本気で部活動をする意味

新2年のWR/DB#19本田一晟です。

早いもので、大学に入ってからもう1年が経ちました。自分の1年前を思い返してみると、授業のこと、部活動のこと、生活のこと、と不安なことだらけでした。

しかし今はとても充実していると胸を張って言えます。全てはEVERGREEN に入ったからです。ただ、こう思えるようになるまでの1年間は目まぐるしく、壮絶な1年間でした。

アメフト部に入った理由を簡潔に言えば「1番イケてたから」。小学生からしていた野球を大学でも続ける気満々でしたが、新歓イベントは楽しいし、先輩は面白い。自分でもびっくりするくらい軽く入部を決めました。そして、この決断が自分の大学生活を大きく左右することになりました。

もちろんアメフトというスポーツに関わるのは初めてで、先輩たちも大学から始めた人ばかりだから、正直なところ、ただ「ノリがいい部活」でそこまで本気でアメフトをしているとは思っていませんでした。自分がやってきた高校野球の方がよっぽどきついだろうと高を括っていました。

しかし、その考えはすぐに消え去りました。練習参加初日から、先輩たちがアメフトに本気で取り組んでいる様子やチームの組織としてのまとまりを感じ、「本物の部活動」なんだと思いました。

とは言ってもアマチュアの1年、いきなり先輩たちほどの熱量は注げませんでした。アメフトを本気でやるということは想像以上にハードです。食べること、鍛えること、勉強すること、、、やることは多いし、バイトもしないと生活できないし、様々な理由から夏休み前はモチベーションはほとんど無くなりかけていました。辞めていく同期もいました。

しかし、そこで辞めようとはまったく思いませんでした。理由は、しんどくてもやり遂げた先には、自分の中に何かしらの形で財産として残ることを高校野球で学んだことと、初めてのスポーツで思い入れもあまりないから辞めます、というのは「逃げ」であり、逃げた自分を自分は嫌になると思ったからです。また、同期の存在も支えになりました。愚痴を言いながらでもグラウンドに向かう。1年生でも試合に出て活躍できるというチーム状況も手伝って、責任感が自分たちに生まれていたんだと思います。

それから夏合宿を終え、シーズンを迎える頃には夏休み前とはまったく違った自分になっていました。先輩たちとアメフトをしたい。そう思うようになっていました。上手くなるために、強くなるために、という芯が自分の中に出てきていました。

しかし、結果は思うようにはついてきませんでした。
秋シーズン、北陸王者決定戦での敗北。

この結果は、ちょっとの期間頑張ったくらいで望む成果は出ない、というスポーツの厳しさを教えてくれました。

1年目のシーズンの糧は何かと聞かれれば、それは悔しさと、「負けに不思議な負け無し」という教訓です。もう少し早く本気になっていればもっとできたという後悔ばかり残りました。こんな思いをするのは1年目だけで充分です。残りの3年間は毎年勝負の年。

悔しさでスタートした今年は思わぬ足止めをくらっていますが、勝負は始まっています。ひとつひとつできることから始めていこうと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

WR/DB#19 本田一晟(写真奥)

大学でも部活を続ける理由

こんにちは、新2年生の前田凜空です。

アメフト部に入ってもうすぐ1年が経とうとしていますが、入部したきっかけは、本当に直感的なものでした。面白そうな先輩にご飯に連れて行ってもらったり、アメフト部の新歓に参加したりしているうちに、「この部活に入ったら楽しそうだな」と思うようになり、最後はその場のノリや勢いで入部を決めました。

しかし、そんな自分を待っていたのは、想像以上に大変な1年間でした。小中高ではサッカーをしていたため、アメフトに触れたことすらなく、ルールも何も全く知らない中で、秋シーズン初戦まで数か月しかありませんでした。入部してしばらくは、そんな状況で、素人の1年生が出ることなんてないだろう、と思っていました。

けれど、怪我人による人数不足が原因で、試合の約1ヶ月前には自分が主力として試合に出ることが決定しました。「負けたら終わり」、相手がどこだろうと、この事実は変わりません。そんな試合に、アメフトの経験がない自分が出ることに、相当なプレッシャーを感じていました。何度か、逃げたい一心で、辞めようと思ったこともありました。仲間といっても、まだ半年の付き合い、ここまでチームに尽くす義理なんてあるのか。一度考えたら、どんどん自分の考えが正しいと思えてきました。

では、なぜ辞めなかったのか。それは、未練なく簡単に辞めることができるということは、「失うことが何もない」からだということに気づいたからです。「失うことがない」ということは、「まだ何も得ていない」ということです。そんな状況で辞めるのは、選択ではなく逃げだと思い、続けることにしました。

この去年の苦しい時期で学んだことは、最初から大切なものなんてないということです。この部活を続ける理由は、楽しいとか、仲間とか、まだぼんやりとしか答えは見つかっていません。それでもアメフトを続けるのは、この部活の掲げる目標に向かって進んでいれば、必ずその理由が見つかると確信しているからです。

濃い時間を過ごせば過ごすほど、エバーグリーンは自分の中で大切なものへとなっていきます。得られるものは、やり切った達成感だけではなく、目標に向かって進んでいく力、信頼できる同期や先輩、挙げていたらキリがないですが、これらを手に入れるチャンスは、一生のうちにそう何度も訪れるものではないと思います。今は十分に練習を行うことができず、出来る事が限られている中ですが、僕はこのチームをより大切なものへとするために、これからもアメフト部を続けて行こうと思います。

※この写真は活動自粛期間前に撮影したものです。

RB/DB#22 前田凜空(りく) 写真左

想像以上の大学生活

 新2年マネージャーの櫨つかさです。
私がエバーグリーンに入ったきっかけは、「なんとなく」でした。色んなサークルの新歓イベントに参加してみたものの、自分にしっくりくる所はなく、だんだん勧誘期間の終わりが近づいてきて、イベントも少なくなり、どこかに決めなきゃと焦った気持ちで、アメフト部の最後の新歓イベントに参加しました。私の中で、マネージャーのイメージは選手の「お手伝いさん」で、あまり乗り気ではありませんでしたが、先輩たちの話は面白く、部活の雰囲気も楽しそうだし、「ここでいいか」と本当に「なんとなく」入部を決めました。

 初めは新しい環境で、経験したことのない仕事をしたり、面白い先輩とご飯に行ったりと楽しく過ごしていました。しかし、仕事を続けてみると、水を渡す、コートを作る、ビデオを撮る、という仕事にもの足りなくなって、何のために自分の時間を使っているんだろう?と思うようになりました。中高と吹奏楽をやってきたためか、自分がメインとなって輝ける居場所と、マネージャーの雑用的業務に差を感じていました。

 じゃあ、なぜ部活を辞めなかったのか?その起点となったものが広報活動です。
マネージャーはグランド業務だけでなく、「チームを勝たせるために」というテーマで、企業提携や地域貢献活動等にも取り組んでいます。マネージャーの存在意義は選手のためではなく、チームを勝たせるためにある。「自分もチームの勝利に貢献できる」と知ったことがやりがいに繋がりました。

 広報活動では、チームの中にある問題を見つける、分析する、解決策を考える、実施する、という問題解決能力のための考え方を学ぶ事ができます。また、外部の人と接触し交渉したり、新しいことを企画したりと、今まで経験することのなかった様々な新しいことに挑戦することができます。やってみたいことを実現できる、チームの成果に繋がる、自分に自信がつく。

 本当にこの部活を選んで良かったと思います。

 自分の好きな楽しいことを選んでいる大学生活よりも何百倍も価値のある時間の中にいると思います。引退する時、「最高の4年間だった」と思える、と確信しています。そう思えるように、常に上を目指して、勝ちに貪欲なマネージャーになろうと思います。

MGR#091 櫨(はぜ)つかさ (写真中央)

春の強化練習期間

先日、コロナウイルスの感染防止のため、春合宿を自粛し、金沢大学にて6日間の強化練習期間を実施しました。

最後の二日間ではメージを中心とした練習を組み、多くのOBさんがご参加くださいました。ありがとうございました。

写真1枚目:(左から)手塚さん、河野さん、鈴木さん、日比野さん、橘さん、渡邉さん、小池さん、高橋さん、永井さん
写真2枚目:森田さん

OBさんとメージを組むことで、スピードやパワーの差を感じ、普段と違う刺激的な2日間となりました。パート練習ではマンツーマンで細かい所までご指導していただきました。

また、森田さんから選手全員分のサバ缶の差し入れを頂きました。ありがとうございました。

世間の流れも読めない中、まだまだ気が抜けない日々は続きますが、一日一日の時間を大切に、練習を行えている今を大切に、日々チームの目標へと邁進してまいります。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

2年マネージャー 櫨つかさ

OBさんからのボール寄付へのお礼

先日、1990年卒のOBの本野(もとの)様より、アメフトボール3球をご寄付いただきました。日々の練習で使用するボールをご寄付いただき、さらに充実した練習を行うことができます。ありがとうございます。

私達は「関西挑戦」という目標を掲げ、日々の練習に取り組んでいます。その中で、応援してくださっている方々の存在を実感するたびに、私たちは強くならなければいけないのだと、再認識します。そして、私達の先輩であるOBの方々からのご支援は、大変心の支えとなります。

今後も「関西挑戦」に向かって日々精進してまいります。ご声援のほど、よろしくお願いします。

 

 

【2020EVERGREEN TRリーダー 堤麻衣による決意表明】

2020EVERGREENのTR(トレーナー)リーダーを務めます、堤麻衣です。

リーダーを務めるにあたって、私は「絶対に勝たせる」ことを約束します。アメフトはフィジカルが勝負の土台となるスポーツです。今までフィジカル作りに甘かったEVERGREEN。今年は絶対にフィジカルアップを成功させ、東海に勝つレベルを完成「させきる」ことに、TRリーダーである私が責任を持ちます。

そのためには私以外のTRにも、選手に「やらせきる」ことを、させなければいけません。TRの存在がチームの勝利に大きく関わっている、という認識が今まで薄かったと思っています。今までの取り組みや役割の認識、これらを後輩に伝えるには、多くの時間と労力を費やすことになります。しかし、これができればTR一人一人が、よりチームの一員であることを認識し、勝たせるTRになると確信しています。

「勝たせること」、これが私の1年間の役目です。秋の東海戦、試合会場で自分が何を思うのか。同期、そしてついてきてくれた後輩達に何を思わせるのか。それが、全て私の行動にかかっています。絶対に後悔しない結果を見せます。

今後とも私たちEVERGREENの応援を宜しくお願い致します。

TR#026 堤麻衣

【2020EVERGREEN 主務/MGRリーダー 豊福真維による決意表明】

 

2020EVERGREENの主務/マネージャーリーダーを務めます、豊福真維です。

今年の目標は「関西挑戦」。この目標を果たすべく、私がやることは「マネージャーの力で勝たせる」ことです。

勝つという目標に対して自分の責務を全うし、それ以外の部分で自分が4年として、マネージャーとして、ここにいる意味を作り出します。そして、リーダーとして、マネージャー1人1人にチームを勝たせるという意思を持たせ、自ら勝てる要素を作り出していくような戦力になるマネージャーパートを作り出します。

私達スタッフは、試合の日は託すことしかできません。ボールをエンドゾーンまで運ぶことも、相手にタックルを決めることもできません。だからこそ、その託す日が来るまでの数々の練習のプロセスの中で、誰よりもチームを客観視し、勝つための練習、取り組みを行えているのか、足りないものはないのか追求していく。それが、マネージャーがこの場所にいる意味だと思っています。

そうやって、強いチーム、勝てる環境を作りだし、マネージャーの力でEVERGREENを必ず勝ちに導きます。

応援、よろしくお願い致します。

MGR#086 豊福真維

【2020EVERGREEN ディフェンスリーダー 加賀爪卓郎による決意表明】

2020EVERGREENのディフェンスリーダーを務めます、加賀爪卓郎です。

先日、主将金和から決意表明がありました通り、今年のチーム目標は「関西挑戦」です。地方リーグの私たちが、西日本選手権の一回戦を突破し、関西に挑戦する。この、とてもワクワクする目標を必ず実現させる。そんな強い思いを持ち、私はディフェンスリーダーに立候補しました。

「関西挑戦」を実現するためには、それまでの試合に全て勝たなければいけません。勝つチームを作らなければいけません。私は「関西挑戦」を達成するまでどこにも点を取らせないディフェンスをつくります。やるからには「0点で抑える」ことにこだわり、プライドを持って本気で取り組みます。

そのために、私のやるべきことは、不安要素を徹底的に探し、潰し続ける事、そして自分たちが「関西挑戦」にふさわしいチームなのか、という視点を常に持ち続けることです。

この先目標達成のためには辛いことが必ず待っています。そんな時こそスローガンである「As One」を胸に、チーム一丸となって、辛い事の先にあるワクワクを掴みにいきます。 

ご都合が合いましたら、2020EVERGREENの勝利に向かう私たちの姿を見に、練習や試合会場に足をお運びください。お待ちしております。

今後とも応援よろしくお願い致します。

WR/LB#18 加賀爪卓郎

【2020EVERGREEN オフェンスリーダー 堀恵輔による決意表明】

昨年度はEVERGREENを応援してくださり、ありがとうございました。2020EVERGREENのオフェンスリーダーを務めます、RB/DB#2堀恵輔です。

昨年の北陸リーグ最終戦での敗北から3ヶ月が経ちました。7-14という点差は、試合当日の力の差ではなく、1年間の積み重ねの差であったと痛感しました。私達の1年間の取り組み自体が、昨年度の「打倒九州」という目標に到達するものではありませんでした。

ですが、今年度は必ず、自分達の掲げた目標を成し遂げます。私はリーダーとして、自分達のオフェンスチームが、目標とする「関西挑戦」のレベルに到達できるのか、現状に満足せず常に疑い続け、進むことをやめないオフェンスを作ります。

そのためには選手一人一人に厳しい指摘をし、高いレベルの事を要求し続けなければいけません。オフェンスリーダーとして、4年として、その事に妥協せずに向き合い、1年間取り組みます。また、個人としてもいち早く目標とするレベルのプレーヤーになり、チームのレベルを上げ、指標となるプレーヤーになりチームを引っ張っていきます。

今度とも、応援よろしくお願い致します。

オフェンスリーダーRB/DB#2 堀恵輔

2020EVERGREEN主将 金和達也による決意表明

平素よりEVERGREENを応援してくださいましてありがとうございます。2020年度主将を務めますQB#6金和達也です。

昨年は打倒九州を目指しましたが、北陸リーグの優勝決定戦で福井県立大学に敗れ、自分たちの1年間の取り組みの甘さを痛感させられました。

今年のチームの目標は「関西挑戦」です。

昨年北陸2位で終わってもなお、西日本選手権の1回戦を突破したいという思いと2回戦で関西の代表校に挑戦したいという思いが熱く胸の中にあります。それは自分たちがこれまで全国で勝つことを目指してきたのに達成できなかったという悔しさと、北陸のチームでも全国の強豪大学と渡り合えるということを証明したいという思いがあるからです。

この目標は今まで通りの取り組みでは到底成しえません。昨年勝てなかった北陸リーグを制し、西日本選手権1回戦を突破して関西挑戦を果たすには、今まで味わったことのない日々を送ることになります。辛い練習にも取り組まなければいけませんし、お互い厳しく求め合うことも必要になってきます。タフな戦いが長く続くでしょう。それでも部員一人一人が、自分が勝たせるという思いをもって行動し、EVERGREENという1つのチームになり、チームスローガンであるAs Oneを体現して関西挑戦を果たします。

今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

2020EVERGREEN
主将 QB#6 金和達也