カテゴリー: ブログ

やってみないとわからない!

新2年RB/DBの山本周平です。

去年の今頃はコロナウイルスによって世界中が大変なことになっていて、自粛期間という今までとは異なる生活様式に戸惑ったりもしていましたが、今では外出時にマスクを着用することや、飲食店での間隔の空いた座席など、その自粛体制にも慣れて来た頃ではないでしょうか。

さて、まず私がEVERGREENに入部した理由についてですが、これを一言で表すなら「とりあえず」という言葉がぴったりです。私の高校から金沢大学に来たのが私1人だったので、友達も知り合いもいなかった4月は本当に暇で寂しかったです。増してコロナウイルスの影響もあって新入生向けのイベントや新歓も開催されなかったので、友達をみつける機会もなく、毎日高校の友達と電話したりしていました。そんなときEVERGREENにzoomでの新歓に誘われたので参加してみました。イベントはとても楽しかったので、とりあえず入ってみて、つまらなかったら辞めようと思って入部しました。しかし、実際に練習を見学したり、先輩にご飯に連れて行ってもらったりするうちに、どんどんEVERGREENの人柄、チームの雰囲気の良さに惹かれていきました。アメフトもやったことがなかったので謎のスポーツだったのですが、練習を体験したり、先輩と話したりするうちに面白いと思えるようになりました。

私が入部したのは結局8月頃でした。このとき同時に入った新入生があと3人いたのですが、このまま4人だけやったらどうしよう…と日に日に不安は増していき、退部が頭をよぎることもありました。しかし、自分たちのデビュー戦であった福井大学戦がその不安を払拭してくれました。私はその試合も、試合が終わってから4人で行ったご飯も本当に楽しくて、今でもその日のことを鮮明に覚えています。自分には頼りになる先輩たちもいるし、楽しい同期もいるし、同期が少ないなら後輩をいっぱい入れたらいいや!と、前向きに考えることができるようになりました。結局、その後の勧誘活動の結果、4人だった同期は11人まで増えました。今はみんなと過ごす毎日が本当に楽しいです。

もちろん、楽しいことばかりではなく、辛いことや大変なこともありますが、それらも全てEVERGREENの皆となら頑張れるし、自分を成長させてくれるものだと思えます。新入生の皆さんも、EVERGREENの素晴らしい仲間たちと素晴らしい経験を通して、己を磨いてみませんか?きっとやりがいのある楽しい日々が待っていますよ!

2年 RB/DB #35 山本周平 (写真中央)

【決意表明】 TRリーダー 真野可奈子

2021EVERGREENのトレーナーリーダーを務めます、真野可奈子です。

今年のチーム目標は「福県圧倒」です。
私はトレーナーリーダーとして勝たせるトレーナーユニットを作り、目標を達成させます。
トレーナーは勝つために必要なフィジカルをつくり上げることに責任があります。私はその全ての責任を持ち、絶対に福井県立大学を圧倒します。

昨年、一昨年と負けている相手を圧倒することは簡単なことではありません。これまで通りの取り組みでは達成することができないため、トレーナーは選手に例年以上の要求をすることになります。トレーナーは勝つためにやり切らせる使命があり、それが存在意義のひとつだと考えています。トレーナー1人1人がこの認識を持って取り組むことで、勝たせるトレーナーユニットを作り上げます。

スタッフは試合でフィールドに立ってプレーすることはできませんが、勝敗に大きく関わる立場です。試合の日までがスタッフの試合です。日々の試合(練習)に勝ち、目標を必ず達成させます。

今後とも、応援の程よろしくお願い致します。

【決意表明】 MGRリーダー 齊藤絢

2021EVERGREENのマネージャーリーダーを務めます、齊藤絢です。

昨年はマネージャーユニットの目標として、「勝たせるマネージャー」を掲げておりましたが、福井県立大学に敗北してしまい、悔いの残る結果となりました。勝たせるという目標を掲げていた分、昨年は今まで以上に取り組んできたつもりでしたが、試合が終わってみれば後悔ばかりが残りました。初めて「自分がこのチームを負けさせてしまった」と思いました。

今年の目標は「福県圧倒」です。私は4年生として、マネージャーとして、必ずこのチームを勝利に結びつけ、目標を達成させます。このチームが勝つためには、選手はもちろん、スタッフの力は必要不可欠です。目標を達成するためには、今まで以上のレベルを要求していく必要があります。妥協すれば、達成することはできません。私はマネージャーリーダーとして、マネージャー1人1人に自分がチームを勝たせる一員であることを認識させ、勝たせるマネージャーユニットを作り上げます。

マネージャーは選手やトレーナーとは違い、個人の成長や成果が試合で出るわけではありません。だからこそマネージャーは、質の良い練習環境を整えることや、部員1人1人の取り組みに疑いの目を持ち、日々変えていく必要があります。試合当日は選手に託すことしかできませんが、その時に自信を持って選手を送り出し、最後に「自分がこのチームを勝たせることができた」と胸を張って言えるよう、日々の練習を妥協せずに取り組んで参ります。

今後とも応援の程、よろしくお願い致します。

【決意表明】 ディフェンスリーダー 東泰造

2021EVERGREENのディフェンスリーダーを務めます、東泰造です。

今年の目標は「福県圧倒」です。「福県圧倒」とはディフェンスでいうと、今年の福井県立大学戦を無失点で抑えることです。そのために私は1年間、目標とするレベルに到達できるのか疑い続け、目標達成できない要素を潰し続けます。そして、福井県立大学を圧倒するディフェンスチームを作ります。

チームとして“勝利”ではなく“圧倒”するためには、勝つにふさわしい準備を1年間やりきる必要があります。そして、勝つべくして勝つチームとならなければいけません。勝つべくして勝つチームとは、やるべきことをやりきれるチームだと思います。目標達成に向かって高いレベルのことをやりきる必要が出てきたとき、チームとしてそれをやりきるには、リーダーがチーム全員を行動で引っ張り上げる必要があります。

リーダーとして、4年として、チーム全体を引っ張り上げ、スローガンである「貫徹」を体現します。そして福井県立大学を圧倒してみせます。

今後も応援の程よろしくお願い致します。

【決意表明】 オフェンスリーダー 江畑龍太郎

2021EVERGREENのオフェンスリーダーを務めます、江畑龍太郎です。

今年のスローガンは「貫徹」です。この言葉にはチームとして、個人個人として、目標である、「福県圧倒」に向かってやり抜くという意味が込められています。オフェンスとしても、フィジカル、技術、頭の面においてやり抜きます。オフェンス、そしてチームの何が問題点なのかを考え、自分から発信して、選手、スタッフ全員を巻き込んでいき、1人1人をやり切らせます。

私は、最近「ノーサイドゲーム」というラグビーのドラマからチームに大事なこと、特にこのEVERGREENに必要なことを学びました。それは「チームとは家族(ファミリー)である」ということです。福県圧倒を達成するためには、ここまでやればいいという目安なんてものはなく、今までのEVERGREENの常識では考えられない部分が出てくると思います。それを下級生も含め一人一人がやり切るためには、チームが家族になる必要、隣のチームメイトのことを想うことが必要だと考えます。その先頭に立つリーダーとして、チームを引っ張っていきます。

【決意表明】 主務 大野汐織

2021EVERGREENの主務を務めるMGRの大野汐織です。

私は「主務=プレーをしない裏のキャプテン」だと思っています。
ただ裏の仕事を行って、チームを支えることだけが主務の役割ではないと思います。

私はチームを構成する全ての分野に干渉して、要求して、その過程で生み出された結果の全てに責任を負う覚悟です。
それが、このチームにおける主務の存在価値だと思っています。

自分の掲げる主務の理想像を確立し、必ずチームの目標である「福県圧倒」達成に導きます。

日頃よりチームを応援してくださる皆様、2021EVERGREENも引き続き宜しくお願い致します。

【決意表明】 主将 中山晃輔

いつもご支援ご声援いただき、ありがとうございます。2021年度主将を務めます中山晃輔です。

今年の目標は「福県圧倒」です。

一昨年、昨年と全国トーナメントで勝つことを目標に掲げながら、福井県立大学に敗れ、勝つことの難しさを痛感しました。全国で戦うにはまず北陸で圧倒的な存在になり、10回やって10回勝つ実力をつける必要があると考え、この目標にしました。

そのために必要なのは「やり切ること」です。自分たちで必要だと思って決めたチームのルールを最後までやりきる、試合でゲームプランを遂行する、という意思を持ち続けるために、今年のスローガンを「貫徹」にしました。

目標の相手が北陸のチームであろうが、高いレベルのチームにならなくてはいけないことに変わりはありません。今までなぜ勝てなかったのか、どうすれば勝てるのか考え抜き、それをフィールド内はもちろん、フィールド外でも実行し、貫徹する。自分がこの姿勢を示し続け、チームを率います。

今後とも、応援のほどよろしくお願いします。

【Last As One】主将 QB#6 金和達也

 11/8(日)に行われた福井大学とのオープン戦を持ちまして、2020EVERGREENは終了いたしました。

 昨年は打倒九州を目標に活動しましたが、北陸リーグの優勝決定戦で敗れ、目標とする相手に挑戦することすら出来ませんでした。EVERGREENが2018,2019と2年連続で達成できなかった目標である打倒九州を絶対に達成すると誓い、新チームがスタートしました。

 私自身QBをしながら主将をするという選択をすれば、過酷な1年になることは目に見えていました。しかし、たとえどんなに苦しい思いをしてでも自分がチームを勝たせる、という強い気持ちがあったので主将になることを決心しました。

 この1年は自分たちの手ではどうしようもない事の連続でした。西日本選手権の編成が変わったり、選手権そのものがなくなったり、その都度チーム目標を変更したり、試合が延期になったりと例年にはない出来事だらけでした。そんな中でも自分自身の気持ちに折り合いをつけ、前を向いて活動しました。

 それができたのも、As Oneという自分たちが思いを込めて掲げたスローガンがあったからだと思います。1人1人が全力を尽くす、チームが1つになる、そういうチームにしようと私は常々部員に言ってきました。福井県立大学戦のハドルで仲間の顔を見たときに、As Oneを肌で感じました。チームメイトだけでなく、関わってくださった方々のためにも、そして自分のためにも福井県立大学に圧勝してやると思っていました。しかし、力及ばず2年連続で敗れてしまいました。勝利という結果で応えることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。全ては主将である私の力不足です。

 一緒に戦ってくれたチームメイト、仕事の合間を縫って私たちに様々なことを教えてくださったコーチの方々、応援してくださったOB/OG,保護者の方々、EVERGREENファンの方々、たくさんの人の支えがあったからこそアメリカンフットボールに情熱を燃やし本気で打ち込むことができました。本当に感謝してもしきれません。ありがとうございました。アメリカンフットボールという競技、そしてEVERGREENというチームに出会えて本当に幸せでした。

 最後の年は「覚悟」という言葉の意味について深く考えさせられました。EVERGREENでのフットボール生活を通じて私は、“覚悟とはいかなる困難な状況でも折れない強い意志”だと学びました。勝利を目指す以上、必ず困難な状況に直面します。後輩達には是非、強い“覚悟”をもって困難を乗り越え、目標を達成してほしいと思います。現在、3年生を中心に2021EVERGREENが動き始めようとしています。彼らは悔しさを胸に力強く突き進んでいきますので、引き続きご支援,ご声援の程よろしくお願い致します。

2020EVERGREEN 主将 QB#6 金和達也

【2020年11月8日オープン戦 VS福井大学】

2020年11月8日(日)に行われた福井大学SLVER PHOENIXとのオープン戦の試合結果です。

今回は1Q=10分で行われました。

1Q
金沢大学キックにより試合開始。福井大学自陣30yd地点から攻撃開始。一回パスが成功するもののフレッシュ更新には至らずパントを選択。金沢大学自陣42yd地点から攻撃開始。QB#8江畑からWR#21松本へのロングパス、QB#8江畑のラン、QB#8江畑からWR#14菅原へのパスによって一気に敵陣20yd地点まで持ち込む。その後、中央のランプレーなどにより敵陣5yd地点まで攻め込むが4th downに持ち込まれFGを選択。K#63西村のキックは外れたと思われたがここで相手のオフサイドが判明しフラッグが飛ぶ。キックのやり直しは成功し金沢大学3-0福井大学。金沢大学のキックにより試合再開。福井大学自陣35yd地点より攻撃開始。福井大学の反則もあり2nd down13からの有利な状況だったもの15ydほどのパスを通されフレッシュを更新されたところで第1Q終了。

2Q
福井大学自陣48yd地点より試合再開。福井大学は中央のランプレーらロングパスを試みるもフレッシュ更新には至らずパントを選択。金沢大学自陣20yd地点から攻撃開始。1st downの攻撃後、福井大学にオフサイドの反則があったが金沢大学がディクラインし2nd down 4より試合再開。その後、短いパスによりフレッシュを更新。その後中央のランプレーにより敵陣44yd地点まで持ち込む。その後、QB#6金和からWR#14菅原への44ydのロングパスが通りTD。その後、PATも成功し金沢大学10-0福井大学。金沢大学のキックにより試合再開。福井大学自陣32yd地点より試合再開。最初のプレーでオープンのランを出されフレッシュ更新まで残り1ydとするもLB#56黒川のナイスタックルによりフレッシュ更新を防ぎ4th downまで持ち込む。ここで福井大学はパントを選択。ここでRet#21松本がリターンTD。しかし、PATは失敗し金沢大学16-0福井大学。金沢大学のキックにより試合再開。福井大学自陣19yd地点より攻撃開始。福井大学は中央のランプレーで攻めるもフレッシュ更新ならずパントを選択。金沢大学自陣35yd地点より攻撃開始。パスプレーを試みるもフレッシュを更新できずパントを選択。福井大学自陣5yd地点より攻撃再開。福井大学の中央のランプレーで一気に25ydほどゲインしたところで第2Q終了。

3Q
福井大学のキックにより試合再開。金沢大学敵陣43yd地点より攻撃開始。QB#8江畑からWR#26岡村へのパスによりフレッシュを更新。その後、中のランプレーやオープンのオプションプレーによって敵陣7yd付近まで攻め込む。最後はRB#22前田の中央のランプレーでTD。PATも成功させ金沢大学23-0福井大学。福井大学自陣28yd地点より攻撃開始。LB#7加賀爪のナイスタックルもありフレッシュ更新を阻止。福井大学はパントを選択。
金沢大学敵陣40yd地点より攻撃開始。パスや中央のランプレーにより敵陣3yd地点まで攻め込む。最後はQB#8江畑のランでTD。その後、金沢大学は2ポイントコンバージョンを選択しましたが失敗に終わり金沢大学29-0福井大学。金沢大学のキックにより試合再開。
福井大学自陣30yd地点より攻撃開始。オープンのランプレーが出されフレッシュまで残り2yd地点となったがLB#42金井のナイスタックルにより4th downに持ち込み福井大学はパントを選択したところで第3Q終了。

4Q
福井大学のパント後、金沢大学自陣35yd地点より攻撃開始。QB#8江畑からWR#21松本への48ydロングパスで一気に敵陣17yd地点まで攻め込む。その直後RB#24佐藤のランで一気にTD。PATも成功し金沢大学36-0福井大学。金沢大学のキックにより試合再開。
福井大学自陣35yd地点より攻撃開始。中央のランプレーとパスを試みるもいずれもフレッシュには至らずパントを選択。金沢大学自陣38yd地点より攻撃開始。パスプレーを試みるもフレッシュには至らずパントを選択。福井大学自陣30yd地点より攻撃再開。ここで福井大学の中央のランプレーが他手続きに出始め二回連続フレッシュを更新される。しかし、粘りのディフェンスを見せ4th downに持ち込み福井大学中央のランプレーを選択したもののフレッシュ更新とはならず。その後両者とも攻撃が続かずパントによる攻守交代を繰り返したのち最後は金沢大学の攻撃の途中で試合終了。

金沢大学36-0福井大学

今回の福井大学戦では10/31日にあった福井県立大学戦から一週間後にあったこの試合では福井県立大学戦で出た課題を今一度見つめ直し、臨んだ試合でした。
試合には勝つことができましたが私達が今年度目標にしていた結果とは程遠いものになってしまいました。本年度はコロナウイルスの影響で十分に練習ができない中での活動でしたが、それは他のチームも一緒です。こういう状況でも工夫してうまくなろうと諦めずに活動するチームが、本当に強くて良いチームだというのを痛感させられました。私たちには何が足りなかったのか、それは何をしたら埋まるのかを冷静に分析し、答えを出しきらないとまた来年も同じことを繰り返してしまうと思います。

また、私たちがコロナウイルスの中でも活動が続けられて来れたのは何よりOB/OGの皆さん、保護者の皆さん、コーチの皆さん、そして練習に協力してくださった皆様のおかげであると強く実感しています。本当にありがとうございました。
勝利という結果お届けできなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
来シーズンは私たち2年生もチーム引っ張る上回生。最上学年に負けないように自覚を持ってチームを支えます。
今シーズンは本当にありがとうございました。今後もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

LB/OL#50 2 年 今 拓海

【2020年秋季リーグ VS福井県立大学戦】

2020年10月31日(土)に行われた福井県立大学WILDERSとの試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q
福井県立大学のキックで試合開始。金沢大学自陣25yd地点より攻撃開始。RB#2堀のランやQB#6金和からWR#21松本へのパスでフレッシュ更新するも後が続かず、パントを選択。福井県立大学自陣18yd地点より攻撃開始。ロングパスを通されかけるも、なんとか耐え福井県立大学はパントを選択。金沢大学自陣45yd地点より攻撃開始。4th down インチまで押し込むもパントを選択。福井県立大学自陣23yd地点より攻撃開始。10yd以上のゲインとなるパスを要所要所で通され、勢いに乗った福井県立オフェンスを止められず、最後はオープンのランによりTD。PATも成功し金沢0-7福井県立。福井県立のキックで試合再開。金沢大学自陣29yd地点より攻撃開始。QB#6金和のランをディフェンスに止められたところで第1Q終了。

2Q
29yd地点より金沢大学の攻撃で試合再開。WR#19本田とWR#14菅原へのパスで一気に50yd以上ゲインし、敵陣14yd地点より1st down。最後はWR#21松本へのパスでTD。K#79西村がPATを決め金沢7-7福井県立。金沢大学のキックにより試合再開。福井県立大学自陣25yd地点より攻撃開始。しかしミスや反則が重なりフレッシュ更新に至らず、福井県立大学パントを選択。金沢大学敵陣45yd地点より攻撃開始。QB#6金和のランによりフレッシュ更新するも後が続かずパントを選択。タッチバックとなり福井県立大学自陣20yd地点より攻撃開始。しかし金沢大学の守備の集まりがよく福井県立大学パントを選択。金沢大学自陣23yd地点より攻撃開始。しかし大きなゲインはなくノーフレッシュでパントを選択。福井県立大学自陣42yd地点より攻撃開始。しかしDB#29岡村やDB#19本田のナイスタックルによりフレッシュにはさせず。福井県立大学がランプレーで時間を使ったところで前半終了。

3Q
金沢大学のキックにより後半開始。福井県立大学自陣23yd地点より攻撃開始。LB#7加賀爪のロスタックルもあり福井県立大学たまらずパントを選択。金沢大学自陣47yd地点より攻撃開始。RB#2堀のランでフレッシュ獲得するも、インターセプトされ攻守交代。福井県立大学自陣21yd地点より攻撃開始。4th down インチでパントを選択するも金沢大学の反則により5ydの罰退でフレッシュ更新。さらに金沢大学のタックルミスやインターセプトのキャッチミスが続きTD。PATも成功し金沢大学7-14福井県立大学。福井県立大学のキックで試合再開。金沢大学自陣28yd地点より攻撃開始。フレッシュ獲得とはならずパントを選択するが、スナップミスにより蹴ることが出来ず、大きくロスした状態で攻守交代。福井県立大学は敵陣20yd地点より攻撃開始。福井県立大学はこの機を逃さず、最後は中央のランプレーでTD。PAT失敗で金沢大学7-20福井県立大学。福井県立大学のキックにより試合再開。金沢大学自陣25yd地点より攻撃開始。しかし福井県立大学の守備に阻まれ、パントを蹴ったところで第3Q終了。

4Q
福井県立大学自陣47yd地点からの攻撃で試合再開。しかし金沢大学の守備の集まりがよく福井県立大学パントを選択。金沢大学自陣11yd地点より攻撃開始。4th downでギャンブルを選択するも失敗。攻守交代し福井県立大学敵陣19yd地点より攻撃開始。G前3ydからFGトライするもボールは右に流れ失敗。攻守交代し金沢大学自陣20yd地点より攻撃開始。残り時間を考え2 minutesオフェンスをするもTDには至らず。攻守交代し福井県立大学自陣44yd地点より攻撃開始。ランプレーで時間を使ってからパントを選択。攻守交代し、自陣1yd地点より金沢大学最後の攻撃。パスでロングゲインを試みるもインターセプトされ攻守交代。敵陣7yd地点より福井県立大学の攻撃開始。福井県立大学がそのまま時間を使い切り、最後はニーダウンで試合終了。

金沢大学7-20福井県立大学

「7-20」試合終了後この電光掲示板を見て、今まで私たちが積み重ねてきた努力を全て否定されているようで、自分達の弱さを痛感しました。いや、報われない努力は努力とは言えないのだろう。結局は、結果を出さなければ何もかもが意味を為さないと知りました。

もうチームメイトが泣いている姿を見たくはないですし、見せたくもないです。相手が喜んでいる声も聞かせたくありません。そのためにも福井県立大学よりも覚悟が足りなかったことを自覚し、今までの取り組みの中で、何がいけなかったのか、何が足りなかったか、改善するにはどうするか、今一度考え直します

この1年、コロナの影響があったのにも関わらずこうやって試合をすることが出来たのは、他ならぬOB/OGの皆様や保護者の皆様を始めとする多くの方の応援があったからです。
本当にありがとうございました。
敗北という不甲斐ない結果でしか応えられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。これからは皆様が、応援してきて良かった、と思えるような「結果」でお応えしたいと思いますので、どうぞ今後とも応援の程よろしくお願い致します。

OL/DL #79 3年 西村克樹