カテゴリー: 練習ブログ

理想の自分になれる部活動

私は自分がどうしてこの部活動に入ったのか、未だによく分かりません。1回しか新歓イベントに行かずに勧誘期間も終わりかけてしまい、なんとなく行ったEVERGREENの新歓で先輩に促されるまま、その場で入部を決めました。最初は先輩方と一緒に活動したり、同期と話したり遊んだりと部活動を楽しんでいましたが、それだけではやっていけなくなりました。マネージャーを続ける上で、大きな壁に当たったのです。

EVERGREENのマネージャーの仕事はグラウンド業務だけではありません。私が特に苦労したのは広報活動です。私はずっと広報活動の根本の考え方が理解できませんでした。概念や考え方を理解できない壁にぶつかりました。どうして広報活動をするのか、何のためにその企画をするのか、先輩の考え方に理解が追いつきませんでした。その頃は分からないが故に、なにも考えることもせず、与えられた仕事をこなすことしかできませんでした。なにか疑問や不満があっても誰にも言わず、自分の中に閉じ込めていました。こんなに大変で難しくて、何も言えない、苦しい思いをしながら部活動を続ける意味があるのかな、と思っていました。その時は部活動を続けたい、というよりも半年続けた部活動を今さら辞めたくないという理由で続けていました。

そんな私が部活動を続けようと思ったきっかけのひとつに、同期のマネージャーと本音で話し合うことが増えたことがあげられます。これまで自分の中に閉じ込めていたことを話し合える関係になったことは、私にとっても、きっと、彼女にとっても大きな転機となったと思います。そこから私は自分で部活動について考えることが増えていきました。どうしたら勝ちに繋がる行動が取れるのか、どうしたらもっと良いマネージャーになれるのか。良いマネージャーとは何か。自分で考えることが増えたことで、広報活動の概念も理解できるようになり、少しずつ自分に自信が持てるようになりました。そして、先輩にも自分の思ったことを閉じ込めずに言えるようになっていきました。

一年間部活動を続けて、自分を一歩成長させることができたと感じました。私は周りを見ることができ、頼ってもらえるような人間になりたいと思っています。そして、この部活動を続けることで必ず理想に近づけると確信しています。4年間続けたらどれほど成長できるのか、今はそれが楽しみです。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

MGR#090 夏目実桜(写真右)

自分の芯

新入生の皆さん、こんにちは。最近は、家の中にいる時間が多く、どんな大学生活にしようかなと考えている方も多いことでしょう。去年の今頃の僕は、やりたいことも特に決まっていなかったので、色んな人にどうしてそれをしているのですかとか、それをしていて良かったですかと、聞いていました。きっと、僕みたいな新入生もいるかもしれないので、僕がなぜ今この部活動にいるのかを書きたいと思います。

自分が大学で部活動をしようと思った一番の理由は、「自分の芯になるもの」が欲しかったからです。4年後自分が社会に出た時に、やりたいことがなく、ふらふらと人の言われたことだけをやるのは嫌だと思っていました。そこで、4年間モチベーションを持って続けられそうで、自分の足りないところと向き合い、将来やりたい事のきっかけが見つけられそうなアメフト部に入部することを決めました。

最初はこのように意気込んで部活動を始めましたが、すぐに自分にはアメフトの適性がないことに気付きました。人に当たる恐怖心、相手との圧倒的な体格差。元々の「ビビリ」な気質もアメフトでは特に影響されました。

しかし、アメフトは辞められませんでした。なぜなら、「出来ないと思っていたことが出来るようになった成功体験が欲しい」という思いがあったからです。これまで、なにかこれをしたい、と思うものがあっても、一度、自分には出来ないなと思うと、自然とモチベーションが落ちてしまい、無意識のうちに自分の出来る事、やりたい事を狭めてしまうことが多くありました。だから、才能がないから無理だ、と思ったことを諦めずに乗り越える経験によって、これからの自分に自信が欲しいと思いました。

ですが、綺麗事だけ並べても現実は上手くいきません。「ビビり」の気質はすぐに克服することはできませんでした。怪我の影響もあって、モチベーションは落ちていきました。このまま、このチームにいても、自分にもみんなにも良い影響は与えないのではないか、とも思いました。

しかし、この考えはなくなりました。昨シーズンの北陸リーグ最終戦。7-14で福井県立大学の勝利。試合の後、同期、先輩が声を出して泣いている。自分はこの日の為にチームのために何か貢献できたわけでもないので、悔しいとか悲しいという感情よりも、「次のシーズンこそ」という気持ちのほうが大きかったと思います。試合後の雰囲気の中で、自分も仲間と本気で一つのものを目指してみたい、自分が求めていたものはこれかもしれない、これを経験してみたい、と周りとは違った感情を持ちました。「アメフトをやる意味」を見出せた瞬間でした。

あれから、もう半年が経ち色々考えることはありますが、まだこのチームに貢献できていないし、自分自身も確かな大きなものは得られていません。将来のことはまだ定まっていませんが、アメフト部での活動は自分を成長させるいい機会だと感じるので、成功するための物事への取り組み方や、自分のコントロールの仕方、他人との協力の仕方なども、残りの3年間で学んでいこうと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

WR/LB#30 山本耕大(写真右)

アメフトをする意義

2年RB/DBの佐藤魁和です。

新しい1年が始まりましたが、コロナウイルスにより、様々な自粛を余儀なくされ、例年にはない厳しい一年になりそうです。アメフト部も練習ができない中、先を見据え万全の状態で再開できるよう、一人一人ができることを精一杯やっています。こんなご時世なので家でアメフトについてじっくり考えられる時間が増え、自分がチームにどのようにして貢献していくか、どうすれば練習でできなかったことを修正できるかなどを深く考えるようになりました。

僕が入学したときは正直、アメフト部に入るなんて全く考えていませんでした。部員の中でもそういう人が圧倒的に多いと思います。新しい生活が始まり、一人暮らしや友達のいない新しい環境など初めて尽くしで不安の多い時期ではありましたが、大学では何か新しいことを初めてみたいと考えていたので、新歓でとても雰囲気の良かったアメフト部に入りました。

最初の頃は、アメフトに関して何の知識もないまま入り、わからないことだらけで不安でしたが、アメフトについてのルールや戦略、面白さなどを0から知り、分からないながらも試行錯誤してやっていくうちに自然と、部活動という「勝ちを目指す集団」の中で活動をすることが楽しく感じるようになりました。EVERGREENでは、強い精神力を鍛える事、実践で通用するようなスキルを繰り返し考え、実践するような探求心を持つ事、一つの集団が同じ目標を目指し協力し合う事の素晴らしさなどを一年間の活動で強く感じました。今ではアメフトについて考える時間も多くなり、一年間を通してより良くしようと前向きに考えることも多くなりました。

チームスポーツであるアメフトをすることで身につくこと、考えさせられることはたくさんあります。社会に出ていくうえで必要なこともたくさん学べています。一度きりの大学生活で、このような大事なことを学べる環境は、とても有意義だと感じています。これからも意義のある時間を過ごしていきたいと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

RB/DB #24 佐藤魁和(かいと)

楽より楽しい

こんにちは、新2年トレーナーの根本陽透(ねもと はると)と申します。

コロナウイルスの影響で思うように活動ができていませんが、「新歓の時期」ということで、僕はこの文の中で、新入生の皆さんが抱いているであろう質問に答えたいと思います。

「どうして大学でも部活動をしているんですか?」

人生の夏休みとも形容される大学四年間を部活動に費やす。これを聞くと部活動に全力を注ぐ僕たちが不思議に思えるかもしれません。授業の課題には追われるし、バイトもあります。

けれど、一年間を振り返ってみると、部活動を通して自分は成長していたことに気づいたのです。それも座学では決して身に付けることのできないものでした。

部活動に入って痛感したことは、「自分の居場所は、自分で作らなければいけない」ということです。誰かに信頼され、求められている人は、自分で問題を見つけて解決策を考え、行動に移していました。高校で椅子に座って勉強していただけの僕には、問題を見つけてもそこからどうすればいいか分からない。ましてや実際に行動に移すことはなおさらできませんでした。

しかし、そのような人たちの行動を見て、聞いて、実際に試してみることで、僕にはなかった「自主性」が出てきたのです。

僕が実際にやってみたことは、自分の得意なことである「情報をまとめ、見やすくする」

ことです。これまで細かいルール改変が多いトレーナー業務において、順次更新されるマニュアルのようなものはありませんでした。そこで、ルールや役割をまとめたガイドラインを作成し、トレーナー全員に共有しました。これを見ながら次の日の、自分達の役割や流れを全員で共有しやすくなり、仕事がスムーズに行えるようになりました。これをきっかけに、ミーティングで議事録を任されることもありました。

これは小さな一歩かもしれませんが、自分の起こした行動がチームの役に立つ。これは、以前の指示待ちだった自分と比べると大きな成長だったと思います。

その中で見つけた、僕が部活を続けようと思った言葉をお伝えします。

「楽と楽しいは別」

やりがいを見失っている旨をコーチに伝えたとき、「一度自分と向き合いなさい」と言われました。そこで自分の中をよく振り返って、紙に書き出してみたり、大学一年間の日記やメモ書きを改めて読み返してみたりしました。ここで、さっきの言葉と出会い、気付きました。

「これは楽な方に逃げている、楽なことは悪くはないが、楽は楽しいにはなり得ない」と思いました。楽では充実も達成も成長も、スリルもドキドキもない。学校では学べないようなことを体験する充実感、実際に行動してみるドキドキ、過去の自分はこれを求めていたのだ、と認識できました。

「どうして大学でも部活をしているんですか?」

この答えは、『この部活は学校や日常生活においてはできないような成長を実感できる場だから』です。

大学の授業では教えてはくれない経験が、EVERGREENではできます。

授業では成し得ない成長ができる環境が、EVERGREENにはあります。

その仲間に皆さんが加わることを心からお待ちしています。

一緒に大学生活を楽しいものにしましょう。

TR#030 根本陽透(ねもとはると)

 

アメフトを始めてみて

こんにちは、新2年の岡村南です。

思い返してみれば大学1年の大半はアメフトに時間を費やしていた気がします。僕がアメフト部に入った理由は結構シンプルで、「大学から新しいことを始めようと思っていて、試しにアメフト部に行ったら新歓が楽しかったから」です。最終的には先輩にご飯に連れて行ってもらったときに、その場のノリで入部宣言しました。この時点では、「4年間それなりに部活動をやっていくんだなあ」、くらいにしか思っていませんでした。

しかし、その考えはすぐに覆されます。入部して活動が始まると部活の本気さに驚かされました。新歓の時はわいわいしていた先輩も、練習の時だけではなくウエイトの時もミーティングの時も、真剣なまなざしで普段の生活から目標に向かって全力で取り組んでいました。

最初の頃は初めてのスポーツということで色々吸収できることも多く、楽しく取り組んでいました。何をやっても新しいことだらけで、とても楽しかったことを覚えています。しかし、段々と、アメフトに対して時間を使うことが嫌になってきました。体力的についていけない、ミーティング、ウエイト、食事トレーニングもある、家でもアメフトの勉強をしなければならない。大学の課題もやらなければならない。自分が自由に使える時間がどんどん減っていく感覚がしました。この時期は正直辛かったです。部活を辞めていく同期もいたし、何をモチベーションに取り組んでいけばいいのか分かりませんでした。

でも僕は辞めませんでした。それは、ただただ弱い自分に負けるのが嫌だったからです。それだけは絶対に嫌でした。アメフトを始めて数か月、まだ何も得ることができていませんでした。ここで辞めたら一生後悔すると思いました。そして、やるなら本気でやる、試合で活躍してやる。そういう気持ちで取り組むようになりました。また、同期の存在も大きかったです。辛いときはかなり支えになる、本当に大切な仲間です。

この1年間だけでも、この部活からは多くのことを学びました。責任範囲について、物事への取り組み方、1つの組織をまとめ、目標を達成することの難しさ。こういったことを学べる機会はそうあるものではないし、これからの人生において絶対に役立つものだと思います。

今ではアメフトは生活の一部です。アメフトへ時間を使うことに、なんのためらいもありません。前シーズンは怪我をして思うような活躍ができなかったので、今年こそは飛躍の年に。アメフトにせよ普段の生活にせよ、目の前にあることからしっかり全力で取り組んでいきます。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

WR/DB#26 岡村南(写真中央)

本気で部活動をする意味

新2年のWR/DB#19本田一晟です。

早いもので、大学に入ってからもう1年が経ちました。自分の1年前を思い返してみると、授業のこと、部活動のこと、生活のこと、と不安なことだらけでした。

しかし今はとても充実していると胸を張って言えます。全てはEVERGREEN に入ったからです。ただ、こう思えるようになるまでの1年間は目まぐるしく、壮絶な1年間でした。

アメフト部に入った理由を簡潔に言えば「1番イケてたから」。小学生からしていた野球を大学でも続ける気満々でしたが、新歓イベントは楽しいし、先輩は面白い。自分でもびっくりするくらい軽く入部を決めました。そして、この決断が自分の大学生活を大きく左右することになりました。

もちろんアメフトというスポーツに関わるのは初めてで、先輩たちも大学から始めた人ばかりだから、正直なところ、ただ「ノリがいい部活」でそこまで本気でアメフトをしているとは思っていませんでした。自分がやってきた高校野球の方がよっぽどきついだろうと高を括っていました。

しかし、その考えはすぐに消え去りました。練習参加初日から、先輩たちがアメフトに本気で取り組んでいる様子やチームの組織としてのまとまりを感じ、「本物の部活動」なんだと思いました。

とは言ってもアマチュアの1年、いきなり先輩たちほどの熱量は注げませんでした。アメフトを本気でやるということは想像以上にハードです。食べること、鍛えること、勉強すること、、、やることは多いし、バイトもしないと生活できないし、様々な理由から夏休み前はモチベーションはほとんど無くなりかけていました。辞めていく同期もいました。

しかし、そこで辞めようとはまったく思いませんでした。理由は、しんどくてもやり遂げた先には、自分の中に何かしらの形で財産として残ることを高校野球で学んだことと、初めてのスポーツで思い入れもあまりないから辞めます、というのは「逃げ」であり、逃げた自分を自分は嫌になると思ったからです。また、同期の存在も支えになりました。愚痴を言いながらでもグラウンドに向かう。1年生でも試合に出て活躍できるというチーム状況も手伝って、責任感が自分たちに生まれていたんだと思います。

それから夏合宿を終え、シーズンを迎える頃には夏休み前とはまったく違った自分になっていました。先輩たちとアメフトをしたい。そう思うようになっていました。上手くなるために、強くなるために、という芯が自分の中に出てきていました。

しかし、結果は思うようにはついてきませんでした。
秋シーズン、北陸王者決定戦での敗北。

この結果は、ちょっとの期間頑張ったくらいで望む成果は出ない、というスポーツの厳しさを教えてくれました。

1年目のシーズンの糧は何かと聞かれれば、それは悔しさと、「負けに不思議な負け無し」という教訓です。もう少し早く本気になっていればもっとできたという後悔ばかり残りました。こんな思いをするのは1年目だけで充分です。残りの3年間は毎年勝負の年。

悔しさでスタートした今年は思わぬ足止めをくらっていますが、勝負は始まっています。ひとつひとつできることから始めていこうと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

WR/DB#19 本田一晟(写真奥)

大学でも部活を続ける理由

こんにちは、新2年生の前田凜空です。

アメフト部に入ってもうすぐ1年が経とうとしていますが、入部したきっかけは、本当に直感的なものでした。面白そうな先輩にご飯に連れて行ってもらったり、アメフト部の新歓に参加したりしているうちに、「この部活に入ったら楽しそうだな」と思うようになり、最後はその場のノリや勢いで入部を決めました。

しかし、そんな自分を待っていたのは、想像以上に大変な1年間でした。小中高ではサッカーをしていたため、アメフトに触れたことすらなく、ルールも何も全く知らない中で、秋シーズン初戦まで数か月しかありませんでした。入部してしばらくは、そんな状況で、素人の1年生が出ることなんてないだろう、と思っていました。

けれど、怪我人による人数不足が原因で、試合の約1ヶ月前には自分が主力として試合に出ることが決定しました。「負けたら終わり」、相手がどこだろうと、この事実は変わりません。そんな試合に、アメフトの経験がない自分が出ることに、相当なプレッシャーを感じていました。何度か、逃げたい一心で、辞めようと思ったこともありました。仲間といっても、まだ半年の付き合い、ここまでチームに尽くす義理なんてあるのか。一度考えたら、どんどん自分の考えが正しいと思えてきました。

では、なぜ辞めなかったのか。それは、未練なく簡単に辞めることができるということは、「失うことが何もない」からだということに気づいたからです。「失うことがない」ということは、「まだ何も得ていない」ということです。そんな状況で辞めるのは、選択ではなく逃げだと思い、続けることにしました。

この去年の苦しい時期で学んだことは、最初から大切なものなんてないということです。この部活を続ける理由は、楽しいとか、仲間とか、まだぼんやりとしか答えは見つかっていません。それでもアメフトを続けるのは、この部活の掲げる目標に向かって進んでいれば、必ずその理由が見つかると確信しているからです。

濃い時間を過ごせば過ごすほど、エバーグリーンは自分の中で大切なものへとなっていきます。得られるものは、やり切った達成感だけではなく、目標に向かって進んでいく力、信頼できる同期や先輩、挙げていたらキリがないですが、これらを手に入れるチャンスは、一生のうちにそう何度も訪れるものではないと思います。今は十分に練習を行うことができず、出来る事が限られている中ですが、僕はこのチームをより大切なものへとするために、これからもアメフト部を続けて行こうと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

RB/DB#22 前田凜空(りく) 写真左

想像以上の大学生活

 新2年マネージャーの櫨つかさです。
私がエバーグリーンに入ったきっかけは、「なんとなく」でした。色んなサークルの新歓イベントに参加してみたものの、自分にしっくりくる所はなく、だんだん勧誘期間の終わりが近づいてきて、イベントも少なくなり、どこかに決めなきゃと焦った気持ちで、アメフト部の最後の新歓イベントに参加しました。私の中で、マネージャーのイメージは選手の「お手伝いさん」で、あまり乗り気ではありませんでしたが、先輩たちの話は面白く、部活の雰囲気も楽しそうだし、「ここでいいか」と本当に「なんとなく」入部を決めました。

 初めは新しい環境で、経験したことのない仕事をしたり、面白い先輩とご飯に行ったりと楽しく過ごしていました。しかし、仕事を続けてみると、水を渡す、コートを作る、ビデオを撮る、という仕事にもの足りなくなって、何のために自分の時間を使っているんだろう?と思うようになりました。中高と吹奏楽をやってきたためか、自分がメインとなって輝ける居場所と、マネージャーの雑用的業務に差を感じていました。

 じゃあ、なぜ部活を辞めなかったのか?その起点となったものが広報活動です。
マネージャーはグランド業務だけでなく、「チームを勝たせるために」というテーマで、企業提携や地域貢献活動等にも取り組んでいます。マネージャーの存在意義は選手のためではなく、チームを勝たせるためにある。「自分もチームの勝利に貢献できる」と知ったことがやりがいに繋がりました。

 広報活動では、チームの中にある問題を見つける、分析する、解決策を考える、実施する、という問題解決能力のための考え方を学ぶ事ができます。また、外部の人と接触し交渉したり、新しいことを企画したりと、今まで経験することのなかった様々な新しいことに挑戦することができます。やってみたいことを実現できる、チームの成果に繋がる、自分に自信がつく。

 本当にこの部活を選んで良かったと思います。

 自分の好きな楽しいことを選んでいる大学生活よりも何百倍も価値のある時間の中にいると思います。引退する時、「最高の4年間だった」と思える、と確信しています。そう思えるように、常に上を目指して、勝ちに貪欲なマネージャーになろうと思います。

MGR#091 櫨(はぜ)つかさ (写真中央)

春の強化練習期間

先日、コロナウイルスの感染防止のため、春合宿を自粛し、金沢大学にて6日間の強化練習期間を実施しました。

最後の二日間ではメージを中心とした練習を組み、多くのOBさんがご参加くださいました。ありがとうございました。

写真1枚目:(左から)手塚さん、河野さん、鈴木さん、日比野さん、橘さん、渡邉さん、小池さん、高橋さん、永井さん
写真2枚目:森田さん

OBさんとメージを組むことで、スピードやパワーの差を感じ、普段と違う刺激的な2日間となりました。パート練習ではマンツーマンで細かい所までご指導していただきました。

また、森田さんから選手全員分のサバ缶の差し入れを頂きました。ありがとうございました。

世間の流れも読めない中、まだまだ気が抜けない日々は続きますが、一日一日の時間を大切に、練習を行えている今を大切に、日々チームの目標へと邁進してまいります。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

2年マネージャー 櫨つかさ

OBさんからのボール寄付へのお礼

先日、1990年卒のOBの本野(もとの)様より、アメフトボール3球をご寄付いただきました。日々の練習で使用するボールをご寄付いただき、さらに充実した練習を行うことができます。ありがとうございます。

私達は「関西挑戦」という目標を掲げ、日々の練習に取り組んでいます。その中で、応援してくださっている方々の存在を実感するたびに、私たちは強くならなければいけないのだと、再認識します。そして、私達の先輩であるOBの方々からのご支援は、大変心の支えとなります。

今後も「関西挑戦」に向かって日々精進してまいります。ご声援のほど、よろしくお願いします。