アメフトを始めてみて

はじめまして!今回ブログを担当することになりましたLB/RB#50の今 拓海です!

僕がアメフトに入った理由は、半分ノリみたいなものです(笑)ですが四月に行われたウェルカムボールの試合を見て心を奪われました。人と人がこんなに激しくぶつかるのは見たことなかったですし、選手全員がボールを追って全力でプレーする姿はとてもかっこよかったです!

最近では先輩方と一緒に練習する機会が増え、だんだんアメフトのルールや戦術も分かってきて、ますます楽しくなって来ています。来月には富山大学との試合もあり、どんな試合になるのか、ちゃんとプレー出来るのかなど、とても不安なこともありますが全力でプレーしたいと思います!また富山大学戦が終わってもまだまだ穴だらけな技術、フィジカルや体格… 挙げだしたらきりが無いですが、早く先輩方に追いつけるようにもっとたくさん練習し、アメフトの楽しさをもっともっと知れるように頑張りたいと思います!

LB/RB#50 今(写真左)

期待と不安

こんにちは。1回生の市田光です。

僕がアメフト部に入ろうと思ったきっかけは、先輩方の熱烈な勧誘と、この先輩達と最後の学生生活を充実させたいと思ったからです。自分はしばらく個人競技をしていたので団体競技は久しぶりですが、個人のスキルを磨く事と、共にみんなと力を合わせて勝利を掴めるようにがんばります。

また入部して1ヶ月が経ち、ようやく先輩達と一緒にパート練習や合わせに入れるようになりました。段々できることが増えていく喜びと同時に難しい事も増え、不安も少し感じています。引き続きアメフトの勉強をして活躍できるようにがんばりたいと思います。

RB/LB#44 市田(写真左)

挑戦

初めまして、一年WR/DB#82穴田洋介です。

僕がアメフト部に入ろうと思ったきっかけは、先輩たちの熱心な勧誘とアメフトに打ち込む姿に憧れたからです。始めてやるスポーツなので不安や心配なことがたくさんありますが、先輩たちの手厚いサポートや國久コーチが一年生メニューの担当をしてくださったおかげで、少しずつEVERGREENというチームやアメフトというスポーツに慣れてきた気がします。

アメフトというスポーツは、知れば知るほど奥が深く難しいことに、先輩たちに混ざって練習するようになってから気がつきました。アメフトに夢中になるためにアメフトを好きになり、練習ばかり頑張るのではなく、部活外の時間にアメフトの勉強を頑張りたいと思います。また、常に挑戦する姿勢を忘れずに部活に打ち込みたいです。

WR/DB#82 穴田(写真左)

北陸ボウル vs大阪体育大学

2019年6月9日(日)大阪体育大学との試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

1Q
金沢大学の攻撃で試合開始。#28中山の中央を突くランプレーでフレッシュを獲得。
その次のシリーズでは、大阪体育大学のディフェンスがよくパント、その後のディフェンスでは、相手のパスが決まり進まれることがあるものの、踏ん張り1Q終了。

2Q
このクオーターで試合が大きく動きます。金沢の攻撃が失敗しパントを選択。#37相崎のナイスパントにより敵陣25ヤードから大阪体育の攻撃。ここで相手のファンブルを誘い、そのままリターンタッチダウン。金沢7-0大阪体育。
しかし、その後相手のパスを止めきれずに同点のタッチダウン。ここで前半終了。金沢7-7大阪体育

3Q
金沢のキックにより後半開始。金沢が#24河野のランとセカンドエフォート、#45高橋の力強いランでタックルを弾きかえしオフェンスを進めたが、要所のミスでタッチダウンは奪えなかった。金沢のディフェンスは、#10日比野の素早いパス反応と、両コーナーバックの反応が良く、ゲインを許さず、防ぎきった。ここで3Q終了。

4Q
#37相崎が、コナーバックやレシーバーで、活躍。パスに対してアグレッシブに反応してタックルし、際どいパスも見事にキャッチしてみせた。しかし、タッチダウンまでもちこめずに、ここで試合終了。

春の重要な試合で勝ちきれませんでしたが、反省を生かし秋につなげていきます。
今後ともご声援よろしくお願いします。

RB/LB#42 金井

 

教えることの難しさ

こんにちは。2回生TR遠山歩実です。

いきなりですが、私が最近部活で難しいと感じることが一点あります。それは、人に教えるということです。今までは、教えてもらったことをメモしたり、自分で勉強したり、自分なりに努力はしてきたつもりでした。しかし、一回生が入部してくれた今、教える立場になり、いざいろんな仕事やテーピングなどを教えようとするとうまく説明できなかったり、理解力不足で詰まってしまうことが多々あります。これは一年生に不安感を感じさせてしまったり、上回生に対する信頼度に影響してしまうと考えます。人にきちんと教えられる人と教えられない人の差は、”いかに日々の仕事やテーピングやプレーをちゃんと考えながらやっているか”だと思います。上回生はもちろん、一回生は来年に向けて、物事をただやるのではなく、”考える”を意識していきましょう!

最後に、一回生が入部して早くも一ヶ月が経ちました。今年はたくさんの一回生が入部してくれて、とても嬉しいですし、センスがある子がたくさんいて、今後のEVERGREENの更なる成長が楽しみです。
これからもEVERGREENへのご声援よろしくお願い致します!

 

TR#027 遠山

初試合

こんにちは、2回生の中山晃輔です。

先日の名古屋大学戦が自分にとって初めてまともに出場した試合になりました。ビデオチェックをしていて、練習でやっていたことが、全部は発揮できていないこと、自分のフィジカルがまだまだ足りないことなど、試合に出なければ分からない多くのことを痛感しました。「去年試合に出てないから仕方ない」、ではなく「1年分の遅れを取り戻す」つもりで頑張ろうと思えば、モチベーションも上がって良いと思っています。

最後に、土曜日から1年生がパートに全参加となりました。今年の1年生はセンスがいい子も多いため、秋シーズンまでに戦力となる1年生が出てきて欲しいと思います。1年生には是非頑張ってもらって、一緒にフィールドに立つ日が来ることを楽しみにしています!

RB/DB#28 中山

 

周りの力を借りること

こんにちは、2回生MGRの川端柚希です!

入部してから1年が経ち、様々な経験をしていく中で、自分の不得意なことを認め、受け入れることの大切さに気付きました。このチームにはいろんな人がいて、私の不得意なことを難なくこなしてしまう人もいれば、全く思い浮かばないような考えを持っている人もいます。そのような人達と同じチームに所属していて、いろんな考えに触れられる機会がある、ということに恵まれているなあと感じます。人には得手不得手があるものなので、全てのことを誰か1人だけでやる必要は無いということを学びました。

自分1人ではもうどうしようも出来ないときには、周りの仲間を頼ってみたり、意見を求めてみたり、周りの力を借りる勇気を持つことが大事だと思います。1人ひとりがそれぞれの形でチームに貢献し、チーム全体が良くなっていけばいいなあと思います!

MGR#088 川端

理想

こんにちは、2年TE/DB#81西村克輝です。

火曜日から一年生がパート練習に一部加わるようになり、一年生に「教える」という事をするようになりました。今まで培ってきたことを、分かりやすく言語化して伝えることは、自分の頭の中の整理と新たな発見につながり、いい刺激となっています。筋が良い人がたくさんいるので、生かすも殺すも上回生次第だなと感じました。

話は変わりますが、先日の名古屋戦は不甲斐ない結果で終わってしまいました。とても悔しいです。名古屋戦で出た課題を秋までにどれだけ潰すことが出来るかが、秋シーズンの結果に直結するでしょう。

この名古屋戦を通して、自分の中で大きな収穫だったのは、パートで練習していたことが本番で活かされた、と実感出来た事でした。おそらくこの成功体験は忘れることは無いでしょう。自分の中でそれくらいの衝撃でした。こんな感覚をもっとたくさん経験していって、気付いたら凄いプレイヤーになっていた、というのが僕の理想です。

TE/DB#81 西村

成長します

こんにちは。2年TRの真野可奈子です。

今年はたくさんの新入生が入部してくれて、私にも後輩ができました。新入生の姿を見ていると、1年前、エバグリで頑張りたいと思って入部を決めた時の事を思い出します。なんでも丁寧にわかりやすく教えてくれ、チームのことを考えて行動する先輩の姿はとてもかっこよく見えました。私もそのような先輩にならねばと気が引き締まります。

私の目標は、チームに欠かせない存在になることです。目標としている西南学院大学を倒すためにはまだまだ強くならなくてはなりません。チームの成長とその先にある勝利のために貢献できる人になりたいです。簡単なことではないですが、できることを確実に増やしていき、目標を達成したいと思います。

周りには、頼れる先輩、刺激を与えてくれる同期、かわいくてたくましい後輩、コーチをはじめとするエバグリを支えてくれるたくさんの人がいます。成長するには整いすぎているくらいの環境です。感謝の気持ちを忘れずに頑張ります!!

TR#028 真野

vs 名古屋大学

2019年5月18日(土)名古屋大学との試合結果です。

今回は1Q=12分で行われました。

第1Q
金沢大学のキックにより試合開始。最初のシリーズは金沢の好ディフェンスで名古屋大学、パントに追い込みます。続いて金沢、自陣35ヤード付近からの攻撃ですが、相手LBのタックルによりファンブル。攻撃権が名古屋に移ります。DL#52橘のQBサックで大きくロスさせましたが、名古屋のパスが通り、そのままTD。PAT決まり、金沢0-7名古屋。名古屋のキックにより試合再開。金沢、自陣23ヤード地点からの攻撃。RB#42金井のランにより、フレッシュ更新。しかし、次の攻撃ではフレッシュ更新出来ず、パントを選択。名古屋、敵陣22ヤード付近からの攻撃。金沢、ラン、パス共に止めきれず、3回連続でフレッシュを更新されます。ここで第1Q終了。

第2Q
次のディフェンスで名古屋をパントに追い込み、金沢、自陣25ヤード付近から攻撃スタートしますが、フレッシュを更新出来ずにパントを選択。名古屋、敵陣30ヤード付近からの攻撃。ランが止まらず、自陣深くまで攻め込まれます。そのまま、エンドゾーンまで持ち込まれ、金沢0-14名古屋。名古屋のキックにより試合再開。金沢、自陣23ヤード付近からの攻撃。QB#1河野からWR#21松本へのパスによりフレッシュ更新。しかし、次の攻撃ではフレッシュを更新出来ず、パントを選択。名古屋、敵陣35ヤード付近からの攻撃。金沢ディフェンス陣がなんとか踏ん張り、3rd downで止め、パントを選択。ここで前半終了。金沢0-14名古屋。

第3Q
名古屋のキックにより後半開始。金沢、自陣25ヤード付近からの攻撃。TE#81西村がフリーになりますが、キャッチ出来ず。次のパスはWR#37相崎がナイスキャッチし、大きくゲイン。さらに、RB#2堀がオプションプレーから大きくゲイン、エンドゾーン前1ヤードまで持っていきます。RB#28中山がエンドゾーンに飛び込みTD。しかし、その後のTFPでミス、名古屋がボールを奪い、そのままエンドゾーンまで持ち込まれます。金沢6-16名古屋。金沢のキックにより試合再開。名古屋、敵陣35ヤードからの攻撃。金沢、ナイスディフェンスでパントに追い込みます。攻守交代し、金沢、自陣19ヤード地点からの攻撃。TE#81西村が今度は確実にパスをキャッチ。大きくゲイン。しかし、金沢がファンブル、名古屋に攻撃権が移ります。敵陣30ヤードからのランプレーで、一発TDを許してしまいます。PATもきまり、金沢6-23名古屋。名古屋のキックにより試合再開。金沢、自陣20ヤード付近からの攻撃ですが、フレッシュ更新出来ずパントを選択。攻守交代し名古屋の攻撃。金沢、DL#52橘のQBサックで大きくロスを奪います。次もDL#52橘のナイスタックルが飛び出します。しかし、名古屋にロングパスが通ります。ここで第3Q終了。

第4Q
エンドゾーン目前で名古屋のパスが通りますが、DB#2堀のナイスタックル。しかし次の攻撃でTD。金沢6-30名古屋。金沢、自陣30ヤード付近からの攻撃。WR#21松本へのパスが通り、大きくゲイン。QB#1河野のナイスランでフレッシュ更新。次の攻撃ではRB#42金井の執念のランでフレッシュ更新。次の攻撃でギャンブルを試みますが失敗。名古屋、敵陣20ヤード付近からの攻撃。ここで4年生DB#37相崎のインターセプトで攻守交代。金沢、自陣23ヤード付近からの攻撃はフレッシュ更新出来ずきパントを選択。名古屋、自陣42ヤード付近からの攻撃。パントに追い込み、攻撃権を得ますが、ここで試合終了。

金沢6-30名古屋

春シーズンの初戦を勝利で迎えることはできませんでした。特にオフェンスではイージーミスで自滅してしまい、1TDに抑え込まれました。打倒九州という目標を達成するために何が足りないのか、分かった試合になりました。今回の試合で出た課題を解決し、秋シーズンでは九州を超える力をつけます。

最後に、EVERGREENの応援に会場まで来てくださった方々、会場には来られなかったけども応援してくださった方々、本当にありがとうございました!

RB/DB#28 中山