決意表明【主将 #99橘建志】

 大学からアメフトを始めて、4年目を迎えた最後のシーズンも早いことにもう終盤を迎えようとしています。

 このチームの主将を務めて10ヶ月が経ちました。去年の冬から振り返ってみると、私は本当に頼りない主将であったと思います。「自分で考えていない兵隊」「他人に興味がないからチームがまとまらない」「4年としての覚悟ができていない」春からずっと同じようなことを言われ続けてきました。「打倒九州」という目標を掲げ始動したチームであったはずなのに、春から夏に入っていくにつれて、バラバラでい続けていたことが露呈していく状況が本当に辛かったです。皆、危機感を持ってこのチームを良くしようと一生懸命でしたが、ただそれは別々の方向を向いていました。「このままでは勝てない。」そう思いました。

 「皆、頑張っている」と自分に言い聞かせ、その方向をまとめることから逃げていた自分は、もういません。「チーム全体」という言葉に逃げずに個人と向き合い気持ちを伝え、4年としての、主将としての姿勢を見せていくことで、勝てる仲間を、勝てるチームを作り続けます。そしてこんな私を支えてくれて、いらない苦労までかけてしまった同期や、言わせたくないことまで言わせてしまい一生懸命考えて行動し続けてくれた後輩に、最後は主将として「勝利」で応えます。

 全員が本当の意味で一つになったチームで、まず目の前の福井県立大戦に全力を出して必ず勝利を掴み、九州への切符を手に入れます

 試合当日はぜひ会場で私たちが1年間作り上げてきたEVERGREENの勇姿をご覧ください。応援よろしくお願いいたします。

2019EVERGREEN 主将

#99橘建志

決意表明【副将 #51井川創太】

 私は、今まで尊敬してきた先輩を自分が勝たせたいと思ったように、後輩から勝たせたいと思われる先輩を目指し、副将を立候補しました。しかし、6月に行われた3,4年生のミーティングで、3年生から、「4年同士がまとまっていなく、本当の仲間になれていない。こんな4年に付いていきたくないし、誰も4年のためにアメフトをしていない。」と言われました。自分が尊敬してきた先輩とのギャップを大きく感じ、自分の副将としての存在意義を見失いました。変わりたいのに変われないことに葛藤し、楽しかったアメフトも嫌いになり、その理由を考えようとしても辛くなり考え抜くことから逃げようとした時もありました。

 しかし、夏の合同練習や夏合宿を経て、「やっぱりアメフトは楽しい、LBとして、OLとしても今まで以上に成長したい」と思うようになりました。夏合宿でコーチにリーダーについて話してもらい、納得感を持って引退するために、夏合宿後にスケッチブックにLBとして、OLとして、副将として、このまま引退したら後悔することやチームの潰すべき課題を思いつくだけ書き出し1つずつ潰すことにしました。これにより、日々少しずつ自分の成長を感じる一方で、新たに生まれる課題に試行錯誤を繰り返しました。

 北陸秋シーズンも残すは北陸王者決定戦である福井県立大戦のみです。秋シーズンが開幕し、これまでの福井大戦、富山大戦はどちらも接戦でした。これらは怪我人の多さが問題ではなく、プレーの完成度の低さ、チームのまとまりのなさが要因だと思います。打倒西南を達成するためには、次戦の福井県立大戦に勝利することは必須です。そのためにも学年問わずチーム全員が「福井県立大学を倒す」という、同じ方向を向かなければなりません。

 そのために副将として、「勝ち」に繋がる全ての準備を最後までやりきります。相手が福井県立大なら本当に止まっているか、先制点をとられるかもしれない、いきなりオンサイドキックをしてくるかもしれないなど、想定される最悪の場面や福井県立大に勝つにふさわしい努力をできているかを日々考え、試合を想定した練習で考えられる課題を潰していきます。10/27には全員が「ここまでやりきったから勝てる」と自信を持ち、チーム一丸となって臨めるようにします。決して簡単なことではありませんが、ここまで築きあげて頂いたOBさん、付いてきてくれた後輩たち、打倒西南を成し遂げるという目標のためにも、福井県立大学を打ち負かすにふさわしい努力を最後の最後まで続けていきます。

 10/27(日)福井県立大学戦、必ず勝ちます。応援宜しくお願いします。

2019EVERGREEN 副将

#51井川創太

決意表明【オフェンスリーダー #6金和達也】

 西南学院のニーダウンで試合が終了、結果は金沢13-24西南。僕は会場を後にする前に誰もいないフィールドを目に焼き付けました。「来年は俺がチームを変えて勝つ。どんな辛いことを乗り越えてでも勝ちたい。」絶対にオフェンスを強くしてやろうと思っていたし自分ならできるという自信がありました。

 しかし、そんな自信はすぐに打ち砕かれ、春に行われたどの試合でも思うようなオフェンスができず結果を出すことはできませんでした。僕はけがでプレーできない歯がゆさ、リーダーとしてオフェンスチームのクオリティを上げられない不甲斐なさでいっぱいでした。エンドゾーンが遠く感じて本当に辛かったです。それから夏合宿を経て秋シーズンに入り、チームは福井大学,富山大学に勝利はしたものの、オフェンスリーダーとしての自分の望むレベルの完成度ではなく、苦しい状態が続きました。

 秋の2試合を経て、1つの試合に勝つことの難しさを強く感じました。普段の練習で同じミスが繰り返される、他人がミスしても自分には関係ないと思って指摘しあえない、そんな空気がチームにはありました。けれど、人任せで勝てるほどフットボールはぬるくありません。僕自身が、そして1人1人が、チームを勝利に導くために、「僕が変える」「自分がやる」という覚悟を持ち、チームを勝利に導きます。

 次戦の10/27(日)福井県立大学戦は打倒九州を目指す僕たちにとって、絶対に負けられない一戦です。僕はオフェンスリーダーとして、オフェンスで負けにつながる不安要素を消し、どういうゲームプランで福井県立大学に勝つかの共通認識をオフェンスメンバー全員に持たせて準備をし、試合では相手より多くのタッチダウンを取り必ず勝利します。応援、よろしくお願いいたします。

2019EVERGREENオフェンスリーダー

#6金和達也

決意表明【ディフェンスリーダー #77鈴木汐那】

 私個人としては、春シーズンはここ数年で最悪でした。人数不足であわや棄権、天候不良で試合中止、関学との合同練習も中止。すべてが自分の敵のように思えました。6月ころには4年全体が3年全体に苦言を呈されるミーティングもありました。「まだまだ、もっと本気でもっとやらなあかん。」そう胸に誓いなおしました。

 私たちの学年は、今の現役の中で唯一リーグ戦での敗戦を経験しています。負けてむなしく過ごす虚しいシーズンの辛さを知っています。だからこそ私は、そんなシーズンで終えることは絶対にしたくない。あの空虚な時間を後輩たちにも経験させたくない。そのために私は、リーグ戦すべてを勝利で終え、「北陸王者」であり続けなければいけないのです。

 そしてすでに勝負の秋シーズンは開幕しています。目標達成まで勝ち続けなきゃならない、負けられない日々です。さらに次戦は大一番です。私はEVERGREENのディフェンスリーダーとして、福井県立大戦を0点に抑えるディフェンスをつくります。0点に抑えることは並大抵のことではないと思います。0点に抑えるには連続でフレッシュされることはあってはいけません。被インターセプトも被ファンブルリカバーもダメ。自陣30ヤードにも入られることも許されません。しかし、アサインメントとスキームをディフェンスチームに徹底させ、その厳しい条件を必ずクリアします。1ヤードでも、1mmでも前でキャリアをタックルし続け、金沢大学EVERGREENはディフェンスで福井県立大に勝利します。

 その勝利の先に私たちが目標として掲げてきた九州代表が待っています。彼らにリベンジするためにも来る大一番を落とすわけにはいきません。当日はぜひ、EVERGREENが完封で勝利するシーンを会場に見に来てください。

2019EVERGREEN ディフェンスリーダー

#77鈴木汐那

決意表明 【キッキングリーダー #37相崎展輝】

 北陸リーグもついに残すところあと一戦、福井県立大戦のみとなりました。目標達成のために絶対に負けられないと同時に、僕達EVERGREENにとっては毎年特別な思いを持って総力を注ぐ最終戦です。そんな試合を前にした今、今年を振り返りながら意気込みを綴らせていただきます。

 僕はキッキングチームのリーダーです。今年度チームが始動した際にリーダーに立候補したのは、二年連続で敗北した九州代表校の西南学院大学にもう負けたくない、勝ちたいという強い思いが理由でした。僕は二試合ともパンターやDBとして出場し、TDやパントブロック等散々にやられました。勝てるチームにしたい、そして特にキッキングにおいてそれができるのは、二年間フィールドで悔しさを味わった自分だと思いました。

 昨年一昨年の失敗を繰り返さぬように、そしてクオリティーをそれ以上にするために、アサイメントを追加したり、試行錯誤を重ねてシステムを変更し、日々の練習で精度を上げてきました。しかしうまくいかなかったことも多く、非常に苦しい時期もあったのは事実です。人が少なく、ほぼ全員が両面という状況でどうやってクオリティーを上げていくか。去年の主力がいなくなったスキル選手の層をどうやって厚くするか。練習方法や想定、準備の甘さを他人に気づかされ、自信を無くした時もありました。それでも、「勝ちたい、もう負けたくない」という気持ちでここまでやってきました。

 シーズンインして、思うことがあります。何事においても絶対が無いように、絶対に試合に勝てる、ということはありません。だからこそ、「絶対」に近づくために、試合の想定、リスク管理は欠かせません。どうやったら勝てるか、負けないか。不意をつかれて負けるとしたらどんなパターンか。モメンタムを持っていかれるとしたら、あるいは持っていくのはどんな場面か。想定出来てないことはないか。

 「もう絶対に大丈夫」という自信を持てることはありません。だからいつも、僕の中の不安は消えません。それでも毎日考えて、練習でリスクを潰していく。この作業が勝利に結びつくと信じて、日々練習しています。

 キッキングが試合の中で占めるプレー数はオフェンスやディフェンスに比べたら小さいものです。しかし、試合の流れが変わる場面には必ずキッキングが絡み、勝ち負けを左右します。キッキングでこそ、上に書いたような想定やリスク管理をどこまで時間をかけて詰められるかが大切だと思っています。残された時間は少ないですが、今シーズン最高のクオリティーに仕上げます。

 10/27福井県立大戦

 楽な試合ではありません。幾度となく訪れるであろう苦しい場面で、安定感のあるキッキングチームが必ずモメンタムを引き寄せ勝利をつかみます。ご期待ください。

 応援よろしくお願いします。

    

2019EVERGREEN キッキングリーダー

#37相崎展輝

負けられない

こんにちは。3年生のOL/DL中川歓人です。

つい先日台風が来ましたが、皆様のお住いは大丈夫でしたでしょうか。ご無事でいらっしゃることをお祈り申し上げると共に、1日でも早いご復興を願っております。

話は変わりまして、EVERGREENの北陸リーグ最終戦、福井県立大学戦まで残り2週間を切りました。今は目の前の相手になんとしても勝つという気持ちで日々練習に取り組んでいます。

「勝つ時は勝つべくして勝ち、負ける時は堂々と負ける。」この言葉が自分の中での1つのモチベーションとしてあります。目標に対して全てをやりきる。時間を見つけては課題克服に当て、試合に必要な準備を全て整える。この準備が不十分になると勝っても負けても納得がいかない試合になります。特に負けた時、「もっとあの時、こうしておけば良かった。」この言葉が自分の人生の中で1番悔しい思い出になるかもしれない。そんな思いをしたくないし、4年生にもさせたくない。

なので、準備に抜け目が無いかを目を光らせながら探し、勝者として相応しい人、チームになるように最後の2週間、しっかり準備をしていきたいと思います。

OL/DL#59 中川歓人(なかがわよしと)

【全国への切符を賭けた、運命の最終戦のご案内です。】


——————————————-

秋季北陸リーグ <最終節>
10月27日(日) 14:00kickoff
VS福井県立大学

会場:Google MAP – 金沢市営球技場
https://goo.gl/maps/gf9pVAQG6K9oaRGk6

——————————————-

12月15日、阪神甲子園球場で行われる、全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦「甲子園ボウル」。
全国トーナメントを勝ち抜いた東西代表校2校だけが戦うことのできる、この舞台。
この全国トーナメントへの出場権を得るべく、各地方リーグでは秋になるとシーズンが開幕し、熱い戦いが繰り広げられます。

私達EVERGREENは、2017年・2018年と北陸リーグで優勝し、全国トーナメントに出場しました。
しかし2年連続、トーナメント2回戦で九州リーグ代表 西南学院大学グリーンドルフィンズに惜敗。甲子園への道は閉ざされてきました。

「今年こそ。今年こそは、絶対に九州を倒す。」
リベンジを果たすべく、「打倒九州」を目標に掲げ今年のチームは始動。

ここまで何とか勝利を重ね続け、全国への切符がようやく目の前に現れました。
10月27日。福井県立大学との一戦、この試合の結果は、EVERGREENの夢への挑戦権を掛けたものです。

【北陸2強による全勝対決】
この試合は、リーグ最終節であり、全勝対決です。
対戦する福井県立大学は、2013~2016年までの間、4連続で北陸リーグを優勝し続けてきた強豪校です。
EVERGREENがここ2年間全国大会に出場している間、苦汁を味わわされてきた彼らは3年ぶりの悲願を達成するべく、この試合のための準備を重ねています。

互いにとって、負けたら終わりの試合。
ここで負けてしまえば、「打倒九州」を掲げ闘ってきた1年間は幕を閉じ、再び九州の舞台に立つこともできないまま、4年生は引退となります。
試合が終了する瞬間まで、両者どちらも譲らない緊迫した展開が予想されます。

しかし必ず、最後には私達EVERGREENが勝利をおさめ、全国への切符を手に入れてみせます。

EVERGREENが勝利を収める決定的瞬間を、是非目の前でご覧ください。

※金沢大学付属高校の吹奏楽部の皆様にスタンドで応援演奏をしていただきます。皆様も一緒に、音に合わせてスタンドを盛り上げましょう!

※当日は、引き続き、選手・スタッフたちとの各種撮影企画等も準備しております。詳細は後日こちらのページ内で告知させていただきます。

※当チームのカラーは緑色です。会場にお越しの際は是非、緑色のアイテムを身に着けてきてください!スタンドをEVERGREENのカラーに染めましょう!

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

3年マネージャー 豊福真維
tymi0406@gmail.com

私の戦い方

3回生TRの堤麻衣です。もう3回生と言っていられる時間もわずかとなり、4回生になる準備を進めています。

1年前のこの時期の私には、「勝つ」という目標に対して自分にできることが明確でなく、与えられた仕事をミスしないようにこなそうと必死でした。しかし、同期の思いやチームに関わってくださる監督、コーチ、OBの方々の声に「応えたい」という考え方を持つようになってから、「勝つ」ためにできることはないか徹底的に探し、自分から行動を起こすようになりました。

私はプレイヤーではないですが、私の毎日の行動一つ一つが、試合の結果に繋がっている、今年の4年生の最後の心情や表情を変える、そして来年の私を含め同期がどんな思い、どんな表情で引退するのかにも影響しているということを考えて、今は部活に取り組んでいます。

今はまだ視野が狭く、これから失敗することもたくさんあると思いますが、目標に向かうにあたって立場や学年関係なく、お互いの指摘の声や意見のぶつかり合いを恐れずにこれからを過ごしていきます。

TR#026 堤麻衣

Time waits for no one

こんにちは。3回生OL/LB 黒川壮一郎です。

最近肌寒くなってきましたね。季節の移り変わりは風邪に気をつけましょう。オススメの予防法は、こまめに部屋の窓を全開にして換気することです。気分もスッキリして最高です!

さて、北陸リーグ最終戦、その後の全国トーナメントまで残り1ヶ月を切りました。時間は少ないですが、勝ちたい、目標を達成したい、そのような思いが強ければ、行動が変わり限られた時間でも必ず成長できると思います。僕たちの真価が問われているのは、まさに今、このラスト1ヶ月だと思います。

後悔するなと言われても、どんな結果になろうが後悔は残ると思います。だから、僕はその必ず残る後悔の度合いをより小さいものにするために、今シーズンを人生最後のアメフトのラストシーズンだと思って臨むことを決心しました。後悔したくないから、負けたくないから、やれること、やるべきことは全てやって、やり残した事が無い状態で最終戦に臨むことがラストシーズンとして当たり前のことだと思います。良い結果を出して、今までの取り組みが正しかったこと証明できるように頑張ります。

リーグ最終戦の福井県立大学戦は私たちにとって絶対落とせない一戦です。2019Evergreen全員で戦って全員で勝つので、応援、ご声援よろしくお願い致します。

OL/LB#56 黒川壮一郎(写真前)

本気

こんにちは。3回生 WR/DBの加賀爪卓郎です。

最近、朝晩はすっかり涼しくなり半袖半ズボンでは少し肌寒くなりました。早いことに、秋シーズンの北陸リーグ戦も最終戦を1試合残すだけとなり、チームは緊張感のある毎日を過ごしています。

考えてみると、「打倒九州」を目標に掲げてチームをスタートしてから、もうすぐ1年が経とうとしています。最終戦に勝ち、今年も北陸王者となることができれば、掲げた目標を達成できるチャンスがくる訳です。ですが秋シーズンに入って思うことは、「打倒九州」をするということは、そこまでどの相手にも負けてはいけないということです。もし次の相手に負けたら、夢半ばにシーズン終了なんて事になってしまう。私はこんな未来が一番怖いです。

チームの「打倒九州」を目標とした1年間の取り組みは正しかったんだと、なんとしても証明したい。結果で報われたい。心からそう思います。そのためには、次の福井県立大学戦に負けることは絶対にあってはいけないです。福井県立大学に勝つには、勝つにふさわしいチームにならなければいけません。勝つにふさわしいチームになるには、勝つにふさわしい努力をしなければいけません。

内容はどうあれ、確実に目標へは近づいています。あと1カ月、より一層チーム一丸となり、いつも応援してくださる皆さんの期待に応えるために、自分たちの1年間を証明するために、やれること全てやっていきたいと思います。

WR/DB#18 加賀爪卓郎(写真右)