4年間の感謝を込めて。

10/27(日)に行われた北陸リーグ最終戦である福井県立大学戦は7-14で敗戦し、この試合を持ちまして、2019EVERGREENは終了いたしました。
 
私達は2017、2018と2年連続、西南学院大学GreenDolphinsに敗れてきました。その悔しさを胸に、2019EVERGREENは「打倒九州」を目標に掲げ、始動しました。
 
しかし、新チームでの春シーズンの試合の結果は、どれも到底満足のいくものではありませんでした。がむしゃらに練習しているのに勝てない。主将としての自信を失い、それがチームの雰囲気にも伝わっていき、とても苦しい日々を過ごしました。
 
「4年としての覚悟が足りない。」
私たちの学年は、何度もこの言葉を言われました。4年で話し、コーチと話し、下級生とも話し、私たちにできることは、「毎回の練習が勝負だと思って声を出し続け、自分の責任を全うすること」でした。それから夏合宿を越え、秋シーズンに入っていくにつれて、自分の意志を持って自ら行動する1年生も増え始め、他にもどんどん上達しチームに貢献していく下級生が、本当に頼もしかったです。
 
そして迎えた福井県立大学戦。九州に挑戦するためには絶対に負けてはいけない、北陸リーグ最後の試合でした。この日に向けて、最後の1ヶ月は時間・日程の許す限りできることを全て行い、「これで負けたら仕方ない。」と言える行いを常にしてきました。下級生の中からも「今年がラストシーズンだと思って取り組む。」と言葉にしてくれた者もいました。このとき初めて、チームが同じ方向を見て1つになっていることを感じていました。
 
しかし結果は、あと一歩のところで力及ばず敗北してしまいました。「がむしゃらに頑張っている。」ただそれだけで勝てるほど勝負の世界、フットボールの世界は甘くない。結果が全て。そう強く思わせられた1年でした。けれど、チームが1つとなって追い込んだ最後の1ヶ月間に間違いはなかったと、胸を張って言えます。
 
最後の試合が終わり、スタンドから聞こえてくる拍手、OBの方々・親族・友人などの声援や笑顔。試合には負けてしまいましたが、私たちを迎えてくれた最後のあの光景は、私にとって一生の宝物です。この1年間、私たちが目標に向けて全力で活動を続けることができたのは、皆さまの熱いご支援・ご声援のおかげです。本当にありがとうございました。
 
現3年生を中心に、すでに新チームは動き始めようとしています。今年私たち4年ができなかったこと、勝つために必要なことを、彼らなら絶対に成し遂げてくれると確信しています。さらに成長した2020EVEREGREENをもって来年度は突き進んでいくと思いますので、引き続きご支援・ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
2019EVERGREEN 主将 橘建志
 

秋季リーグ 最終節vs福井県立大学

2019年10月27日(日)に行われた北陸リーグ優勝決定戦VS福井県立大学WILDERSとの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q
福井県立大学のキックで試合開始。金沢大学自陣25yd地点より攻撃開始。QB#8江畑、RB#2堀のランによりフレッシュ更新するも、後が続かずパントを選択。福井県立自陣29yd地点より攻撃開始。45ydのロングパスを通され、一気に福井県立敵陣にて1st down。勢いに乗った福井県立の攻撃を止めることができずそのままTD。PATは失敗し金沢0-6福井県立。福井県立のキックで試合再開。金沢自陣24yd地点より攻撃開始。ランプレーを試みるも福井県立の守備に阻まれフレッシュをとれずパントを選択。攻守交替し福井県立自陣47yd地点より攻撃開始。パスを通され福井県立敵陣38yd地点まで攻め込むが、ここでDB#13東がインターセプト。攻守交替して金沢自陣27yd地点より攻撃開始。QB#8江畑のランでゲインしたところで第1Q終了。

2Q
金沢自陣32yd地点より攻撃再開。ランプレーで攻めるも福井県立の守備を突破できずパントを選択。福井県立敵陣45yd地点より攻撃開始。パスやQBキープなどでフレッシュを獲得されるも、LB#42金井のナイスタックルやDBの奮闘により4th downに持ち込む。FGの構えからのパスを通されたが、フレッシュ獲得には至らず攻守交替して金沢自陣19yd地点より攻撃開始。QB#8江畑、RB#28中山のランなどでフレッシュを2度獲得するも後が続かずパントを選択。しかしこのパントがブロックされ陣地を回復できずに攻守交替、福井県立敵陣32yd地点より攻撃開始。金沢の守備が意地を見せ1,2downを少しのゲインに封じ3rd downでDL#74布施がQBサック。フレッシュを獲得させず、福井県立はパントを選択。金沢自陣3yd地点より攻撃開始。ランプレーで時間を使い切り第2Q終了。

3Q
金沢のキックで試合再開。福井県立自陣30yd地点より攻撃開始。ここは金沢の守備の集まりがよく、フレッシュを獲得されることなくパントにより攻守交替。金沢自陣42yd地点より攻撃開始。QB#8江畑のランなどで攻めるも1st down獲得には至らずパントを選択。攻守交替し、福井県立自陣20yd地点より攻撃開始。最初のプレーでゲインされるが、次のプレーでLB#56黒川のロスタックルで流れを引き寄せ、続く3rd downでDB#13東がインターセプト。攻守交替し、金沢敵陣25yd地点と絶好の位置から攻撃開始。QB#6金和からRB#2堀へのスクリーンパスなどでフレッシュを獲得し、その後はQBの位置に入ったRB#2堀のランで押し込み4th down to Goal残り1ydとなる。最後はRB#2堀がエンドゾーンに突っ込みTD。K#37相崎がPATを決め、金沢7-6福井県立。金沢のキックにより試合再開。福井県立自陣40yd地点より攻撃開始。パスで大きくゲインされ福井県立敵陣39yd地点まで攻め込む。その後33ydパスを通されTD。PATの2pointプレーも防ぐことができず、金沢7-14福井県立。福井県立のキックにより試合再開。ここで第3Q終了。

4Q
雌雄を決する第4Q、金沢自陣35yd地点より攻撃開始。ランプレーを立て続けに試みるも福井県立の守備を破れずパントを選択。攻守交替し福井県立自陣30yd地点より攻撃開始。福井県立の攻撃を止められずフレッシュを立て続けにとられ、福井県立敵陣5ydまで攻め込む。しかしDL#52橘のナイスタックルなどで耐えしのぎ、4th down to goal残り5ydで福井県立はFGを選択。このFGが外れ攻守交替、金沢自陣20yd地点より攻撃開始。QB#6金和からRB#22前田、WR#14菅原へのパスが立て続けに決まり敵陣39yd地点まで攻め込む。しかしその後QB#6金和の投じたパスは福井県立にインターセプトされ攻守交替。福井県立自陣20yd地点より攻撃開始。福井県立がそのまま時間を使い切り、最後はニーダウンで試合終了。

金沢7-14福井県立

試合の残り時間が0秒になり、EVERGREENの負けが決まった瞬間、「負けた」という現実と同時に、「僕たちの1年間が、相手の1年間より甘かったのだ」という事実を、結果によって目の前に突きつけられました。

勝敗を決めるのは試合の2時間ではなく、そこに至るまでの過程です。自分たちが口にした目標、その目標を達成するに値する行動を日々積み上げられてきたかどうかです。僕達は「勝つべくして勝つ」、そのために不安要素を1つ1つ潰し自分たちは何を強みにして戦うのか、考え抜いて準備してきましたが、勝つことはできませんでした。おそらく、その準備の過程の中で、足りないものが多くあったのだと思います。

この試合のみならず、OB/OGの皆様や保護者の皆様をはじめ多くの方の応援があったからこそ僕たちは1年間戦い抜くことができました。本当にありがとうございました。勝利という形で応えることができず、申し訳ないという気持ちでいっぱいです。これからは4年生が残してくれたものを僕たち後輩が引き継ぎ、勝つべくして勝つチームを作れるように日々戦っていきます。今後とも応援よろしくお願いいたします。

QB#6 金和達也

勝ちたい

「負けるのが怖い」
私はこの気持ちを最近初めて知りました。今もずっと頭を離れません。

今年のチームの中で私たち4年生は唯一、福井県立大学に負けて北陸リーグで優勝できなかった経験があります。その悔しさがわかるからこそできることがあると言われることが何度もありました。しかし、私にはそれがずっと理解できませんでした。それはきっと、本当の意味で戦って、本当の意味で負けていなかったからです。

入部当初は「一生懸命な選手をそばでサポートできるマネージャーってなんて素敵な役割なんだろう」と思っていました。グラウンドでその日の自分の役割を実行し、目に入ったできそうなことをやってみて「ありがとう」「気が利くね」と言われることに喜びを感じていました。今振り返ってみると、お手伝いさんのような存在だったと思いますし、本質を捉えていない上辺の喜びでした。

しかし今は違います。マネージャーもチームの一員として、重要な役割があると思っています。“自分もチームを変えられる“、そう思ったとき、私は初めてチームの一員になった気がしました。目の前にある課題をただ解決するだけではなく、「勝つためには」「勝ちにふさわしいチームをつくるためには」という視点から、自分にできること、マネージャーユニットでできることを探し、実行してきました。私だけでなく、マネージャー8人が全員この視点を持って活動してきました。

私たちマネージャーの業務は今やグラウンドのみにとどまりません。少しでも選手の時間をつくれるようにと始めたスカウティング業務、より多くの方に応援されるチームをつくるための広報活動など、グラウンドにいない時間も私たちのフィールドで戦っています。選手は練習時間外でも筋トレやスカウティングをしているのにマネージャーは何もしていないという引け目はありません。マネージャーは試合のフィールドには立たない一つのポジションです。

試合当日、マネージャーは点を取ることはできません。どれだけ勝ちたいと思っても、勝ちに直結する何かをできるわけではありません。でも、それが出来る選手たちを送り出す準備はやり尽くしました。今までやってきたことを信じて、選手を信じて、私たちマネージャーもサイドラインで共に闘います。

MGR#083(主務/MGRリーダー)

浜谷 和希(写真左)

 

勝利で応える

こんにちは。3回生 RB/DBの堀です。

最近は朝も冷え込む季節になりました。私はまだ夏用の布団で寝ているのですが、そろそろ限界を感じてきました。風邪を引く前に実家から冬用の布団を送ってもらおうと思います。

9月にリーグ戦が開幕し、早い事に今週末には福井県立大学との最終節です。私は先週くらいに、母に手紙を書きました。 “この部活に入って、他ではできない経験をたくさん積んでいます。大学に行かせてくれて、アメフトをさせてくれて、応援もしてくれてありがとう。” と書きました。

そして先日、ポストに実家から封筒が届いていました。中の手紙に、 “金沢大学に行かせてよかったです。次の試合も楽しみにしています。” と書かれていました。そのとき、改めて自分はいろいろな人に支えられてアメフトができているんだと思いました。そして同時に、その人たちの気持ちに応えるためには勝利しかないと強く感じました。

10/27(日)に行われる福井県立大学との最終節では、私を、EVERGREENを支えてくださっている多くの方々の気持ちに応えるために、私はエンドゾーンに向かってボールを進め続けます。

応援よろしくお願いします。

RB/DB#2 堀恵輔

ダンケシェーン(ありがとう)

こんにちは。3回生OL/DLの船山です。

最近は太陽が出ていても肌寒いと感じ、いよいよ冬が近づいているのだなと感じています。金沢での冬にはいい思い出がないので、刻々と迫る冬の気配に怯えて過ごす毎日です。

同じような毎日を送っていると、いつしかそれを「当たり前」だと感じてしまうことがよくあります。僕の場合は、朝起きて大学へ授業を受けに行き、ご飯を食べてアメフトをやってまた寝る。こんな生活をしています。しかしよくよく考えてみると、この「当たり前」の生活は自分一人では出来ないのです。お父さんお母さんのおかげで大学に通うことができ、ここまで好きなアメフトを続けられ、ご飯を作ってくれる人がいるから美味しいご飯を毎日食べられる。周りの人に助けられ日々を過ごしているのです。

アメフトも同じです。コーチやOBOGさんが練習を見にきて指導もしてくれて、マネージャーがコートを作ってくれたり部の運営をしてくれています。トレーナーは怪我をしないようにテーピングを巻いてくれて食事や体調まで管理してくれています。そして隣には一緒に辛い練習に励む仲間がいます。見渡せば多くの人が僕の毎日のアメフトライフを支えてくれています。

そこで僕が意識しているのは「ありがとう」と伝えることです。ことあるごとに些細なことでも「ありがとう」と言うようにしています。 「ありがとう」とは感謝を伝える言葉ですが、その対義語は「当たり前」なのです。ちょっと意外ですね。今の日々を「当たり前」だと感じてしまっている人は今一度周りを見渡してみてください。「ありがとう」を伝えなきゃならない人がいっぱいいるのではないでしょうか。

長々と話してしまいましたが、次は北陸リーグ山場となる福井県立大学戦です。新チーム発足から約1年、大勢の人達に支えられてここまで来ました。EVERGREENを支えて来てくれた人達に「ありがとう」を伝えるために今僕たちがしなければならないことは、勝つことです。次の試合、必ず勝って全国トーナメントへの切符を手に入れます。そして胸を張って堂々と言わせてください。「応援、ありがとうございました」と。

OL/DL#64 船山裕矢

幹部選手による決意表明

 
10月27日(日)秋季リーグ最終戦 vs福井県立大学戦に向け、幹部選手による決意表明を公開いたします。
 
 
私達の本気を、お伝えします。
 
 
下記URLより、各幹部選手の決意表明をご覧ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
オフェンスリーダー #6金和達也 http://kanazawa-evergreen.com/blog-20191019-3/
 
ディフェンスリーダー #77鈴木汐那 http://kanazawa-evergreen.com/blog-20191019-2/
 
キッキングリーダー #37相崎展輝 http://kanazawa-evergreen.com/blog-20191019-1/
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

決意表明【主将 #99橘建志】

 大学からアメフトを始めて、4年目を迎えた最後のシーズンも早いことにもう終盤を迎えようとしています。

 このチームの主将を務めて10ヶ月が経ちました。去年の冬から振り返ってみると、私は本当に頼りない主将であったと思います。「自分で考えていない兵隊」「他人に興味がないからチームがまとまらない」「4年としての覚悟ができていない」春からずっと同じようなことを言われ続けてきました。「打倒九州」という目標を掲げ始動したチームであったはずなのに、春から夏に入っていくにつれて、バラバラでい続けていたことが露呈していく状況が本当に辛かったです。皆、危機感を持ってこのチームを良くしようと一生懸命でしたが、ただそれは別々の方向を向いていました。「このままでは勝てない。」そう思いました。

 「皆、頑張っている」と自分に言い聞かせ、その方向をまとめることから逃げていた自分は、もういません。「チーム全体」という言葉に逃げずに個人と向き合い気持ちを伝え、4年としての、主将としての姿勢を見せていくことで、勝てる仲間を、勝てるチームを作り続けます。そしてこんな私を支えてくれて、いらない苦労までかけてしまった同期や、言わせたくないことまで言わせてしまい一生懸命考えて行動し続けてくれた後輩に、最後は主将として「勝利」で応えます。

 全員が本当の意味で一つになったチームで、まず目の前の福井県立大戦に全力を出して必ず勝利を掴み、九州への切符を手に入れます

 試合当日はぜひ会場で私たちが1年間作り上げてきたEVERGREENの勇姿をご覧ください。応援よろしくお願いいたします。

2019EVERGREEN 主将

#99橘建志

決意表明【副将 #51井川創太】

 私は、今まで尊敬してきた先輩を自分が勝たせたいと思ったように、後輩から勝たせたいと思われる先輩を目指し、副将を立候補しました。しかし、6月に行われた3,4年生のミーティングで、3年生から、「4年同士がまとまっていなく、本当の仲間になれていない。こんな4年に付いていきたくないし、誰も4年のためにアメフトをしていない。」と言われました。自分が尊敬してきた先輩とのギャップを大きく感じ、自分の副将としての存在意義を見失いました。変わりたいのに変われないことに葛藤し、楽しかったアメフトも嫌いになり、その理由を考えようとしても辛くなり考え抜くことから逃げようとした時もありました。

 しかし、夏の合同練習や夏合宿を経て、「やっぱりアメフトは楽しい、LBとして、OLとしても今まで以上に成長したい」と思うようになりました。夏合宿でコーチにリーダーについて話してもらい、納得感を持って引退するために、夏合宿後にスケッチブックにLBとして、OLとして、副将として、このまま引退したら後悔することやチームの潰すべき課題を思いつくだけ書き出し1つずつ潰すことにしました。これにより、日々少しずつ自分の成長を感じる一方で、新たに生まれる課題に試行錯誤を繰り返しました。

 北陸秋シーズンも残すは北陸王者決定戦である福井県立大戦のみです。秋シーズンが開幕し、これまでの福井大戦、富山大戦はどちらも接戦でした。これらは怪我人の多さが問題ではなく、プレーの完成度の低さ、チームのまとまりのなさが要因だと思います。打倒西南を達成するためには、次戦の福井県立大戦に勝利することは必須です。そのためにも学年問わずチーム全員が「福井県立大学を倒す」という、同じ方向を向かなければなりません。

 そのために副将として、「勝ち」に繋がる全ての準備を最後までやりきります。相手が福井県立大なら本当に止まっているか、先制点をとられるかもしれない、いきなりオンサイドキックをしてくるかもしれないなど、想定される最悪の場面や福井県立大に勝つにふさわしい努力をできているかを日々考え、試合を想定した練習で考えられる課題を潰していきます。10/27には全員が「ここまでやりきったから勝てる」と自信を持ち、チーム一丸となって臨めるようにします。決して簡単なことではありませんが、ここまで築きあげて頂いたOBさん、付いてきてくれた後輩たち、打倒西南を成し遂げるという目標のためにも、福井県立大学を打ち負かすにふさわしい努力を最後の最後まで続けていきます。

 10/27(日)福井県立大学戦、必ず勝ちます。応援宜しくお願いします。

2019EVERGREEN 副将

#51井川創太

決意表明【オフェンスリーダー #6金和達也】

 西南学院のニーダウンで試合が終了、結果は金沢13-24西南。僕は会場を後にする前に誰もいないフィールドを目に焼き付けました。「来年は俺がチームを変えて勝つ。どんな辛いことを乗り越えてでも勝ちたい。」絶対にオフェンスを強くしてやろうと思っていたし自分ならできるという自信がありました。

 しかし、そんな自信はすぐに打ち砕かれ、春に行われたどの試合でも思うようなオフェンスができず結果を出すことはできませんでした。僕はけがでプレーできない歯がゆさ、リーダーとしてオフェンスチームのクオリティを上げられない不甲斐なさでいっぱいでした。エンドゾーンが遠く感じて本当に辛かったです。それから夏合宿を経て秋シーズンに入り、チームは福井大学,富山大学に勝利はしたものの、オフェンスリーダーとしての自分の望むレベルの完成度ではなく、苦しい状態が続きました。

 秋の2試合を経て、1つの試合に勝つことの難しさを強く感じました。普段の練習で同じミスが繰り返される、他人がミスしても自分には関係ないと思って指摘しあえない、そんな空気がチームにはありました。けれど、人任せで勝てるほどフットボールはぬるくありません。僕自身が、そして1人1人が、チームを勝利に導くために、「僕が変える」「自分がやる」という覚悟を持ち、チームを勝利に導きます。

 次戦の10/27(日)福井県立大学戦は打倒九州を目指す僕たちにとって、絶対に負けられない一戦です。僕はオフェンスリーダーとして、オフェンスで負けにつながる不安要素を消し、どういうゲームプランで福井県立大学に勝つかの共通認識をオフェンスメンバー全員に持たせて準備をし、試合では相手より多くのタッチダウンを取り必ず勝利します。応援、よろしくお願いいたします。

2019EVERGREENオフェンスリーダー

#6金和達也

決意表明【ディフェンスリーダー #77鈴木汐那】

 私個人としては、春シーズンはここ数年で最悪でした。人数不足であわや棄権、天候不良で試合中止、関学との合同練習も中止。すべてが自分の敵のように思えました。6月ころには4年全体が3年全体に苦言を呈されるミーティングもありました。「まだまだ、もっと本気でもっとやらなあかん。」そう胸に誓いなおしました。

 私たちの学年は、今の現役の中で唯一リーグ戦での敗戦を経験しています。負けてむなしく過ごす虚しいシーズンの辛さを知っています。だからこそ私は、そんなシーズンで終えることは絶対にしたくない。あの空虚な時間を後輩たちにも経験させたくない。そのために私は、リーグ戦すべてを勝利で終え、「北陸王者」であり続けなければいけないのです。

 そしてすでに勝負の秋シーズンは開幕しています。目標達成まで勝ち続けなきゃならない、負けられない日々です。さらに次戦は大一番です。私はEVERGREENのディフェンスリーダーとして、福井県立大戦を0点に抑えるディフェンスをつくります。0点に抑えることは並大抵のことではないと思います。0点に抑えるには連続でフレッシュされることはあってはいけません。被インターセプトも被ファンブルリカバーもダメ。自陣30ヤードにも入られることも許されません。しかし、アサインメントとスキームをディフェンスチームに徹底させ、その厳しい条件を必ずクリアします。1ヤードでも、1mmでも前でキャリアをタックルし続け、金沢大学EVERGREENはディフェンスで福井県立大に勝利します。

 その勝利の先に私たちが目標として掲げてきた九州代表が待っています。彼らにリベンジするためにも来る大一番を落とすわけにはいきません。当日はぜひ、EVERGREENが完封で勝利するシーンを会場に見に来てください。

2019EVERGREEN ディフェンスリーダー

#77鈴木汐那