カテゴリー: その他ブログ

決意表明【主将 #99橘建志】

 大学からアメフトを始めて、4年目を迎えた最後のシーズンも早いことにもう終盤を迎えようとしています。

 このチームの主将を務めて10ヶ月が経ちました。去年の冬から振り返ってみると、私は本当に頼りない主将であったと思います。「自分で考えていない兵隊」「他人に興味がないからチームがまとまらない」「4年としての覚悟ができていない」春からずっと同じようなことを言われ続けてきました。「打倒九州」という目標を掲げ始動したチームであったはずなのに、春から夏に入っていくにつれて、バラバラでい続けていたことが露呈していく状況が本当に辛かったです。皆、危機感を持ってこのチームを良くしようと一生懸命でしたが、ただそれは別々の方向を向いていました。「このままでは勝てない。」そう思いました。

 「皆、頑張っている」と自分に言い聞かせ、その方向をまとめることから逃げていた自分は、もういません。「チーム全体」という言葉に逃げずに個人と向き合い気持ちを伝え、4年としての、主将としての姿勢を見せていくことで、勝てる仲間を、勝てるチームを作り続けます。そしてこんな私を支えてくれて、いらない苦労までかけてしまった同期や、言わせたくないことまで言わせてしまい一生懸命考えて行動し続けてくれた後輩に、最後は主将として「勝利」で応えます。

 全員が本当の意味で一つになったチームで、まず目の前の福井県立大戦に全力を出して必ず勝利を掴み、九州への切符を手に入れます

 試合当日はぜひ会場で私たちが1年間作り上げてきたEVERGREENの勇姿をご覧ください。応援よろしくお願いいたします。

2019EVERGREEN 主将

#99橘建志

決意表明【オフェンスリーダー #6金和達也】

 西南学院のニーダウンで試合が終了、結果は金沢13-24西南。僕は会場を後にする前に誰もいないフィールドを目に焼き付けました。「来年は俺がチームを変えて勝つ。どんな辛いことを乗り越えてでも勝ちたい。」絶対にオフェンスを強くしてやろうと思っていたし自分ならできるという自信がありました。

 しかし、そんな自信はすぐに打ち砕かれ、春に行われたどの試合でも思うようなオフェンスができず結果を出すことはできませんでした。僕はけがでプレーできない歯がゆさ、リーダーとしてオフェンスチームのクオリティを上げられない不甲斐なさでいっぱいでした。エンドゾーンが遠く感じて本当に辛かったです。それから夏合宿を経て秋シーズンに入り、チームは福井大学,富山大学に勝利はしたものの、オフェンスリーダーとしての自分の望むレベルの完成度ではなく、苦しい状態が続きました。

 秋の2試合を経て、1つの試合に勝つことの難しさを強く感じました。普段の練習で同じミスが繰り返される、他人がミスしても自分には関係ないと思って指摘しあえない、そんな空気がチームにはありました。けれど、人任せで勝てるほどフットボールはぬるくありません。僕自身が、そして1人1人が、チームを勝利に導くために、「僕が変える」「自分がやる」という覚悟を持ち、チームを勝利に導きます。

 次戦の10/27(日)福井県立大学戦は打倒九州を目指す僕たちにとって、絶対に負けられない一戦です。僕はオフェンスリーダーとして、オフェンスで負けにつながる不安要素を消し、どういうゲームプランで福井県立大学に勝つかの共通認識をオフェンスメンバー全員に持たせて準備をし、試合では相手より多くのタッチダウンを取り必ず勝利します。応援、よろしくお願いいたします。

2019EVERGREENオフェンスリーダー

#6金和達也

決意表明 【キッキングリーダー #37相崎展輝】

 北陸リーグもついに残すところあと一戦、福井県立大戦のみとなりました。目標達成のために絶対に負けられないと同時に、僕達EVERGREENにとっては毎年特別な思いを持って総力を注ぐ最終戦です。そんな試合を前にした今、今年を振り返りながら意気込みを綴らせていただきます。

 僕はキッキングチームのリーダーです。今年度チームが始動した際にリーダーに立候補したのは、二年連続で敗北した九州代表校の西南学院大学にもう負けたくない、勝ちたいという強い思いが理由でした。僕は二試合ともパンターやDBとして出場し、TDやパントブロック等散々にやられました。勝てるチームにしたい、そして特にキッキングにおいてそれができるのは、二年間フィールドで悔しさを味わった自分だと思いました。

 昨年一昨年の失敗を繰り返さぬように、そしてクオリティーをそれ以上にするために、アサイメントを追加したり、試行錯誤を重ねてシステムを変更し、日々の練習で精度を上げてきました。しかしうまくいかなかったことも多く、非常に苦しい時期もあったのは事実です。人が少なく、ほぼ全員が両面という状況でどうやってクオリティーを上げていくか。去年の主力がいなくなったスキル選手の層をどうやって厚くするか。練習方法や想定、準備の甘さを他人に気づかされ、自信を無くした時もありました。それでも、「勝ちたい、もう負けたくない」という気持ちでここまでやってきました。

 シーズンインして、思うことがあります。何事においても絶対が無いように、絶対に試合に勝てる、ということはありません。だからこそ、「絶対」に近づくために、試合の想定、リスク管理は欠かせません。どうやったら勝てるか、負けないか。不意をつかれて負けるとしたらどんなパターンか。モメンタムを持っていかれるとしたら、あるいは持っていくのはどんな場面か。想定出来てないことはないか。

 「もう絶対に大丈夫」という自信を持てることはありません。だからいつも、僕の中の不安は消えません。それでも毎日考えて、練習でリスクを潰していく。この作業が勝利に結びつくと信じて、日々練習しています。

 キッキングが試合の中で占めるプレー数はオフェンスやディフェンスに比べたら小さいものです。しかし、試合の流れが変わる場面には必ずキッキングが絡み、勝ち負けを左右します。キッキングでこそ、上に書いたような想定やリスク管理をどこまで時間をかけて詰められるかが大切だと思っています。残された時間は少ないですが、今シーズン最高のクオリティーに仕上げます。

 10/27福井県立大戦

 楽な試合ではありません。幾度となく訪れるであろう苦しい場面で、安定感のあるキッキングチームが必ずモメンタムを引き寄せ勝利をつかみます。ご期待ください。

 応援よろしくお願いします。

    

2019EVERGREEN キッキングリーダー

#37相崎展輝