習量や結果でコーチの信用を得て、パスプレーがオフェンスの一つの武器となるようにします。

また、今年の個人の目標はタッチダウンを取ることです。福井県立大学へのリベンジのため、自分達の目標である「関西挑戦」を果たすため、自分のパスでチームを勝たせます。

コロナウイルスも収まりつつあり、練習再開が近づいている中で、目標を実現させるため、今できることを全力でやりたいと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

WR/DB#14 菅原匠(写真右)

誰でも活躍できるアメフト!

新2年LB/OLの今拓海です!

昨今はコロナウイルスの蔓延で社会が大きく混乱状態に陥っており、皆さん大変な状況かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか? 特にこの春から新生活をスタートされる方々は長い自粛期間で不安が募るばかりでしょうが、事態が収束する時が来るまで精一杯今できる事をやりましょう!

私がアメフト部に入部した背景について話そうと思います。鍵となるのは僕が浪人したことで感じた「人との繋がりの大切さ」です。
小中高と本当にありがたいことに沢山の友達に恵まれました。しかし浪人したことをきっかけに、その友達たちに会うことが減り、会話する対象が家族だけになり、寂しい気持ちを押し殺しながら勉強に励んでいました。だから、大学に入ったらサークルや部活など人との繋がりのある団体に所属しようと決めていました。その時にEVERGREENの先輩達に勧誘されて流されるように入部を決めました。

しかし、部活に入ったまではいいのですが、現実は甘くありませんでした。今でこそ体重は増えましたが、入部当初は背も低く、体重も50キロ後半、特別足が速いわけでも、球を上手く投げれるわけでもありませんでした。つまり、私には特に人より秀でた才能がなかったのです。

ここで私はLB(ラインバッカー)というポジションを選びました。このポジションはディフェンスのポジションで、体が大きいことが求められ最前線で戦うDL(ディフェンスライン)と俊敏な動きで相手のパスをカットするディフェンスの最後方に位置するDB(ディフェンスバック)の間に位置するポジションです。主に相手のパス攻撃にもラン攻撃にも絡み、仲間に指示を送る司令塔のようなポジションです。最低限の体格はいるもののDLのような圧倒的なパワーや、DBのような高い身体能力よりも、マルチな能力を必要とするポジションです。突出した才能を持っていなくても、全ての能力を少しずつでも上げようと頑張った結果、去年は何度か試合に出ることができました。アメフトは誰でも活躍できるスポーツです。新入生の中で私と同じように、自分には他人より秀でた能力が無いと思っている人ほど、アメフトをやって自分の長所に気付いて欲しい!と思います。

しかし私にも部活を辞めたいと思う時期もありました。部活の活動はもちろん、ウェイトトレーニング、食トレ、アメフトを勉強する時間、さらに学校の課題やアルバイトなど今まででは体験したことのない様な目まぐるしい日々が続き、夏が終わる頃には辞めたいという感情が強くなってきました。

それでも、私が辞めなかった理由は二つあります。
一つ目は、自分は今まで部活動に真剣に打ち込んだ事が無かったからです。中高とソフトテニスをやっていて、サボることなく部活をやっていたのですが、試合はどうせすぐ負けるから勝ちにこだわらなくていいと思っていました。どうせ負けるなら練習も流すだけでそんなに頑張らなくてもいいや、と。このことを高校生の最後の大会が終わって後悔していました。だから、EVERGREENでは楽な方に逃げず常に困難な選択をできるような人間になりたいと思って入部しました。辞めたいと思った時は自分がこの部活に入った理由を思い出し、二度と同じ後悔は繰り返さないようにと自分に言い聞かせてきました。

もう一つは、単純に試合に出てみてアメフトの本当の楽しさというものが分かったからです。初めて試合に出た時期は、自分が辞めようかと悩んでいた時期に重なりました。「この試合が終わったらみんなに辞めようか相談しよう。」と思っていました。しかし初めて試合に出て、特にこだわっていたタックルを綺麗に決めることができ、その達成感からアメフトの楽しさをもっと知ることが出来ました。アメフトの面白さは挑戦した人にしかわかりません。今も早く試合が出来る様にならないかと、うずうずしています。

「目標に向かって大勢で努力し嬉し涙を流すことは人生において、めったに起こらないことだ」と、中西コーチがおっしゃっていました。僕はこの仲間たちと全力で戦い目標を達成し嬉し涙を流すことが出来るなら、どんなに辛いことも頑張れる。そう思わせてくれたEVERGREENに入部したことは最高の選択だったと思います。

新入生のみなさんも一緒にEVERGREENで最高の経験をしてみませんか?
コロナウイルスが収束したら、ぜひ部活に遊びに来てください!

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

OL/LB#50 今巧海(写真右)

活動再開に向けて、今出来る事

現在の部活動の状況について、お知らせさせていただきます。
 
現在、石川県では緊急事態宣言が解除されたものの、金沢大学では、6/18まで遠隔授業が実施される予定です。
それに伴い、部活動の再開時期は今もなお、目途が立っていません。
 
しかし、活動が再開できる時には、万全の状態で再開できるように、私達は今できる準備を最大限にしておく必要があります。
 
オンラインでのミーティングや、自宅や公園で自分でできるトレーニングを行うことももちろんですが、部員の安全面においても、最大限の準備をしておかなければいけないと考えています。
 
普段の練習でも体温、睡眠時間、食事等をトレーナーが管理していますが、万全を期するために対策をしています。その中で今できる事として、私達は昨日から健康チェックシートを作成し、部員・コーチ全員の毎日の体温、健康状態を記録しております。活動が再開できると決まった時に、2週間の健康状態を示す事ができるためです。
 
また、他にできる事として、活動再開後もウイルス感染のリスクを抑えるために、部員のマスク、消毒液の確保等の準備をしておきたいと思います。
 
限られた時間、限られた条件の中で、どれだけ最大限のパフォーマンスができるかは今の私達の行動にかかっています。活動が再開される時に向けて、目標に向けて、今できる事を考え、実行してまいります。
 
今後ともご声援・ご支援の程、よろしくお願いいたします。
 
主務 豊福 真維(とよふく まい)

負けたくない

こんにちは、2年生の布施保晴です。
        
思い返せば入部してから二年生になるまで、あっという間の一年でした。新歓イベントのお菓子パーティーで入部を宣言したことは昨日のように思い出せます。アメフトのことなんて一切分からないのに、同期や先輩が面白そうだという理由だけで入部を決めました。

そんな自分がこの一年間アメフトを頑張れたのは「負けたくない」という気持ちを持っていたからです。同期はもちろん先輩たちにもそのような気持ちを持っていました。

この気持ちの原点は中学高校の部活動でやってきた柔道にあります。自分にとって柔道は、勝てれば気持ちがいいですが、負けると自分がやってきたことすべてが否定され、相手より劣っていると感じさせられるものでした。そんな悔しい思いをしたくないため中学高校では誰よりも練習を頑張れました。

アメフトはチームスポーツですが、切り取って見ると、ほとんどが一対一の戦いです。アメフトを始めた当初、一対一で戦う練習で先輩たちに手も足も出なくて、高校時代に味わった屈辱的な気持ちが湧いてきました。そのため、自分の負けず嫌い魂に火が付きました。早く先輩たちを倒したい。それだけを原動力に練習を乗り切り、気付けば先輩たちにもある程度勝てるようになり、試合にも出してもらえるようになっていました。

そんな中で迎えたのが昨年の、北陸リーグ最終戦の福井県立大学戦でした。どちらが勝つかわからない白熱した試合の末、金沢大学は負けました。この試合では自分の「個人」としては一対一で負けてはいませんでしたが、初めてチームとしての負けの悔しさを味わいました。試合が終わった後、周りのチームメイトが泣いているのを見て、やるせない気持ちになりました。この時味わった「もう二度と負けてこんな思いをしたくない」という気持ちが、アメフトを続けるもう一つの原動力となりました。

「一対一で負ける事の悔しさ」「チームとして敗北する事のやるせなさ」。この二つが力となって、今、コロナウイルスの影響で部活動が行えない状況でもモチベーションを保てています。いつ活動を再開できるかはわからないですが、自分自身とチームのために今できることを頑張ります。

OL/DL#91 布施保晴

アメフトを続ける理由

2年OL/LBの満田一輝です。

入部を決めてからもう1年が過ぎたと思うと、この1年間が相当早かったのだなということを実感します。まず、EVERGREENに入ることを決めたきっかけは、新歓イベントでした。参加した時に先輩たちが面白く、ここなら楽しくやっていけそうだなと思い、その場の直感で決めました。

部活動に参加してしばらくすると、先輩たちの練習やミーティングなどに対する真剣さを見て、楽しいだけでなく“本気で”部活動をやっているのだなと感じました。しかし、最初の2ヶ月の部活動をやっているモチベーションは同期とご飯に行ったり遊んだりすることで、なんとなく部活動をやっていたなと振り返って思います。

そんな中で、練習中に怪我をしました。この怪我をきっかけに自分の中での気持ちや考え方が大きく変わりました。自分が怪我をしている中、同期はどんどん試合に出て、中には主力として試合で活躍する人もいて、その姿を見て、思うように練習ができていないという状況に「自分は何をしてるんだろう」と、もどかしく思うようになりました。そして秋シーズン最終戦で福井県立大学に敗れ、私は何もできないままシーズンが終わりました。ただ、何も貢献できずに終わっていくことがとても辛かったです。来年はこんな思いをしたくない、自分がフィールドに立って、最前線でプレーをしたい、早く活躍したい、という気持ちがどんどん増していきました。

怪我を経験したことで、復帰してからは「練習できることは当たり前ではない、特別なことだ」と思いながら取り組めるようになりました。そして数ヶ月経ち2年生になりました。怪我をしていたからという言い訳はもう通用しません。入ってくる1年生にとっては先輩です。人の倍練習して、考えて、やっと追いつけるかどうかですが、より強くなって、上手くなって試合に出て活躍したいと思った以上、本気でやりきりたいと思います。自分が「アメフトを続ける理由」となるものを見つけられた1年だったと思います。

今は社会が大変な状況で思うようにできないこともたくさんあります。できることは限られていますが、やらなければ勝てないということは変わりません。勝って、「まだ見たことない景色」を見るために今できることを全力でやりたいと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

OL/LB#55 満田一輝(写真右)

理想の自分になれる部活動

私は自分がどうしてこの部活動に入ったのか、未だによく分かりません。1回しか新歓イベントに行かずに勧誘期間も終わりかけてしまい、なんとなく行ったEVERGREENの新歓で先輩に促されるまま、その場で入部を決めました。最初は先輩方と一緒に活動したり、同期と話したり遊んだりと部活動を楽しんでいましたが、それだけではやっていけなくなりました。マネージャーを続ける上で、大きな壁に当たったのです。

EVERGREENのマネージャーの仕事はグラウンド業務だけではありません。私が特に苦労したのは広報活動です。私はずっと広報活動の根本の考え方が理解できませんでした。概念や考え方を理解できない壁にぶつかりました。どうして広報活動をするのか、何のためにその企画をするのか、先輩の考え方に理解が追いつきませんでした。その頃は分からないが故に、なにも考えることもせず、与えられた仕事をこなすことしかできませんでした。なにか疑問や不満があっても誰にも言わず、自分の中に閉じ込めていました。こんなに大変で難しくて、何も言えない、苦しい思いをしながら部活動を続ける意味があるのかな、と思っていました。その時は部活動を続けたい、というよりも半年続けた部活動を今さら辞めたくないという理由で続けていました。

そんな私が部活動を続けようと思ったきっかけのひとつに、同期のマネージャーと本音で話し合うことが増えたことがあげられます。これまで自分の中に閉じ込めていたことを話し合える関係になったことは、私にとっても、きっと、彼女にとっても大きな転機となったと思います。そこから私は自分で部活動について考えることが増えていきました。どうしたら勝ちに繋がる行動が取れるのか、どうしたらもっと良いマネージャーになれるのか。良いマネージャーとは何か。自分で考えることが増えたことで、広報活動の概念も理解できるようになり、少しずつ自分に自信が持てるようになりました。そして、先輩にも自分の思ったことを閉じ込めずに言えるようになっていきました。

一年間部活動を続けて、自分を一歩成長させることができたと感じました。私は周りを見ることができ、頼ってもらえるような人間になりたいと思っています。そして、この部活動を続けることで必ず理想に近づけると確信しています。4年間続けたらどれほど成長できるのか、今はそれが楽しみです。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

MGR#090 夏目実桜(写真右)

自分の芯

新入生の皆さん、こんにちは。最近は、家の中にいる時間が多く、どんな大学生活にしようかなと考えている方も多いことでしょう。去年の今頃の僕は、やりたいことも特に決まっていなかったので、色んな人にどうしてそれをしているのですかとか、それをしていて良かったですかと、聞いていました。きっと、僕みたいな新入生もいるかもしれないので、僕がなぜ今この部活動にいるのかを書きたいと思います。

自分が大学で部活動をしようと思った一番の理由は、「自分の芯になるもの」が欲しかったからです。4年後自分が社会に出た時に、やりたいことがなく、ふらふらと人の言われたことだけをやるのは嫌だと思っていました。そこで、4年間モチベーションを持って続けられそうで、自分の足りないところと向き合い、将来やりたい事のきっかけが見つけられそうなアメフト部に入部することを決めました。

最初はこのように意気込んで部活動を始めましたが、すぐに自分にはアメフトの適性がないことに気付きました。人に当たる恐怖心、相手との圧倒的な体格差。元々の「ビビリ」な気質もアメフトでは特に影響されました。

しかし、アメフトは辞められませんでした。なぜなら、「出来ないと思っていたことが出来るようになった成功体験が欲しい」という思いがあったからです。これまで、なにかこれをしたい、と思うものがあっても、一度、自分には出来ないなと思うと、自然とモチベーションが落ちてしまい、無意識のうちに自分の出来る事、やりたい事を狭めてしまうことが多くありました。だから、才能がないから無理だ、と思ったことを諦めずに乗り越える経験によって、これからの自分に自信が欲しいと思いました。

ですが、綺麗事だけ並べても現実は上手くいきません。「ビビり」の気質はすぐに克服することはできませんでした。怪我の影響もあって、モチベーションは落ちていきました。このまま、このチームにいても、自分にもみんなにも良い影響は与えないのではないか、とも思いました。

しかし、この考えはなくなりました。昨シーズンの北陸リーグ最終戦。7-14で福井県立大学の勝利。試合の後、同期、先輩が声を出して泣いている。自分はこの日の為にチームのために何か貢献できたわけでもないので、悔しいとか悲しいという感情よりも、「次のシーズンこそ」という気持ちのほうが大きかったと思います。試合後の雰囲気の中で、自分も仲間と本気で一つのものを目指してみたい、自分が求めていたものはこれかもしれない、これを経験してみたい、と周りとは違った感情を持ちました。「アメフトをやる意味」を見出せた瞬間でした。

あれから、もう半年が経ち色々考えることはありますが、まだこのチームに貢献できていないし、自分自身も確かな大きなものは得られていません。将来のことはまだ定まっていませんが、アメフト部での活動は自分を成長させるいい機会だと感じるので、成功するための物事への取り組み方や、自分のコントロールの仕方、他人との協力の仕方なども、残りの3年間で学んでいこうと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

WR/LB#30 山本耕大(写真右)

アメフトをする意義

2年RB/DBの佐藤魁和です。

新しい1年が始まりましたが、コロナウイルスにより、様々な自粛を余儀なくされ、例年にはない厳しい一年になりそうです。アメフト部も練習ができない中、先を見据え万全の状態で再開できるよう、一人一人ができることを精一杯やっています。こんなご時世なので家でアメフトについてじっくり考えられる時間が増え、自分がチームにどのようにして貢献していくか、どうすれば練習でできなかったことを修正できるかなどを深く考えるようになりました。

僕が入学したときは正直、アメフト部に入るなんて全く考えていませんでした。部員の中でもそういう人が圧倒的に多いと思います。新しい生活が始まり、一人暮らしや友達のいない新しい環境など初めて尽くしで不安の多い時期ではありましたが、大学では何か新しいことを初めてみたいと考えていたので、新歓でとても雰囲気の良かったアメフト部に入りました。

最初の頃は、アメフトに関して何の知識もないまま入り、わからないことだらけで不安でしたが、アメフトについてのルールや戦略、面白さなどを0から知り、分からないながらも試行錯誤してやっていくうちに自然と、部活動という「勝ちを目指す集団」の中で活動をすることが楽しく感じるようになりました。EVERGREENでは、強い精神力を鍛える事、実践で通用するようなスキルを繰り返し考え、実践するような探求心を持つ事、一つの集団が同じ目標を目指し協力し合う事の素晴らしさなどを一年間の活動で強く感じました。今ではアメフトについて考える時間も多くなり、一年間を通してより良くしようと前向きに考えることも多くなりました。

チームスポーツであるアメフトをすることで身につくこと、考えさせられることはたくさんあります。社会に出ていくうえで必要なこともたくさん学べています。一度きりの大学生活で、このような大事なことを学べる環境は、とても有意義だと感じています。これからも意義のある時間を過ごしていきたいと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

RB/DB #24 佐藤魁和(かいと)

楽より楽しい

こんにちは、新2年トレーナーの根本陽透(ねもと はると)と申します。

コロナウイルスの影響で思うように活動ができていませんが、「新歓の時期」ということで、僕はこの文の中で、新入生の皆さんが抱いているであろう質問に答えたいと思います。

「どうして大学でも部活動をしているんですか?」

人生の夏休みとも形容される大学四年間を部活動に費やす。これを聞くと部活動に全力を注ぐ僕たちが不思議に思えるかもしれません。授業の課題には追われるし、バイトもあります。

けれど、一年間を振り返ってみると、部活動を通して自分は成長していたことに気づいたのです。それも座学では決して身に付けることのできないものでした。

部活動に入って痛感したことは、「自分の居場所は、自分で作らなければいけない」ということです。誰かに信頼され、求められている人は、自分で問題を見つけて解決策を考え、行動に移していました。高校で椅子に座って勉強していただけの僕には、問題を見つけてもそこからどうすればいいか分からない。ましてや実際に行動に移すことはなおさらできませんでした。

しかし、そのような人たちの行動を見て、聞いて、実際に試してみることで、僕にはなかった「自主性」が出てきたのです。

僕が実際にやってみたことは、自分の得意なことである「情報をまとめ、見やすくする」

ことです。これまで細かいルール改変が多いトレーナー業務において、順次更新されるマニュアルのようなものはありませんでした。そこで、ルールや役割をまとめたガイドラインを作成し、トレーナー全員に共有しました。これを見ながら次の日の、自分達の役割や流れを全員で共有しやすくなり、仕事がスムーズに行えるようになりました。これをきっかけに、ミーティングで議事録を任されることもありました。

これは小さな一歩かもしれませんが、自分の起こした行動がチームの役に立つ。これは、以前の指示待ちだった自分と比べると大きな成長だったと思います。

その中で見つけた、僕が部活を続けようと思った言葉をお伝えします。

「楽と楽しいは別」

やりがいを見失っている旨をコーチに伝えたとき、「一度自分と向き合いなさい」と言われました。そこで自分の中をよく振り返って、紙に書き出してみたり、大学一年間の日記やメモ書きを改めて読み返してみたりしました。ここで、さっきの言葉と出会い、気付きました。

「これは楽な方に逃げている、楽なことは悪くはないが、楽は楽しいにはなり得ない」と思いました。楽では充実も達成も成長も、スリルもドキドキもない。学校では学べないようなことを体験する充実感、実際に行動してみるドキドキ、過去の自分はこれを求めていたのだ、と認識できました。

「どうして大学でも部活をしているんですか?」

この答えは、『この部活は学校や日常生活においてはできないような成長を実感できる場だから』です。

大学の授業では教えてはくれない経験が、EVERGREENではできます。

授業では成し得ない成長ができる環境が、EVERGREENにはあります。

その仲間に皆さんが加わることを心からお待ちしています。

一緒に大学生活を楽しいものにしましょう。

TR#030 根本陽透(ねもとはると)

 

アメフトを始めてみて

こんにちは、新2年の岡村南です。

思い返してみれば大学1年の大半はアメフトに時間を費やしていた気がします。僕がアメフト部に入った理由は結構シンプルで、「大学から新しいことを始めようと思っていて、試しにアメフト部に行ったら新歓が楽しかったから」です。最終的には先輩にご飯に連れて行ってもらったときに、その場のノリで入部宣言しました。この時点では、「4年間それなりに部活動をやっていくんだなあ」、くらいにしか思っていませんでした。

しかし、その考えはすぐに覆されます。入部して活動が始まると部活の本気さに驚かされました。新歓の時はわいわいしていた先輩も、練習の時だけではなくウエイトの時もミーティングの時も、真剣なまなざしで普段の生活から目標に向かって全力で取り組んでいました。

最初の頃は初めてのスポーツということで色々吸収できることも多く、楽しく取り組んでいました。何をやっても新しいことだらけで、とても楽しかったことを覚えています。しかし、段々と、アメフトに対して時間を使うことが嫌になってきました。体力的についていけない、ミーティング、ウエイト、食事トレーニングもある、家でもアメフトの勉強をしなければならない。大学の課題もやらなければならない。自分が自由に使える時間がどんどん減っていく感覚がしました。この時期は正直辛かったです。部活を辞めていく同期もいたし、何をモチベーションに取り組んでいけばいいのか分かりませんでした。

でも僕は辞めませんでした。それは、ただただ弱い自分に負けるのが嫌だったからです。それだけは絶対に嫌でした。アメフトを始めて数か月、まだ何も得ることができていませんでした。ここで辞めたら一生後悔すると思いました。そして、やるなら本気でやる、試合で活躍してやる。そういう気持ちで取り組むようになりました。また、同期の存在も大きかったです。辛いときはかなり支えになる、本当に大切な仲間です。

この1年間だけでも、この部活からは多くのことを学びました。責任範囲について、物事への取り組み方、1つの組織をまとめ、目標を達成することの難しさ。こういったことを学べる機会はそうあるものではないし、これからの人生において絶対に役立つものだと思います。

今ではアメフトは生活の一部です。アメフトへ時間を使うことに、なんのためらいもありません。前シーズンは怪我をして思うような活躍ができなかったので、今年こそは飛躍の年に。アメフトにせよ普段の生活にせよ、目の前にあることからしっかり全力で取り組んでいきます。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

WR/DB#26 岡村南(写真中央)