福井大学戦レポート-初の試み-

先日の福井大学戦では、EVERGREENとして初の試みを2つ行いました。

——————————————————-

①試合後のお見送り

試合直後、部員が出口付近に整列し、観に来て頂いた方をお見送りさせていただきました。

北陸においてはアメフト自体の認知度がまだまだ低い現状があります。そんな中でも、決して多くはないものの私たちの試合を観に来てくださる観客の方々がいます。そんな方達に、私たちの感謝の気持ちを伝えられる方法はないのか考えました。

「応援、ありがとうございました。」
通常は、試合後のスタンドに向けたたった1回の挨拶だけで終えてしまっています。
けれどそれじゃ足りない。もっと1人1人に直接想いを伝えたい。より近くで。そう思いました。

そんな時、Xリーグのチームが試合直後に出入り口付近に選手たちが集まり、お見送りを行っているという話を聞きました。「これだ。」と思いました。

お見送りでお会いできた皆様。
我々が集まるまでの間、お待たせしてしまい申し訳ありません。観戦後お疲れの中、お待ちいただき、私たちとお会いくださいまして、本当にありがとうございました。

いつも応援してくださっている方々に、直接感謝の思いを伝えることができる時間を、これからも引き続き大切にしてまいります。これからも会場に足をお運びいただけますと幸いです。

——————————————————-

②吹奏楽による応援

金沢大学付属高等学校の吹奏楽部の皆様が応援演奏に来てくださいました。

我々を応援してくださる方々の中には、アメフトのルールがわからなくても会場に来てくれる方もいらっしゃいます。そういった方達のために、ルールの詳しさに関わらず、誰もが楽しく過ごせる試合会場を作り上げられないかと思い立ちました。

もし吹奏楽が応援に加わることができたなら、会場が盛り上がりますし、ちょっとした声を出しやすくなったり、チャンスで手拍子をして参加している感覚を楽しんで頂けるかもしれません。

また、高校生たちにとっても、自分たちの演奏が選手に力を与え、背中を押す。そんな場をチームとして提供できるのであれば、喜んでもらえたりはしないか。そう思い、お声がけさせていただきました。

大学生と、高校生。アメフトと、吹奏楽。やっていることも立場も違うけれど、同じ地域で暮らす者同士が連携し、お互いの力を合わせてより大きなものを生み出すことができたなら、この地域や、応援してくださっている人たちにも、恩返しができると思います。

誰もが楽しく過ごせる試合会場という理想にはまだまだ遠いですが、これからもできることを1つずつ積み重ねてまいります。

金大付属吹奏楽部の皆様。
皆さんにとって、胸を張って演奏できる場所にできるように、球場で演奏をすることに誇りをもってきてもらえるように今後の試合も全力で戦い抜きます。どうか力を貸してください。

この度は、お越しいただきありがとうございました。

——————————————————

【まとめ】

どちらの試みも、「こんなことやってみたい。」「こんなのやったらいんじゃないか。」という、ちょっとした願望から生まれたものです。

けれど、実際にその1つ1つを実現するには、手間も時間もかかり、簡単なことではない事に気が付きました。

それでも私は、EVERGREENが、多くの人の思いを背負って正々堂々と戦うチーム、勝ちにふさわしいチームになるためなら、みんなと一緒に、これからもどんな事にも挑戦していきたいと思っています。

チームの一人一人が、前節よりも成長した姿を、毎試合皆さんにお見せできるよう日々毎日を真剣に戦います。ぜひ会場でその姿をご覧いただけますと幸いです。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

3年マネージャー 豊福真維
tymi0406@gmail.com

差し入れのお礼

先日の福井大学戦にて、2002年度に卒業された水野様と島田様よりチオビタドリンク等の差し入れをいただきました。ありがとうございます。

2002年ということは、17年前に当たります。卒業して長い年月がたった今も、東京や大阪から試合に足を運んでくださり、とても嬉しく思いました。

私達の成長の糧となっているのは、指導してくださる監督・コーチや保護者の皆様だけでなく、直接顔を合わせたことはないけれど、いつも金沢や色んな地域から支えてくださっている沢山のOB/OGさんの存在であり、感謝の気持ちでいっぱいです。

福井大学戦では、30-6で勝利を収めました。結果だけを見れば、秋季リーグ2勝目。ですが、EVERGREENとしての課題がまだまだ多くあることを痛感した日でありました。富山大学戦まで残り8日間、全てを洗い出し完成度を高めてまいります。

また今年は創部40周年の節目の年であります。様々な新しいことに挑戦し進化していくEVERGREENの姿を、是非より多くの方々に見ていただきたいです。

次の試合は9/28(土)vs富山大学11:40kickoff@金沢市営球技場です。

ご来場、心よりお待ちしております。

※次戦に関する情報については、今後も追加でお届けしてまいります。

写真左から島田様、水野様

秋季リーグ 第2節 VS福井大学

2019年9月16日(月)に行われた秋季リーグ戦VS福井大学SILVER PHOENIXとの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q
福井大学のキックで試合開始。金沢大学、自陣46ydより攻撃開始。#99橘や#14菅原へのパスや#22前田のランで敵陣へ攻めこむも、敵陣25yd地点でのギャンブル失敗で攻守交代。福井の攻撃。#14菅原のボールを掻きだすタックルで相手ファンブルロスト、攻守交代。しかし続く攻撃をインターセプトされ再び攻守交代。その次のプレーでは相手のスナップミスを確保し三度攻守交代。金沢が攻撃で攻めこむもファンブルで再度攻守交代。続く福井の攻撃を完封し、相手はパントを選択。自陣25ydより金沢の攻撃。しかし攻撃は続かずパントを選択。ここで#37相崎がナイスパント、大きく陣地を回復。福井の攻撃が始まり、1Q終了。

2Q
福井の攻撃は続かずパントを選択。金沢も波に乗れずパントで攻守交代。続く福井も金沢ディフェンスに阻まれパント。しかし金沢、ここで静寂を破るかのような#99橘へのロングパスが成功。勢いに乗った金沢はそのまま攻めこみ#6金和のランでTD。PATも決めて金沢7-0福井。金沢のキックで試合再開。福井がロングパスを決め金沢大きく攻めこまれる。金沢ディフェンス、意地を見せるも福井がFGを決め金沢7-3福井。ここで前半終了。

3Q
金沢のキックで後半開始。しかしここでも福井の勢いを止められず大きく攻めこまれFGを決められた。金沢7-6福井。福井のキックで試合再開。金沢自陣45ydより攻撃開始。ここで#22前田がランで魅せ、フレッシュを何度も更新。最後は#6金和から#37相崎へのパスでTD。PATも決まり金沢14-6福井。金沢のキックで試合再開。福井の攻撃を3本で止めパントを蹴らせたところで3Q終了。

4Q
金沢の攻撃で4Q開始。ロングパスやランで攻めこむも、パントを選択。しかしその直後の福井の攻撃で福井がセーフティ。金沢2点を追加し金沢16-6福井。福井のキックで試合再開だが、これを#22前田がリターンTD。PATでは2点が入り金沢24-6福井。金沢のキックで試合再開。福井はフレッシュするもTDまでは行かず、パントで攻守交代。続く金沢の攻撃、#8江畑、#24佐藤、#11岡部ら1年生の活躍で大きく敵陣へ攻めこむ。最後は#99橘が執念でパスを取りTD。金沢30-6福井。金沢キックで試合再開。その後、福井が攻め続け金沢のG前まで迫るも試合終了。

金沢30‐6福井

秋リーグ初戦となった今回、試合開始直後の不安定さや詰めの甘さが露呈した試合となってしまいました。これらの課題を次の試合までに改善し、より良くすることで、目標の打倒九州を必ず達成するチームになります。これからも応援よろしくお願いします。

また、金沢大学チアリーダー部GREEN APPLESの皆様、金沢大学付属高等学校吹奏楽部の皆様、応援に来てくださった保護者の皆様、応援ありがとうございました。

OL/DL #64 船山

自分に必要なもの

どうも、今回初めてブログを
書かせて頂く山本です。
この部活に入って一番感じるのは、やはり、先輩の凄さです。体を張ったプレーに怪我にも屈しない強靭なメンタル、そして、自分のことだけでなく、周りへの気配りもできる。そんなキャパのデカさには本当に圧倒されます。そんな先輩方を見ていると、自分の弱さを痛感します。自分は一つのことで一杯一杯になってしまいがちなので、自分のすべきことを整理して、少しずつできることを増やしていきたいです。

最後に、4回生にとっては最後となるシーズンに突入し、今はチームの士気がどんどん高まっている時です。試合の時に想定外の事態にも対応できるよう、練習でも練習外でも不安要素を消す努力をします。

WR/DB#30 山本耕大(写真左)

がむしゃらに

初めまして、1年の満田一輝です。
エバグリに入ってからだいぶ経ちましたが怪我などで思うようにプレーができていませんでした。その間同じ1年の選手の成長を目の当たりにしてこのままでは置いていかれると危機感を持ちました。できることは何かを探し、体を作ることや沢山の試合の動画見ることをしました。しかしイメージだけではどうしようもできず、悔しいと思うこともあり負けたくないという気持ちが一層強くなりました。
勝ち負けのあることなので勝つということにこだわりを持つことは必要です。チームの勝利のために自分ができることは何かを考えた時、自分が強くなり、選手として少しでも成長することだと思いました。今自分にできることは何かを考え、がむしゃらに取り組んでいきたいと思います。

OL/LB#55 満田一輝

自覚

はじめまして。トレーナーをさせていただいている、1年の松本育己です。

私が、この部活に入った理由は、正直よく覚えていません。入った当初は、4年間を通して、ああなりたい、こうできるようになりたいといった、目標はありませんでした。しかし、もうすぐ入部して4ヶ月が経つ今、選手を肉体面、そして精神面からサポートし強くしたいと思うようになりました。
秋シーズンが始まり、最近、より一層チームの緊張感が増しているように感じます。まだトレーナーとしての技術や知識は先輩方には遠く及びませんが、自分ができることを探し、できることを増やしていき、チームの勝ちに貢献したいと思います。

TR#032 松本育己 (写真左)

ミスの捉え方

はじめまして、1年の前田凜空(りく)です。

9月に入りついに秋シーズンが開幕しました。秋シーズンに自分が出場すると知って不安になっていた頃とは違い、最近はアメフトが楽しくて仕方がないです!!というのも、最近ミスや失敗に対する考え方を変えてみたのです。今まではミスや失敗をするとプレイが潰れ、周りに迷惑がかかるのでしてはいけないものだと考えていました。しかし、よく考えればまだまだ成長過程にある自分がミスをしない訳が無いため、ミスを恐れるのではなく、思い切ってプレイして、その結果のミスなら仕方ないと割り切りそこから改善していこうと考えるようになりました。そうすると少しずつ以前より思いきった良いプレイができるようになり、気持ちの持ち方ひとつでこんなにも変わるんだなと実感しました。

16日には福井戦が控えていますが、してもいない失敗に不安になるのではなく、成功に向かって堂々とプレイしたいです。絶対に勝っていい流れを引き寄せましょう!!

RB/DB#22 前田凛空

覚悟

 

はじめまして、WR/DB#19の本田一晟です。
早いもので、面白い先輩たちにまんまと勧誘されてエバグリに入った4月から、もう5ヶ月ほど経ちました。右も左もわからないところからのスタートでしたが、富山大学との試合や合宿を乗り越えた今では「アメフトしに金沢大学来た!」と言えるくらい、のめり込んでいます。とは言っても、自分なんかはまだアメフトのアの字ほどしか分かってないし、できないことだらけで毎日勉強勉強です…。

しかし、リーグ開幕は待ってはくれません。自分にとっては初めてのリーグ戦でも、4回生にとっては集大成の大会です。同じコートに立つ以上は、学年なんか関係なしにやらないといけないのです。勝つためにそれぞれの責任を果たさなければいけないのです。だから自分は覚悟を決めます。とにかくできることをやる!できないことにクヨクヨするんじゃなくて、自分の今できる精一杯をぶつける!そういう気持ちでリーグに臨もうと思います。
全員の力で最高の結果を残しましょう!!

WR/DB#19 本田一晟

失敗

こんにちは。初めまして。
1年の細江です。
金沢大学EVERGREENに入部し、春シーズンを経て今は秋シーズンが始まろうとしています。最近ではDBで練習する機会が多く、滋賀大学等の合同練習、夏合宿などでたくさんの失敗を経験しました。出来ないことが多く見つかったことで、もっと上達したいと思う気持ちが強くなり、それがアメフトを楽しいと思える気持ちにも繋がってきました。これからも、この気持ちを忘れないようにしていきたいと思います。

9月1日からは秋シーズンの初戦が始まります。勝つために失敗の経験を生かし、自分の出来ることを最大限やっていきます。


RB/DB#20 細江恭生

成長

初めまして、一年の布施保晴です。

夏合宿も終わり秋シーズンが目前に迫ってきました。初めての夏合宿は気づけば終わっていましたが、この合宿を通して精神面、技術面の両方で成長することができました。

また最近アメフトをしていて自分の成長を感じられる機会が増えてきました。今までは直感で出来る事が多かったですが、自分の頭の中で考えた動きが最近になってようやく出来はじめてきました。特にOL/DLをしていて腕を自分が思った通りに使えるようになりました。具体的に言えば、セパレートやハンドテクが上達しました。今後も更なるレベルアップに向けて練習に励んでいきたいです。

OL/DL#91 布施