カテゴリー: 練習ブログ

春合宿1日目

こんにちは、マネージャー新2回生の川端柚希です。

今日から春合宿が始まりました。午前中に移動したため、午後からの練習でした。合宿初日ということもあり、いつもより一層練習にも熱が入っており、お互いを指摘し合う声や練習を活気づける声が多く見られました。「フットボールが誰よりも好き、フットボールを誰よりも楽しむ」というキャプテンの言葉がとても素敵で、自分自身もハッとさせられました。私も前を向いて常に楽しんでいきます!

まだまだ合宿は始まったばかりですが、このまま勢いをキープして、帰ってから振り返ったときに何か1つでも成長したと思える合宿にしようと思います。選手・スタッフともに頑張りましょう!

これから5日間、国立能登青少年交流の家にて練習しますので、OB・OGの方々は是非観に来て頂けると嬉しいです、お待ちしています!

MGR#088 川端

打倒九州!!

こんにちは。新3年生の加賀爪卓郎です。最近は、日中はすっかり暖かくなり、ノースリーブを着て練習する人も増えて、ついに、春シーズンがやって来たのだなと実感します。選手たちは、オフシーズンに磨いた技術、大きくした体をぶつけることにメラメラ燃えてます。

私たちは、先日、春シーズンの始まりに富山大学さんと2日間の合同練習をさせていただきました。新チームとなって初めてのスクリメージで、たくさんの課題が出ましたが、試合並みに熱く気持ちの入ったプレーが多く見られ、改めてアメフトの最高さを実感しました。

話は変わりますが、私たち2019年EVERGREENの目標は「打倒九州」です。今年こそは西南学院大学を倒して、一昨年、去年の雪辱を果たしたいと意気込んでいます。しかし!どうしたら勝てるんやろと思わされる事もあります。それは、環境の違いです。EVERGREENは人工芝も無いし、人数もいないです。思ったように練習も出来ないような状況です。ちょっと待てよ!負け確定してるのは環境だけやん!それならそのほか全てで勝って、試合も勝ってやる!練習の質、アメフトのことを考える時間、一人一人の意識、努力全てで今年は圧倒してみせます。

最後に、合同練習でも多くのOB・OGさんが練習に足を運んでくださいました。ありがとうございました。OB・OGさんが来てくださる度に、応援してくださってる方々の期待に応えたいと力が入ります。そして、来週の金曜日からは5日間、国立能登青少年交流の家で合宿を行います。お忙しいとは思いますが、練習に顔を出して頂けることを部員一同お待ちしてます。

WR/DB#18 加賀爪

OB・OGの皆様へ

いつもお世話になっております。

春の合同練習、合宿の日程をここでお知らせいたします。

明日から3/8(金)、9(土)の2日間、富山県総合運動公園室内グラウンドにて、他大学との合同練習を行います。

8日は午前は10:00ハドル、午後は13:30ハドルの二部練で行います。9日は10:00ハドル、午前のみの練習で、13:00完全撤収となります。

加えて、春合宿の日程は、3/15(金)〜3/19(火)、宿泊場所・活動場所は国立能登青少年交流の家となっております。

OB・OGの皆様には、お近くにお越しの際、是非足を運んでいただきたく思っております。よろしくお願いします!

MG#086 豊福

悔いのないラストシーズン

昨シーズンに引き続きTRリーダーを務めさせていただきます、3年の河嵜友莉香です。

私の3年間の大学生活を振り返ると、大半を占めていたのはEVERGREENでした。私はよく友人から「なぜそんなに部活を頑張るのか」、「部活ばかりでつらくないのか」と聞かれます。もちろん、全くつらくない、無理をしていないというわけではありません。しかし、同じ目標に向かって、本気で頑張る仲間がいる。それが、私が本気で部活を頑張る原動力になっています。そして、その先に見える最高の景色は、本気で頑張った私たちにしか見ることができないものです。

「打倒九州」。EVERGREEN一丸となり、その目標に向かって本気で頑張っていきます。私たちなら、今よりもっともっと頑張れると思っています。無理かどうかを考えているうちは、まだまだ無理できる、必死になれる、頑張れる。無理かどうかなんて、やってみてから考えたらいい。それくらいの強い覚悟を持ち、「打倒九州」という目標のために本気で頑張る、悔いのないラストシーズンにしたいです。

TR#24 河嵜

教えるということ

2月17日、八日市高校アメフト部の練習にパートリーダーを中心に参加させていただきました。各パートの指導をして欲しいという事で、部員もパートメニューを必死に考えていました。久々に外で練習でき、しかもメージまで組めるということで参加部員一同とても楽しみにしていました。

実際に参加してみると、教えるという行為がとても難しいことだと再認識しました。普段何気なくやっていることを口で説明し、相手にわかりやすく伝えなければなりません。そもそもやっていることを自分達が理解してなければそれを相手に伝えることは到底無理なのです。何を目的とし、何がポイントで、いつどのように使うのか、重視する箇所をしっかり押さえて初めて成立するのだと思いました。今回は限られた時間の中で伝えたかったこと全てを伝えられなかったので、少し心残りです。

高校生達はとても元気で活気に溢れていました。2年前、今より30kg程痩せていた時は僕もあんな感じだったのでしょうか。全く思い出せません。若いって羨ましい(と二十歳が言っています。)是非頑張って金沢大学に入って来てもらいたいです。そして何卒EVERGREENに…。

今回このような機会を設けて下さった持田さん、野口コーチ、社会人チームの皆さん、八日市高校アメフト部の皆さん、本当にありがとうございました。この経験を糧に僕たちは必ずレベルアップします。

OL/DL#64 船山

感謝

今シーズン主務をつとめさせていただきます、MGR3年の浜谷和希です。

私は主務になってから、EVERGREENがたくさんの人に支えられているということを、より強く感じるようになりました。

金沢は雪が降るため年中外で練習ができる他県の部を見て焦ることもあれば、財政が潤っている部を見てアルバイトに追われずアメフトに集中できるのかと驚くこともあり、EVERGREENは厳しい環境にいるなと感じることは多々あります。それでも私は、EVERGREENが恵まれない環境にいると思ったことはありません。私たちのために時間を割いてくださる監督・コーチがいて、私たちを気にかけて顔を出してくださるOBさんがいて、合宿や遠征にご協力くださる方々がいて、そして、当たり前のように思っているかもしれませんが、週3日練習できる環境があって。私たちを応援してくださる方々の顔が次々と浮かんできます。

私は主務として運営に携わるため、誰よりもEVERGREENへのご支援に気付きやすい位置にいます。そこで気づいたことを自分の中だけに留めず、チーム全員に共有することで、「EVERGREENはこんなに応援していただいているんだ、もっと頑張ろう」とみんなが思えるように、常に感謝を忘れないチームでいられるようにしたいと思います。
日頃よりEVERGREENへのご支援、本当にありがとうございます。

主務 MGR#083 浜谷和希

劣等感

こんにちは、新4回生DLリーダーの芳賀勇司です。

オフシーズンも早いようでもう2月です。今年は暖冬のおかげで早い時期から外で練習できていることに幸せを感じています。

さて、来シーズンがラストシーズンになり4回生でDLリーダーを務めているの自分ですが、唯一4回生選手で幹部職に就いていません。別に幹部職に就いていることが大事なことかというと全然そうではありませんが、新チームが発足し幹部が決定したときは孤独に劣等感を感じていました。その原因は何か考えたときに、人間性の部分で足りていないものがあるのだと考えました。今までチーム内でガツガツ引っ張る感じもなく、グラウンド外で特にいい行いをしてたかというとそうではありませんでした。そのような人間性がプレイにも顕れ、西南に勝てなかった原因に繋がっていると感じました。

個人的に今年2019年は院試もありラストシーズンでもある、と特に特に努力が必要な年です。その努力の糧となるのが、新チーム発足時に感じた劣等感です。チームメイトのあいつに比べればまだまだだ、西南と比べればまだまだだ、あいつの勉強量に比べればまだまだだ、そういう劣等感を日々感じて努力につなげたいです。

DL#88 芳賀勇司

目標に向かって

こんにちは。今期スタッフリーダーを務めることとなりました、MGR3年の佐藤です。

私はこれまでの人生で、何をしても1番になったことがありません。良くて2番、3番ぐらいで、そうなったとしても妥協してしまいその地位に甘んじてきました。しかし、部活とは個人の問題ではなくチームとして活動すること。チームとしての目標は、一人一人の目標です。幹部が交代してからさまざまなことが決定されていき、皆が同じ方向を向く準備がだんだん整ってきました。

また、私にとってリーダーという役職に就くのは殆ど初めてで、今もまだ自分にとって最高のリーダー像を模索中です。試行錯誤しながら、その時点での最善策を尽くして部活動に取り組んでいきたいと思っています。「上を向く」という言葉をチームのビジョンとしているのですが、私だけは下を向きたいです。それは、ネガティブになるとかそういう意味ではなくて、全員が成長する為に。これまで先輩方やコーチの方々にさまざまなことを教わってきました。今度は私の、私たちの番。常にチームの成長を念頭に置いて行動していきます。

私はEVERGREENが大好きで、活動を終えるまで1年をきっていると考えると、とても寂しいです。でも、私たちが部活を引退するとき、下の子たちがこの1年間を振り返ってみたときに「いい1年だったかも」そう感じてくれるだけで私たちは報われます。

これから、全員で目標へと向かって駆け抜けていきます。OB・OGの皆様、いつもEVERGREENを支えてくださっている方々、今年もどうぞ宜しくお願いします。

MGR#082 佐藤

神様の力もお借りして

こんにちは。主将の橘です。

1月も半ばを過ぎ、まわりの年末年始の雰囲気がどこか遠くへ行ってしまいましたね。大好きなあのゆったりした静かな空気がまた1年おあずけか、と毎年寂しく感じます…。

先日、金沢市にある尾山神社へ幹部を中心に必勝祈願に行ってきました。拙い字ではありますが、絵馬にチームで掲げた目標である「打倒九州」という文字を代表として書きました。改めて自分で文字に起こしてみると、2ヶ月前の西南学院大学戦のことが鮮明に思い出されます。悔しかったことや逆に楽しかったこと、そこで感じたものを忘れず2019年もチーム一丸となって日々頑張っていきます!これからも応援よろしくお願いします!

#99 TE/DL 主将・橘建志

SPで勝つ

こんにちは。2019キッキングリーダーとなりました相崎展輝です。

昨年は主にDB/Pとして出場していましたが、今年はリーダーとしてキッキングを引っ張ることになりました。アメフトを初めて早くも4年目のシーズンを迎えようとしているわけですが、これまで3つのシーズンを経験して、試合におけるキッキングの重要性を身にしみて感じています。押しているのに、キッキングでいまいち攻めきれない試合、逆に苦しい内容ではあったけど、良いフィールドポジションを取り続けて勝利に繋がった試合、どちらも知っています。だからこそ、今年のシーズンもスペシャルチームで勝ちたいです。

人数の少ないチームでは、キッキングの重要性の認識が低い傾向があります。しかし、優先度はO/Dと同等、むしろそれ以上だと思っています。冬季の練習は使えるスペースが狭く、フルスケールで練習が出来ません。しかし、その中でスペシャルチームが上手くなるために出来ることを考え、毎回の練習を大切にしていこうと思っています。

今年のEVERGREENもどうかよろしくお願い致します。

Kicking Leader #37 相崎展輝